<< ビジィーリュック、ご好評いただけていて嬉しい限りです!! | main | Workers(ワーカーズ)さんの、汎用性ばっちり高いブレザー、スポーツコートについて。 >>
2020.01.17 Friday

Workers(ワーカーズ)さんの20SSスタート、雰囲気良すぎるエンジニアジャケットについて。

0

     

     今夜から明日の早朝にかけては、どうやらなかなかの寒さで、場所によっては雪になるそうな。

     

     東京でも山に近い方はまた少し交通面など明日大変になるかもしれませんが、ご注意くださいませね。

     

     なんやかや、青山近辺は毎度大したことにはならないので、もちろん明日はCIRCLEしっかり変わらずオープンします。

     

     よろしくお願い申し上げます。

     

     さて本日はついに!の20SSシーズンのWorkersさんが本格的にスタートです。

     

     まず初めのご案内はエンジニアジャケット。これ、絶妙に良いです。

     

     

     巷はまだこれから寒さは深くなって、もちろん2月が一番寒いよ!!という話ではあるのですが。

     

     アパレルブランドさんは徐々に春夏シーズンが立ち上がっていく時期。

     

     Workersさんがまずはスタートとなりました。

     

     無論、秋冬シーズンの子達もまた展開しっかりしながら、早めに楽しめるアイテムたちから徐々にご案内を進めていきたいなと思っております。

     

     

     Workers エンジニアジャケット ホワイトデニム ¥26,000(税込28,600)

     

     本格的な春夏スタートで届いたのは、アウターとしてばっちり素晴らしい、エンジニアジャケット。

     

     一見ワーク色のしっかりあるど真ん中なブルゾンジャケットですが、でもこれが絶妙に気持ちいい作り。

     

     ジージャンやジーパンで用いられる14オンスほどのがっしり感ある肉厚なデニムをあえて用いていて、かなり良い塩梅のブルゾンジャケットに仕上がっています。

     

     

     ワークっぽさが強めのアイテムはCIRCLEではあまりどのシーズンでもチョイスをしない。

     

     でもこのエンジニアジャケットは確かにワークなのだけれども、「ワークごりごりに合わせるのではなく、すっkりしたカジュアルとして着こなすのにものすごく綺麗じゃないか!」ということで入荷をお願いしました。

     

     

     カバーオールでもなく、ジージャンでもなく、でもざっくりと羽織って気持ちいい。

     

     春や秋にはアウターとして。そして冬の時期に温度調整によいインナーブルゾンとしても活躍してくれるはず。

     

     

     通常エンジニアジャケットってもっと薄手なデニム、コットンで作られることが多いなという印象ですが。

     

     でもWorkersさんの持ってきた素材は14オンスのがっしりデニム。

     

     しかもこのホワイトデニムであえて作ってくれるところが、最高に素敵。

     

     

     ホワイトデニムと言っても真っ白な色合いではなくて、優しい生成り色。

     

     着込んでいくことでより味わい深く変化をしていき、柔らかさも生まれて体へぐぐっとフィットしていくエイジング。

     

     がっしがしタフに着て気持ちいい素材感です。

     

     

     正面から見た顔は、ノーブルなイメージのGジャン的な顔。

     

     この首元の感じが非常に良い。

     

     

     襟が余計に大きくなく、適度にコンパクト。

     

     開き具合も良い塩梅に合わせやすく、アンダーにシャツでもカットソーでも、なんでも合わせやすいかたち。

     

     

     襟の部分は外に見えている側はシンプルにホワイトデニムの顔ですが……

     

     

     実は内側の方は、生地の耳部分をあえて用いてちょっと嬉しいアクセント。

     

     赤いステッチの入る耳になっているので、これはなんだか嬉しい。

     

     

     ボディはワークスタイル的なゆとりのある形。

     

     でも不思議なんですが、これ羽織るとがほがほ余計に大きい感じはない。

     

     着込んでいくとなお生地が馴染んでいくので、くったりユタっと着られる雰囲気に。

     

     もちろんアウターとして中にカットソーやシャツ、ベストなんかを仕込んでも良いですし、あえてワンサイズタイトに着てシャツジャケットやカバーオール的に着こなすのもアリ。

     

     

     前の部分はボタン開閉。

     

     

     このボタンがまた、Workersさんのオリジナルでヴィンテージっぽい風合いになっているのですが、ホワイトデニムにぴったり似合っている、ガンメタル感。

     

     

     胸元には、右にはまずフラップ付きの箱型なポケット。

     

     

     左胸にはエンジニアジャケットっぽさも感じる形のポケットが。

     

     

     Workersさんのネームもひょこっと。

     

     

     スマホを入れるのにほどよいポケットでありつつ、端っこの方はペンポケットにもなっています。

     

     

     さらに腰回りには、斜めに手をつっこめるポケット。

     

     

     サイズ感もしっかりなので、手を入れるにも良いですし、それぞれのポケットに小物を入れてバッグフリーに動くにも便利。

     

     

     この斜めの差し込み角度が絶妙によくて、手を入れるとなんかしっくりきます。

     

     

     裾まわりはシンプルにスクエアにすっきり。

     

     着丈はジージャン等と異なり、適度に長さがあって、それがまた使いやすい。

     

     ざくっと羽織って、前を開けても程よいバランスです。

     

     

     肩周りなど随所のポイントは3本ステッチ。

     

     

     腕まわりもほどよくゆとりがあるので、動きやすい形。

     

     

     袖先にはこうしてまたボタンで。

     

     袖口をより狭くキュッと絞ることもできますし、開けてラフに着ることも可能。

     

     

     背中後ろ部分には、Workersさんの古着っぽいニュアンスのネーム。

     

     サイズ表記もここにありますが、今回のエンジニアジャケットは36・38・40で入荷しています。

     

     36はSサイズ〜タイトMサイズ、38はM〜タイトLサイズ、40はしっかりLサイズといった感覚です。

     

     

     裏地等はなく、14オンスのホワイトデニムの一枚仕上げ。

     

     それがまたざっくり使いやすいところでもありますし、洗うのも楽チン。

     

     

     内側は極めてシンプルで、ここの製品表示がついているくらいで。

     

     

     でも、実は中にもニヤリとしてしまうポイントがこちら。

     

     背中部分は真ん中で生地が縫われて2枚から構成されているわけですが、その部分にも耳をあえて用いて、こうしてちらりと赤が覗く。

     

     これは完全に自分だけの楽しみだけれども、こういうところまでこだわってくれるのが好き。

     

     

     というわけで後ろも見てまいります。

     

     後ろから見ると、丈のしっかりあるジージャンのようでいて、ヨーク部分と後ろ見頃の縫製部分で、Tになって見えるのがポイント。

     

     これは古着のジージャンにて、サイズが大きなものが作られた時に生地幅が足りず、真ん中で継いで作ったディテールである通称「Tバック」をモティーフにしていて、この感じが嬉しい。

     

     Tバックのジージャンは手に入れようとするといろんな意味で大変なのでアレですが、そのニュアンスをさりげなく入れる面白さ。

     

     

     かなり雰囲気の良い後ろ姿だよね、と思っています。

     

     

     個人的にはタイトに着るというよりも、気軽にバっと羽織る感じに着たいけれども、そのあたりはお好みで。

     

     

     がっしがし着込んで行って、洗ってを繰り返して、クタクタになるころにまた素敵だよなぁ、と。

     

     

     ヨーク周りは3本ステッチがぐぐっと集まって、その感じも素敵。

     

     

     ワークテイストなディテールですが、ホワイトデニムに生成りの糸なので、目立ちすぎずでもさりげなくアクセントにもなるこのバランス。

     

     

     Tバックのこの感じ、素敵です。着込んでいってパッカリングが少しずつ出だすと、なお良さげ。

     

     

     ね、Tです。

     

     

     Workersさんのスタイルサンプルではシンプルにカットソーを中に着ているけれど。

     

     シャツを挟んでも素敵ですし、時期によってはモックネックとかタートルとかも綺麗。

     

     まだ寒さのある時にはシャツにベストを挟んでこのエンジニアでも良いですね。

     

     ボトムスはジーンズはもちろんのこと、濃いめのチノも良いですし、ベイカーパンツとかも良い。

     

     

     20SS一発目なホワイトデニムのエンジニア。

     

     こういうありそうでない絶妙なアイテムがWorkersさんの巧さだな、と。

     

     どうぞ、お楽しみくださいませね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      CIRCLE青山 (08/09)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      Tai (08/08)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      CIRCLE青山 (06/06)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      頑張ってくださいね! (06/06)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      masa (12/15)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM