<< ル・ボナーさんのバッグたちも、小物に続いて在庫状況ご案内です。 | main | akihamaさんのにお願いしていた、素晴らしき「白銀と黄金フェザーの世界」について。 >>
2019.12.06 Friday

Workers(ワーカーズ)さんの、まさかのタイミングのハーフジップワークシャツについて。

0

     

     全くもって12月な雰囲気は特に感じていないCIRCLEなわけですが、巷もまだどこか静かな感じ。

     

     パッと華やいだ12月になるのはどこからでしょうか。なんとなく、CIRCLE店主的には来週からかな〜なんて思ったりもしつつ。

     

     でも、そんな前にまさかのタイミングで、Workersさんより入荷が1つ。

     

     絶妙なワーク感と上品さのバランスな、ハーフジップのワークシャツ。

     

     季節はある意味なぜ今!!な入荷ですが、期中製品的な感覚で愉しんでいただけたら幸いです。

     

     

     2019年の12月は、なんと珍しくWorkersさんから新しいアイテムの入荷。

     

     夏頃の2020SSの展示会でさらっと「2019年12月リリース」的なアイテムが入っていて。

     

     なのでこれは20SSと言うことも出来るのだけれども、どことなく感覚としては19AWと20SSの間の、19AWの期中スポットアイテム的な展開かなぁと思っています。

     

     このハーフジップのワークシャツ、なんとも具合良いんです。迷いなくオーダーをつけていて、間違いない一枚になっているなと感じています。

     

     

     CIRCLEではあまりワークど真ん中!とかミリタリーど真ん中!なアイテムはオーダーしていなかったりします。

     

     でも、このシャツは別物。

     

     ある意味ではワークど真ん中!!なアイテムにはなるのだけれども、全体的な素材感とディテールのバランスがとても綺麗で、モハy上品なワークシャツになってくれている。

     

     

     それゆえ、これはぜひ店頭で!!と12月にシャツというなんとも季節的にアレなタイミングだとしても入荷をお願いしたアイテム。

     

     春や秋にアウター的にさっと羽織るのももちろん最高ですし、この上にブルゾンとか羽織っても良い雰囲気になるなぁと。

     

     素材はブルーシャンブレーとブラックヘリンボーンでお願いしました。

     

     このワークシャツは、単純に素敵です、はい。

     

     

     Workers ジップワークシャツ ブルーシャンブレー ¥15,000(税込16500)

     

     まずは、ブルーシャンブレーの方をご案内。

     

     全体的な形や雰囲気は、もちろんワーク感がしっかりある。でも、ゴリゴリに硬い感じがないのが、良いバランス。

     

     しっかり感ありつつもあくまでもしなやかに、無骨すぎない表情に仕上がっています。

     

     

     プルオーバーのシャツなので、前びらきフルオープンのシャツよりは肩幅や身幅を少し広く取られてます。

     

     そうでないと、脱ぎ着がやっぱりしにくいですからね。

     

     でもドカンと大きな感じがしないのが、また良いバランス。

     

     

     こういうワーク感って、どこか懐かしさもある。

     

     ビッグヤンクやベンデイビスやそんな雰囲気もありつつ、でもスマート。

     

     元ネタ的にはPOWR-HOUSEのWorkersさんが持っている古着みたいだけれども、全然それとは空気感は違ってスタイリッシュに出来ているのが良い。

     

     

     もちろんふわっとさせてカジュアルに着る感じで素敵ですし、しっかりアイロンとかけてあえてパリっと見せて着るのも良い気がする。

     

     

     ブルーシャンブレーは、5.5オンス。

     

     分厚すぎず、でも薄くなく、シャツとしては適度に使いやすい厚さ。

     

     ワンウォッシュはもちろんかかっていますが、ここからもっと表情豊かに変化していくだろうな、と。

     

     

     コシ感は感じつつも、かなりしなやかな風合い。

     

     その生地感のあたりもどこか上品さを感じさせるところかも。

     

     

     正面から見たこの顔が、またスタイリッシュで素敵なのです。ノーブル。

     

     

     襟が大きすぎず、むしろコンパクト。

     

     そして角度がなんともほどよくて、鋭角すぎず、でもスッキリしてる。

     

     この襟の感じがすごく綺麗で、だからこそワークすぎない空気がある。

     

     

     しっかり二本でステッチ入っていたり、ちゃんとワークシャツなんですけどね。

     

     

     首元には、短めのチンストラップがついていて、上はボタンでとまるようになっています。

     

     このディテールも絶妙な可愛さで素敵で。

     

     

     こんな風になっているのです。

     

     もちろん、上まで全部留めて着る感じも良い。

     

     

     で、その下にはファスナーが続いていて、今回のものはYKKではなく、ヴァルデス。

     

     ヴィンテージっぽいニュアンスのある引き手で、かつテープ部分がコットン。

     

     Workersさんらしいこだわりですね。このファスナーはコスト的には結構高くなってしまうけれど、風合いはやはり良い。

     

     

     ハーフジップなので胸下くらいまではズイーっと下がります。

     

     

     もちろん、上を開けて少しジップも下ろして、こんな風にカジュアルに着るのも雰囲気ある。

     

     でもあれですよね、やっぱりワーク全開というよりも、上品さがありますよね顔に。

     

     

     肩やボディに関しては、いわゆるモディファイドフィットの前開きシャツと比べると、肩で言えば1cmほど、身幅的には2cmくらいわざとゆとりを持たせたフォルム。

     

     脱ぎ着のしやすさがやはり大切ですし、ハーフジップのシャツってそういう風にパターン切った方が、着た時のバランスが良いように感じています。

     

     

     裾まわりもシンプルにしていて、スッキリと。

     

     

     胸にはボタン付きでポケット。

     

     

     左胸にももちろん。

     

     

     こちら側には、ペン差しとしてのホールもあいてます。

     

     

     また、裾の脇部分には生地の耳部分を用いて補強のガジェット。

     

     

     アームホールも適度に広さがるので、もちろん動きやすく。

     

     着込んで洗って行くと、なおこの部分のパッカリングが出てきて、風合いよく育つはず。

     

     

     腕周りもしなやかで動きやすく。

     

     

     ワークっぽい雰囲気をしっかり出しながら、綺麗に。

     

     

     カフは気持ち短く、さらにボタンで太さも調節可能。

     

     

     Workersさんらしいネームと、サイズタグ。

     

     ブルーシャンブレーはサイズ14・15・16で入荷してもらいました。

     

     14は概ねS〜タイトM、15がM〜タイトL、16でL〜タイトXLくらいな感覚です。

     

     プルオーバーの形なので、大きめなサイズも良いなぁと感じて今回は16まで入れてます。

     

     

     後ろ姿になると、なおワークシャツというよりも、上品なシャンブレーシャツっぽくなる。

     

     

     ふわっとしつつも、スタイリッシュにすっきりしている。

     

     

     後ろ姿の良さもシャツにはとっても大事。

     

     

     着丈はほんのり長めに。もちろんタックインしたりしても良いですし、アウトしていても気持ち良いバランスです。

     

     

     この後ろの背中の良さ。

     

     

     ヨーク部分が細く、カーブではなく直線なのがその雰囲気を作ってくれていると思う。

     

     ワークシャツではあえてここをカーブさせていたり、広めにヨークをとったりするけれども、この細さとまっすぐなバランス。

     

     

     ガッシガシ着込んで行って味を出して欲しいものです。

     

     この冬とかにはインナーとしてちょこちょこきていくと、春になる頃には熟れてさらによい感じになるのでは、と。

     

     

     プルオーバーのワークシャツで久々に「うわ、これは絶対着たくなる!!」という感じになりました。

     

     

     Workers ジップワークシャツ ブラックヘリンボーン ¥15,000(税込16500)

     

     そしてもう1つのブラックヘリンボーンへ。

     

     シャンブレーともまた違う空気感があり、ブラックのシャツってCIRCLEではあまり取らないのだけれども、これは外せない!!と感じてしまった一枚。

     

     なんせ、良いでしょ、佇まいがもうすでに。

     

     

     こちらもワーク感はもちろんあるけれども、よりノーブルにスタイリッシュな空気出ます。

     

     

     ブラックなのですけれど、黒すぎないのがまた良いんです。

     

     

     この色の感じは、着込んでいくと赤くなったりはしないで、純粋に黒が少しずつ薄くなっていって、グレーっぽさも出てくる感覚。

     

     そこまで着込んでいくとなおまた素敵になっているはず。

     

     

     糸の段階で硫化染めをしたブラックヘリンボーン。

     

     硫化染めは極端に洗っても色落ちせず、徐々に掠れた感じになっていってくれるので、それが素敵。

     

     Circus of Happinessで大江洋服店さんにお願いして作ったブラックヘリンボーンのシリーズも、まさにそうで硫化染め。

     

     

     厚さはシャンブレーよりはほんの少しだけ厚い5.8オンス。

     

     でも少しなのでそこまで分厚い感じはしません。

     

     ゴワゴワした質感に思われそうですが、そんなことなく初めからかなりしなやかです。シャツですしね。

     

     

     やっぱり正面からのこの顔がよく出来てる。

     

     スッキリ、大人なワークシャツ。

     

     

     襟の大きさと形が良いのだ、としつこく言い続けます、はい。

     

     

     ブラックにはブラックのステッチなのも嬉しい。

     

     

     チンストラップももちろん、そしてボタンも黒。

     

     

     ファスナーがまた良い感じに映えますね。

     

     

     もちろんこんな具合でオープンして着ても最高じゃないですか、と。

     

     

     胸回りのポケットもぐっと渋い。

     

     

     微妙にマチで広がるので、実用性もしっかりあったりして。

     

     

     柔らかいので裾までの流れもふんわり綺麗に。

     

     

     もちろん耳付きの生地なのでこちらに耳が。

     

     

     腕まわりのパッカリング、しっかり良い雰囲気で出てきてますね。

     

     

     ヘリンボーンの柄の流れが良いアクセントになる。

     

     

     シャンブレーとはまた違う風合い。

     

     

     もちろん、ボタンで太さ変えられます。

     

     

     ブラックヘリンボーンはサイズ13・14・15・16と入荷です。

     

     13はXS〜タイトSサイズ、14はS〜タイトM、15でM〜タイトL、16でL〜タイトXL相当です。

     

     サイズタグには一応、14ハーフみたいな感じに表記されますが、Workersさんのサイズ分けでは整数でいただいているのでそれで表記してます。

     

     

     後ろ姿は一層スッキリと。

     

     

     良いでしょ、この雰囲気。

     

     生地感と形が絶妙にマッチしてる。

     

     

     重たすぎない黒が、いつでもさらっと着やすい。

     

     

     ボトムスはジーンズでもチノでも、もちろんミリタリーパンツでも。

     

     あるいは、スラックス的にすっきり合わせても良いであろうワークシャツ。

     

     

     この肩周りがよいのです、後ろ姿は。

     

     

     ヨークは細く、そして綺麗なストレート。

     

     

     絶妙なバランスで大人がバリバリ着たくなるワークシャツになってるなと思います。

     

     

     と、こんな具合で12月ですがスポット的にワークシャツが並びました。

     

     今月は流石にWorkersさんは入荷これだけなので、ぜひまたお楽しみくださいませね。

     

     素材感豊かで綺麗なワークシャツ。かなりアリです。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      CIRCLE青山 (06/06)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      頑張ってくださいね! (06/06)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      masa (12/15)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      CIRCLE 青山 (12/13)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      KC (12/08)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM