<< 1年半ぶりとなりますが、Circus of HappinessのMou-Tote(ムー・トート)、ミネルバボックスバージョンの完成です!! | main | 堀口珈琲さんより、もしかしたら今年最後の入荷?なコーヒー豆が届きました!! >>
2019.12.13 Friday

テルコ雑貨店のちょっと特別なオートクチュール生地のクロリノートについて。

0

     

     気温が低くなってくるこの時期が、好きです。

     

     なんというか、夜に仕事が終わってから家路について。たまに周りに歩いている人もほとんどいなくて、ただ月明かりの中でひそやかに空をみながら歩ける日とかがあると、なおのこと。

     

     体はしっかりと暖かく防備しつつ、顔は冷たくて。

     

     そんな時は妙に頭がすっきりするな……なんて感じています。

     

     さて本日は。ちょっと特別な子を作ってもらっておりました。

     

     テルコ雑貨店のクロリノート、こちらでもまた輝かしい雰囲気があって欲しいじゃないですか!と。

     

     

     

     

     2019年はとってもありがたいことに、テルコ雑貨店は様々な場所でフェアやイベントに参加させてもらっていて、CIRCLE店頭にノートがない時期が多かったりしました。

     

     また2020年も2月からすでにフェアのお声をいただけて、3月、4月、5月とバタバタ続いていきそうな気配なのですが。

     

     「ちょっと今年、あまりにも店頭にいなかったから、年末近くくらい少し特別な感じにしようよ」と話になって。

     

     せっかくなのでなかなか頻繁には使わない、とっておきの生地の一部を使って仕立ててもらいました。

     

     オートクチュール。そんな響きも素敵じゃありませんか。

     

     

     今回お願いしたのは、ファッション最大の本場であるフランス。

     

     そのフランスのいわゆる「オートクチュール」のために作られた生地のデッドストックを使ってノートに。

     

     1990年代中頃くらいだったかと思いますが、その頃のオートクチュールで使われた生地が(さすがに、どこのブランドかは不明)ニースでポコポコと出てきて。

     

     ありがたいことにそれを少し手にできる機会があったので、CIRCLE店主は色々な生地や端切れが入った一箱を手に入れておりました。いつか、少しずつノートにできたら面白いね、と。

     

     テルコ雑貨店のフェアの時にも、ごくごくたまに一部の生地で少数のみ作って出したこともありますが、今回はその生地の中から「これとこれ、CIRCLEのために仕立ててね」とお願いをして、作ってもらいました。

     

     1つの生地の量がそう多いものでもなかったりするのが欠点ですが、その代わりにちょっと普通では見かけない素晴らしい生地なので、ぜひお楽しみいただけたら幸いです。

     

     

     テルコ雑貨店 フランス オートクチュール赤花 A6無地クロリノート ¥3,700(税込4070)

                            A6罫線クロリノート ¥4,000(税込4400)

     

     まずは、美しい朱赤的な色をベースに、白と何より爽やかな金色を交えた花柄生地。

     

     こちらは大きさはA6文庫サイズとA5単行本サイズと作って、さらに無地と罫線。

     

     それぞれでいえば1〜2冊程度が取れただけですが、なかなかこの雰囲気の生地は生地問屋さん渡り歩いても見つかりません。

     

     

     テルコ雑貨店 フランス オートクチュール赤花 A5無地クロリノート ¥4,500(税込4950)

                            A5罫線クロリノート ¥4,800(税込5280)

     

     大きさが異なると見え方ももちろん少し違いますが、いずれにしても美しい発色と糸。

     

     オートクチュール向けの生地だけあって、これは画像では写しきれない輝きが実はかなりあります。

     

     というのも、使われている朱赤の糸も白糸も美しい光沢感がありますが、それ以上に織り交ぜられているのが贅沢な輝きを持つ金糸で、その輝きがかなり良い。

     

     それゆえ、見る角度や光の当たり方によって、色合いや光沢感がまるで違う風に見えて素晴らしい生地。

     

     

     画像で色合いがグラデーションっぽく写るのもそのため。

     

     角度によっては朱赤が強く出て、またある角度ではシャンパンゴールド的な輝きが強く出る。

     

     

     そしてまた、これが生地構造的にはどうやら二重になっている生地を柄の織で止めているような具合になっていて、生地そのものにちょっとふっくらとしたふくよかさと凹凸がある。

     

     その微妙な膨らみ感は凹凸をなるべく消さないようにして仕立ててもらってます。

     

     

     ね、こちらから見ると今度は赤みが強く出てくる。

     

     糸そのものの美しさはもちろんだけれども、やはり単調な輝きにならないように複雑さを持たせている生地。

     

     オートクチュールですもんね、そりゃそういう特別な生地作りますよね。

     

     

     今思えば、いかにラッキーで手にできるタイミングだったとはいえ、思い切って買ったもんだな……と思います。

     

     箱の中に様々な種類の生地が入ってくれているとはいえ、ノートには使えないサイズの端切れや生地もどうしても含まれる。

     

     そういうのも合わせてごっちゃで、なかなかな金額だったので、基本この生地を使うノートたちは「まぁ、生地代の元がいつか取れたら良いね……」というレベル。

     

     でもそういうのがたまにあると楽しいなと感じているから、ちょっと特別な時やここぞという時に使う。

     

     

     やっぱりね、綺麗なんです、圧倒的に。

     

     ヨーロッパ各国の生地を見比べていると思うけれども、それぞれの国で糸の美しさの感じが違う。

     

     フランスは圧倒的に糸の光沢。

     

     これは糸の素材云々に関係なく、コットンだろうかビスコースだろうがシルクだろうがポリエステルだろうが、特殊な糸だろうが、なぜかフランスの生地って糸の光沢が美しく出ている。

     

     それは織り方によるものかもしれないし、それがフランス的な美なのかもしれないけれど。

     

     イタリアはやっぱり色合いの美しさを感じますし、スペインは発色そのものの良さ。

     

     イギリスは手触りで糸の独特さを感じたりもしますし、不思議なもので。

     

     

     見返しの部分はグリーン、そして栞はシャンパンゴールド。

     

     中の紙はもちろん書籍用紙で優しいクリーム色なので、書いた文字や色々を見る時に目に優しい。

     

     鉛筆、ボールペン、万年筆と色々でバランスよく綺麗に使っていただける紙。

     

     さらに背中は特殊なPUR綴じになっているので、ページ抜けも起きませんし、バッと開いておきたい時はページを押さえつけてぐっと開いて大丈夫。(なんせ、背中がなければ360度開いても平気なので)

     

     

     無地は様々な使い方で自由に使いやすく、罫線は少し広めの8mmに。

     

     さらに罫線の色味は黒ではなくて、40パーセントくらいのグレーになっているので、筆記する時にはきちんとガイド的にはっきり使いやすいけれど、見返す時には極力その罫線が邪魔にならない色と濃さにしています。

     

     まぁ細かい部分なわけですけれども、結構そういう部分も試行錯誤して作られているクロリノート。

     

     もちろん、PURのノリの部分は流石に手ではできないけれど、それ以外の部分は中身を仕立てるのも表紙を作り込んでいくのも、最終製本をするのも全てテルコ雑貨店女史1人で行なっているハンドメイド。

     

     相変わらずイベントなんかに出ると「そんなやり方、普通じゃない」と言われたりもしますが、だからこそ世界中の色々な面白い生地や素材を表紙に出来て、ただのノートでは味わえない感触や面白さを味わえる。

     

     と、そんな具合で今回ももちろん頑張ってもらってます、はい。

     

     

     ちなみに、A6サイズの無地ノートだけ、一冊は通常のおもて面、もう一冊はあえて裏面をおもてに出した状態で仕上げてくれています。

     

     これはCIRCLEでは特に指定していなかったことだけれど、「こういう遊びも良いでしょ、綺麗だし」という。

     

     テルコ雑貨店では生地の裏面をあえておもてに出して制作、とかも生地によって行うので、その感じを一冊だけ仕込んでくれたようで。

     

     こういうイレギュラーなところもどうぞお楽しみを。

     

     

     で、赤だけではちょっと寂しいよねというのもあって、もう一種類。

     

     こちらももちろん同じく、ニースで出てきたオートクチュール用の生地です。

     

     ブラックとゴールドでどこか複雑な波柄が構成された、これまた美しい生地で。

     

     

     テルコ雑貨店 フランス オートクチュール黒波 A6罫線クロリノート ¥4,000(税込4400)

     

     でもこの黒波の生地は、今の所生地がほんのちょっとした出てきていなくて、小さいサイズで1冊、大きいサイズで1冊だけ作れたという感じ。

     

     小さいサイズは罫線に仕立ててもらいました。

     

     

     テルコ雑貨店 フランス オートクチュール赤花 A5無地クロリノート ¥4,500(税込4950)

     

     そして大きいサイズは無地に仕立ててもらいました。

     

     結局赤の方も黒の方も冊数は極めて少ないですけれども、そういうのもまた特別感あって良いでしょ、と。

     

     

     黒の糸は交互に白糸も混ざっているのか、ほんのりグレーっぽい感じに見えてきます。

     

     これも光の当たり方でぐっと黒っぽいこともあれば、淡いグレーに見えたりもする。

     

     でもいずれにいしてもその光沢感が心地よくて、素敵なのです。

     

     

     そしてもちろん、めちゃくちゃたくさん使われている金糸の美しさはいわずもがな。

     

     というか、ここまで金糸使ってどんな価格の生地だったんだよ……と思ってしまう。

     

     

     まぁ、赤い方も全面に金色を混ぜ込んでいるので、どちらも同じような感覚で作ったのでしょうけれども、生地屋さんとしては。

     

     波柄も非常に細かく凝っていて、独特な形。

     

     

     たまにこの白い部分が入っていて、それも良いアクセントになってくれる。

     

     大きい方は縦にすっと入り、小さい方は横にすっと入ります。

     

     

     中身の紙はもちろんこちらも一緒、仕立ても同様です。

     

     小さいサイズは罫線、大きいサイズは無地。

     

     

     と、いうことで今年のCIRCLEの雰囲気の「輝きが欲しいな」にもばっちり似合ってくれた特別なクロリノートたち。

     

     どうぞよろしければ、お楽しみいただけたら幸いです。

     

     オートクチュールの服はとてもじゃないけれどオーダーなんて出来ないけれど(そもそも、オーダー出来る顧客になることすら大変ですし)、こうしてそれに使われた生地を味わうことは出来る。嬉しいことです。

     

     生地好きな方は特に楽しいと思うので、ぜひどうぞ〜。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      masa (12/15)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      CIRCLE 青山 (12/13)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      KC (12/08)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM