<< Workers(ワーカーズ)さんの、まさかのタイミングのハーフジップワークシャツについて。 | main | ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。 >>
2019.12.07 Saturday

akihamaさんのにお願いしていた、素晴らしき「白銀と黄金フェザーの世界」について。

0

     

     ブログ等ではまだご案内出来ていませんけれど、クラタペッパーさんから品切れていたペッパーミルがしっかり届いてくれました。

     

     グリーンのしっかりスパイシーで香り豊かな黒胡椒も、レッドのまろやかでふわっと甘さすら感じる豊かな味わいの完熟胡椒も、それぞれ合わせて展開していますので、ぜひこのクリスマスや年末年始もお楽しみくださいませね。

     

     お料理をぐっと引き締めて一味ランクアップの美味しさへ、緑を。仕上げにガガっと削ってかけて、ぐっと風味豊かな美味しさへ、赤を。

     

     日々手放せなくなる素敵さなので、ぜひお愉しみくださいませね。

     

     さて本日は!!

     

     特別な世界をお届けします。

     

     今年のクリスマスにとCIRCLEでお願いしていた、akihamaさんのフェザーアクセサリー。

     

     はっきり言って、最高の仕上がりです。ぜひ、ご覧くださいませ。

     

     

     毎年クリスマスシーズンが近づくと、「今年はこんなイメージが良いなぁ」とお伝えしては、akihamaフェザーのアクセサリーの世界をお楽しみいただいています。

     

     その年々でCIRCLEの思い描くテーマは違っていて、それゆえ同じものは2つとないものばかり作っていただいている。

     

     昨年はシルバーと燻シルバーの世界で、シルバーの温かみのある白い輝きと、ぐっと燻して渋さを出したシルバーの表情を。

     

     そして今年のテーマは「白銀と黄金の世界」。

     

     出来上がりを見た瞬間、「最高じゃないですか!!」と秋濱氏にメッセージをしたほど、今年の雰囲気は特にまたお気に入りです。

     

     ぜひ、この特別な世界を楽しんでいただけたらと思います。

     

     

     本当はもっと多くのアイテムを考えていたけれど、秋濱氏もバタバタと忙しさがあったり、なんせ今回お願いしたテーマが結構大変だったこともあり、今回の入荷は6アイテム。

     

     でも、どれも珠玉の出来です。

     

     

     白銀と黄金の世界としたのは、なんだか2019年はいろんなことが大変だった日本ゆえ、「最高の輝きが欲しいね」と思ったからでした。

     

     眩さを感じるほど美しく輝くフェザーをお届けしたくて。

     

     きっとそれを通じて、2020年は輝いた年になってくれるのではなかろうか、なんて。

     

     

     この羽のイメージで、こんなサイズで、こんな仕上げで……なんてテーマと共にオーダーをするわけですが。

     

     出来上がってきたフェザーたちは、こちらの希望なんて軽々と飛び越えて、なんて素晴らしいんだと感嘆の声をあげるくらいに良かった。

     

     なので届いて早々ではありますが、ご案内して参りたいと思います。

     

     

     どうでしょうか、この6アイテム。

     

     ネックレスとブローチ。いずれも日常的に様々なシーンで使いやすいアクセサリーでお願いをしました。

     

     男女問わず、輝きをぜひ味わってくださいね。

     

     

     akihama フェザーネックレス シルバー950・ロジウムコーティング ¥41,000(税込45100)

     

     まずは、白銀の世界のネックレス。

     

     このネックレスのフェザーの形、彫りは秋濱氏の今の集大成的に感じられた一枚。

     

     もう、語彙力のない言い方をしてしまえば「ものすっごいリアル感ある羽」です。

     

     

     フェザー部分のサイズは長さがだいたい6.5センチくらい、幅が1.6cmくらい。

     

     しっかりとした大きさがありつつも、軽やかにすっとつけやすいくらいなサイズイメージ。

     

     男性にとってはノーマルサイズ、女性にとってはほんのりボリューミーな感覚で豊かにつけてもらえるはず。

     

     

     シルバー950をベースにフェザーを彫り上げて、その上からロジウムでコーティング。

     

     そうすることでキラリとした輝きが加わり、まさに今回のイメージの美しさ。

     

     コーティングしているのでシルバー的な色の変化はありませんが、その分この輝きが長く美しく味わえます。

     

     

     今回のフェザーは、たおやか。

     

     毛彫りは細かく2種類の彫り方を混ぜて施し、さらに真ん中の筋近くはあえてほんのり彫りを入れずにふっくらさせることで、なんとも柔らかいフェザーになっている。

     

     

     これをね、1つ1つ手で彫り上げているって、どんなすごさか。

     

     いつか秋濱さんのこの技は手の届かないものになっていくやもしれないけれど、こうして色々とお願い出来ている今を大切にしたいもので。

     

     

     チェーンはもちろんシルバーにて、シャラっと繊細に。

     

     こちらは長さが短くして54cmほど、アジャスターで長くすると59cmくらい。

     

     長さに関してはお時間いただければ短く等調整をしてご案内も可能です。

     

     

     ちょっとだけこの終わりの部分にも小さなフェザーをシルバーであしらってくれてます。

     

     このチェーンや後ろの部分にもロジウムコーティングかかっているようで、煌めきが良い。

     

     

     ほんとすごいんです、この輝きと陰影。

     

     羽の動きがものすごく優雅。

     

     秋濱氏としても、今回は「いい出来でしょー」だそうで。

     

     

     裏面はフラットですが、この輝きもまた美しい。

     

     もちろんakihama刻印やシルバーの刻印などは入ってます。

     

     

     シルバー950のそのままの温かみのある柔らかな輝きとはまた異なる、凛としたキリリと引き締まった輝き感。

     

     それぞれの良さがあって、このロジウム仕上げもまた素敵だと改めて思う。

     

     

     akihama フェザーネックレス シルバー950・20金バーメイル ¥41,000(税込45100)

     

     続いては、黄金の世界のネックレス。

     

     基本的なフェザーのサイズ感や風合いは近しい感じを目指してもらった。でも、もちろん一枚一枚全てが手作業ゆえ、また違う味わいがこちらには詰まっている。

     

     こちらは優美な艶やかさが漂う羽。

     

     

     フェザーにはシルバー950で細かな彫りをして、その上からこちらは20金のバーメイル仕様に。

     

     20金のバーメイルって、どこか不思議なコクがあると思っています。

     

     色の空気だったり、味わいの濃さが他の地金にただ20金をコーティングするよりも、シルバー950に施すことで深く感じる。

     

     

     チェーンの部分もシルバーにやっぱり20金バーメイルになっている具合。

     

     こちらは先ほどのものよりチェーンの輪っかがわずかに大きく、これも色に合ってる。

     

     長さは短い状態で50cmほど、アジャスターで55cmくらいまで長くも出来ます。

     

     こちらももちろん短くして……という場合はお時間いただければそれでご用意します。

     

     

     動きが豊かなフェザーに、この黄金の色合いが絶妙にマッチする。

     

     透かしも少し多めに、優雅なイメージ。

     

     

     でもやっぱりこのたおやかなフォルムは、今回の共通ポイント。

     

     いやはや、滑らかなんて言葉では収まらない。

     

     これが硬い金属だということを忘れるほどに。

     

     

     どうでしょう、この美しい存在感。

     

     なかなかこのレベルの彫りを1つ1つ手で仕上げたフェザーは、akihamaさん以外には見かけない。

     

     

     裏面はこちらもフラットに。

     

     でもこの輝きもまた綺麗なんですよね。

     

     

     黄金の世界というにふさわしい優雅さを持ったネックレスになりました。

     

     このゴールド感、ただ美しい。

     

     

     akihama フェザーネックレス 20金無垢・プラチナ無垢 ¥83,000(税込91300)

     

     そして白銀と黄金の世界そのものとも言える、ネックレスも。

     

     まさかの20金イエローゴールドの無垢と、プラチナの無垢を組み合わせて1つのフェザーに。

     

     こんな贅沢な美しさ、たまらないです。

     

     

     フェザーサイズはコンパクトに、長さが3.6cmほどで幅は1.5cmくらい。

     

     しかしながら金属の塊感的な独特なズシっとした重厚感があり、かつ他にはない存在感がすごい。

     

     

     根元と軸の部分に20金。フェザーの毛彫や先部分にプラチナ。

     

     こうも陰影がしっかりと美しく決まると、もともと1つの金属なのか、と感じるくらい。

     

     象嵌のような具合で20金とプラチナをもともと1つの板のような状態にして、そこから彫り上げていく。

     

     

     フェザーの根元はほんのり唐草模様を感じさせる複雑な動きに。

     

     そして先の方はやはり細かくたおやかに。

     

     最高に綺麗なフォルムです。

     

     

     なんでしょうね、金やプラチナの無垢って惚れ惚れする強さがある。

     

     もちろんその分価格はどうしても高くなるけれど、それを超えてくる強さ。

     

     あ、でもアレですよ普通に価格つけたらどうしても大台いっちゃう感じだったので、CIRCLE店主が自発的に「いや、これはこの価格で売りたいっす」と利益バリバリに落としてこの価格に持って行きました。

     

     たまにそういうことをします。それもまた楽しい。(ビジネス的に良いかは微妙でしょうが)

     

     

     チェーンの部分は14金のゴールドフィル。

     

     長さは短くして41cm、アジャスターで長くすると46cmくらいです。

     

     

     ぎゅっと味わいがこの中に濃密に詰まっている感。

     

     

     裏面から見るとどこで金属が切り替わっているか見やすいかもですね。

     

     

     こういうのは、そう頻繁には作れません、はい。

     

     

     akihama フェザーブローチ シルバー950・ロジウムコーティング ¥43,000(税込47300)

     

     続いては、ブローチに参りましょう。

     

     まずは白銀の世界のブローチ。

     

     このブローチがまた、素晴らしい逸品になっているのです。

     

     

     大きさは長さが5.5cmほど、幅が2.0cmくらい。

     

     ネックレスよりもよりふくよかに、ふわっとカーブするような形にしてもらってます。

     

     このくらいのボリューム感だとラペルや服に付けたときにもしっかり存在感が出て、かつバッグにつけたりストール留めにしたりするにも、色々に使いやすい。

     

     

     シルバー950のボディに、さらにロジウムでコーティング。

     

     この煌めきもやっぱり特別。

     

     そしてこのブローチの魅力はやはり彫り。

     

     

     根元の部分をぐっと複雑に、唐草のような風合いを込めて細かく細かく透かして。

     

     そこからぎゅっとたおやかなフェザーの毛彫りに切り替わっていく。

     

     このバランスがあまりにも素晴らしくて、惚れる。

     

     

     細かく、美しい。

     

     でもその細かさ云々だけでなく、全体のフォルムや空気感がとにかく綺麗なフェザー。

     

     優美で動きあるフェザーは、きっとブローチとしての活躍も広い。

     

     

     もうね、置いているだけでもオブジェとして完璧に成り立ちます。

     

     

     これはまた、秋濱氏の新しい真骨頂の1つになるのでは、と。

     

     これまでも唐草を彫ることはありましたし、フェザーはもちろん素晴らしいものでした。

     

     それを1つの中に、絶妙なバランスで組み込む。

     

     素晴らしすぎる、技。

     

     

     裏面はこんな感じで安全ピン的な間隔のブローチピンです。

     

     これはピン部分がステンレスで、根元部分等はシルバーになっている感じ。

     

     

     ピンの一部を初めから形を曲げていて、ブローチとして付けたときにキュッと収まりよいようになっている今回。

     

     

     いやはや、こんな複雑なフェザーブローチ、普通は無いですね。

     

     

     akihama フェザーブローチ シルバー950・20金バーメイル ¥43,000(税込47300)

     

     続いてはもちろん、黄金の世界のブローチ。

     

     この艶やかさ、最高としか言えない。

     

     非常に華やかで優雅で、色気がすごい。

     

     

     もちろんシルバー950のボディに、20金でバーメイル仕様。大きさは長さが5.5cmくらいで幅は2.1cmほど。

     

     やっぱりこの独特な色の濃さやコク。

     

     まだ社会人なりたてくらいの時は「いや、バーメイルってなんの意味あるの??」なんて思っていたこともありました。

     

     でも、バーメイルという仕様にするからこそ生まれる風合いがあるのだ、とその後に気が付いてからは滅法好き。

     

     

     白銀の世界のブローチ同様、しっかり動きがあって、ゆらめくようなフェザー。

     

     

     根元部分の唐草は、本当に細かい。

     

     これを型で流して〜とかではなく、1つ1つ板から彫り出して削ったりもして仕上げていくんですからね、驚きしかない。

     

     型で流すとこんな細かさやエッジはなかなか表現出来なくなるけれど、だからと言って手で行うのは簡単じゃない。

     

     

     そしてたおやかに毛彫のフェザーへ。

     

     味わいが豊かで、無駄に触りたくなる。

     

     

     良いでしょう、この雰囲気。オーラをバシバシ感じる。

     

     

     裏面のピンはやっぱり安全ピン的な使いやすさ。

     

     こちらはピン部分は洋白でやっぱり20金がコーティングされてます。

     

     

     こちらもピンは部分的にもともとカーブさせてあって、使いやすい感じ。

     

     

     このゆらぎと動きのあるフェザーの艶やかさを、ぜひ味わってもらいたい。

     

     

     akihama フェザーブローチ 20金無垢・プラチナ無垢 ¥86,000(税込94600)

     

     そして、これがラストの白銀と黄金の世界のブローチ。

     

     これまたこれまでともまた異なる優美さですよね。

     

     最高に味わい深い逸品。

     

     

     大きさは長さが4.7cmくらいで、幅は1.4cmほど。

     

     前2つのブローチと比べると少しコンパクトで、キュッと細さも感じるフェザー。

     

     でもブローチとしての存在感はしっかり欲しかったので、ミニというほどは小さくなく。

     

     

     こちらも20金とプラチナの輝きが合わさった、他にない美しさ。

     

     

     根元の唐草のバランスが極めて良い。

     

     

     そして先端方面のプラチナに毛彫の細かさと表情の良さ。

     

     これはもう、コンパクトだけれど大きさに負けない迫力がある。

     

     

     手に乗せるとまた、見え方も違います。

     

     美しいとただそれだけが頭に浮かぶ。

     

     

     プラチナが効いてますね。このデザインバランスは、今年のテーマを秋濱氏にお伝えしたら即座に「こんな感じにも出来るよ!」とデッサン図が返ってきたもの。

     

     もうね、二つ返事で「それでいきましょう!」でした、はい。

     

     

     こちらのだけ裏面のピンは少し構造が異なります。

     

     また、ピン部分まで18金で作るという念の入れよう。恐ろしい。

     

     

     こちらの筒のようになってる部分がすっと引き出せるので、引き出す。

     

     すると安全ピン的な感じでピンが出せます。

     

     

     独特な構造だけれど、しっかりピンが止まるのでこれはこれで。

     

     

     いかがでしょう、白銀と黄金の世界。

     

     またこれまでのakihamaアクセサリーの雰囲気から、ぐっと魅力的なものを出せたのではと思っています。

     

     クリスマスっぽくもあり、ラグジュアリーでもあり。

     

     でも、やっぱり日々つけて楽しんでもらうのが一番ですね。

     

     

     akihama 両面彫りフェザーネックレス シルバー950 ¥38,000(税込41800)

     

     今回仕上がりのコンセプチュアルな子達に加え、あと少しakihamaアクセサリーは展開しています。

     

     こちらはコーティングなしのシルバー950で、しっかり大きめなフェザーネックレス。

     

     この風を切るようにシュっとしたフェザー、毛彫り感もまた素敵で、存在感豊か。

     

     またシルバー950特有の温かみのある輝き、柔らかな白さを感じられて、やっぱりシルバー950の無垢のままも良いよねぇと感じさせてくれる。

     

     この子は表だけでなく裏面にも彫りが入っている両面彫り。

     

     

     akihama フェザーネックレス 横型 シルバー950・18金イエローゴールド ¥45,000(税込49500)

     

     こちらはakihamaさんのものでもちょっと少なめな横型フェザー。

     

     個人的に横型のネックレスはフェザーが舞っている感じがして、好きです。

     

     ボディはシルバー950の無垢でコーティングなし。そして後ろの小さなフェザー部分を18金無垢で作ってくれているある意味こちらも白銀と黄金の世界。

     

     透かしを入れつつ、くるくるっとしてロウづけして、とこれも細かな仕事なフェザー。

     

     

     akihama 両面彫りフェザーネックレス チタン ¥35,000(税込38500)

     

     そしてもう1つネックレスがいて、こちらは今ある唯一のチタン。

     

     やはり風を切るようにシュっとスタイリッシュなフェザーをチタンで彫り上げ、そこに陽極酸化で色をあしらう。

     

     ペイントとかでもなく、電気を加えて皮膜を張るような感じでチタンの色を変える。

     

     根元はほんのりイエローからスタートして、淡いピンクにパープル。そしてブルーに写りエメラルフドグリーンへ。

     

     羽先は明るめなアップルグリーン的なカラーまでグラデーションし、とっても美しい色の流れ。

     

     こういう独特な色こそ、チタンのなせる技。チタンらしい美しいネックレスですね。

     

     このチタンの子も、裏面にも彫りが入っていて両面彫りです。

     

     

     akihama ラペル・ハットピン 燻しシルバー950 ¥18,000(税込19800)

     

     そしてこちらはまさに去年テーマを立てて作ってもらった、燻しシルバーの世界のラペル・ハットピン。

     

     ブローチとはまた違う使いやすさがあって、すっとスタイリッシュ。

     

     燻したシルバー950は、真っ黒でもなく独特な渋さのあるガンメタリック的な風合い。

     

     ラペルにもハットにも、ストールの止めとしても便利な子です。

     

     

     akihama 両面彫りフェザーリング シルバー950 10号相当 ¥45,000(税込49500)

     

     そしてリングがまたシルバー950の無垢のままで、表も中も両面をとても細かくフェザーに彫り上げたもので1つ。

     

     1つのフェザーがくるりと巻いたようにリングを作る。

     

     デザインとしてはakihamaさんの定番だけれども、中までがっつりと細かく彫っているのはそこまで多くない。

     

     10号相当なのでサイズが合う方にはとっても魅力的なフェザーです。

     

     

     と、こんな具合で白銀と黄金の世界、そしてクリスマスのギフト等にもぴったりなアクセサリーが並びます。

     

     ぜひ細やかで豊かな表情のフェザーの世界を、お楽しみくださいませね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      CIRCLE青山 (06/06)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      頑張ってくださいね! (06/06)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      masa (12/15)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      CIRCLE 青山 (12/13)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      KC (12/08)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM