<< 12月と年末年始のCIRCLEの予定について。(2019年12月) | main | 冬が近づき、1sinさんのボンバーキャップをようやくリリースします。 >>
2019.11.29 Friday

アトリエ倭(やまと)さんから届いた素敵な可愛さのペーパーナイフについて。

0

     

     景気は戻ってきたのか、なんて話をよく仲間内や業界内では話に上がったりもします。

     

     CIRCLEはどこか一般的な景気の動きとかからは切り離されている感じもするので、なんとも言えない立ち位置感をその度に感じるものですが。

     

     とはいえ、今年の雨続きの連発は(今月も結局半分くらい雨でしたね)流石にこたえて、来年はこんなことが無いように願ったりもするものですが。

     

     でも、CIRCLEは多くのお客様に恵まれているなと思うので、なんとかやれてます。ありがとうございます。

     

     さて本日は、アトリエ倭さんから届いた嬉しい子達。

     

     オブジェとしても最高に可愛くて、さらに実用性もあって素敵な子。これはもう木材違いで揃えたくなるくらい好きなアイテムのご案内です。

     

     

     アトリエ倭さんの木製品は、愉しい。

     

     ただ木材を使いましたということではなくて、木の質感だからこそ面白かったり、木を用いているからこそ空気が良かったり、そういうものが多い。

     

     今回届いたペーパーナイフは今年新しくアトリエ倭さんが生み出した作品。

     

     なんせもう、単純に見た目が最高に良くて、制作されたものを見たそばから「あ、これうちでも是非!!」とお願いしていました。

     

     

     ペーパーナイフ、と言われて疑問符の方もいらっしゃるやも。

     

     だって、こんな風に立体的なペーパーナイフって不思議ですものね。そのデザイン性がもうすでに素敵で。

     

     このまま飾って、木の質感を味わうオブジェとしても優秀なフォルム。

     

     

     ペーパーナイフって今では使う方はもしかしたら少ないかもしれない。

     

     でも、鋭利なカッターとは違う趣が確かにあって、個人的には好きなのです。

     

     お店で包装紙を切るときは、アピールカッターという元文房具屋らしく半いまどきで半ちょっと昔な感じもするアイテムを使っていますが、これから封筒を開けるときはこれにしたいと思っています。

     

     

     アトリエ倭さんの作る小物たちは、言い方はアレですが、無駄に触りたくなる。

     

     でもそれって木を用いた作品としては良いことだなと思っていて、それだけ滑らかに美しいということだと思いますし、手で触れてあげる方が適度に油分が木に補填されていって、より艶やかに美しく育ちますから。

     

     今回のペーパーナイフも、紙を切るとき以外にも触りたくなります、きっと。

     

     

     アトリエ倭 ペーパーナイフ タイプA ¥3,000(税込3300)

     

     形はAタイプとBタイプと便器的にはCIRCLEではしましたが、2種類あります。

     

     こちらは丸みのあるフォルムが柔らかくて良い、タイプA。

     

     それにしても、アトリエ倭さんのプライスってやっぱりおかしいんだよなぁとしみじみ感じる、今回のペーパーナイフ。

     

     木材無垢から削り出して、土台も作って、その辺をそりゃ機械は用いつつも基本は手で動かしていって、仕上げも手で行っていて。

     

     なのにこの価格で届けてくれることが極めて不思議だけれど、ご本人たちがそれで問題ないのであれば、もちろんお店としても嬉しいですし、お客様にもより気軽に木に触れてもらえるから嬉しい。

     

     

     Aタイプの形は、ゆらりと燃えるロウソクの炎のよう。

     

     一応「言の葉のペーパーナイフ」という名前になっているようなので、形のイメージソースはたぶん葉っぱなのだと思うけれど。

     

     

     なんとも言えない流線型が綺麗で、滑らかな動きが美しい。

     

     木材によって木目や色合いも異なるので、その違いもまた愉しいのですよね。

     

     

     Aタイプは4種類の木材でやってきました。それぞれできっと好みはあると思いますが、色や雰囲気の違いで揃えて飾ってもまた良いなぁと思っていて、こうして並べて撮ってます。

     

     

     こうしたフォルムというかデザイン作りが、アトリエ倭さんって上手だなと感じている。

     

     ペーパーナイフというアイテムとしても、形は色々考えられて、基本的には普通は「細長く」作ろうとすることが多い。

     

     でも、あえて丸みのあるフォルムで、手に握った時に心地よかったり、「木材の塊」感をちゃんと出してくれる。

     

     まさに、木を用いてものづくりをしている意味のある形を作ってくれているように思うのです。

     

     

     あ、ちなみに土台の素材はどの木材でも一緒で、これはウォールナットになります。

     

     そしてきっと、どうやってこの土台にペーパーナイフが立ってるんだろう、とぱっと見は不思議なはず。

     

     

     では、このメイプルの個体をサンプルに見ていきましょう。

     

     すっと垂直に立ち上がるペーパーナイフ。

     

     

     綺麗ですねー、ほんと飾っておきたくなる良デザイン。

     

     

     土台のウォールナットの部分には、真ん中に小さくぽちっと実は磁石が入ってます。

     

     

     そして本体のペーパーナイフの下部分にも、ポチっと小さな磁石が埋め込まれている。

     

     なのでこれを近づけると……

     

     

     パチっとくっついて、すっと立ち上がる形で飾れるようになります。

     

     これ、説明されればわかりやすいけれども、こういう形でペーパーナイフを普段は飾って愉しもう、なんてのは無かったんじゃないかと思う。

     

     書斎でもリビングでも、子供部屋でもオフィスでも。

     

     こうしてすっと飾っておけたらペーパーナイフがどこにいったかなぁなんて探すこともなく、それでいてちょっと雰囲気のよいオブジェとして味わえて。

     

     とても好きです、はい。

     

     

     大きさはと言えば、縦がおおよそ9.5cmくらいで、幅は広いところで4cmくらい。

     

     手にぽんっと収まるサイジング。

     

     

     この特に滑らかな部分、稜線のようにすっとなだらかに徐々に薄くなっている部分、ここを使ってペーパーナイフとして活躍します。

     

     

     右利きの場合は、こうして丸い部分に人指し指をかけて、手前から奥へ行く形で切っていきます。

     

     

     こんな風に切りたい部分に、手前からカッター部分をあてがいます。

     

     

     そして左右前後と言いますか、ノコギリで切り進んでいくような容量で手を動かして、ジョリジョリと切っていきます。

     

     カッター的な部分はあくまでも木が薄く滑らかに切れる形にしているだけで、刃がついているわけではないので、大人だけでなく子供も安心して使えます。

     

     左利きの場合は左手の人差し指を丸い部分ひっかけて、右利きとは逆に「奥の方から手前へ切っていく」感じになります。

     

     これはまぁ実物に触れると、どう動かせば良いかな直感的にもよりわかる感じです。

     

     

     ザリザリと切っていく感触もまた、気持ちいい。

     

     切り口は現代的なカッターのようにスパっと尖った切り口ではなく、ちょっと細かくギザギザしたような具合に切れます。

     

     どことなく、昔のペーパーナイフらしい感覚や懐かしさ、暖かさが感じられて良いのです、これがまた。

     

     手紙を開ける時、封筒の封を開ける時、紙を2つに切りたい時などなど、日常のちょっとした時にふと暖かい幸せを感じます。

     

     

     今回このAタイプでは、まず白っぽい色合いが綺麗なメイプル。

     

     

     メイプルより少し色が濃くなって、木目がしっかり出てくるナラ。

     

     

     より色濃く赤っぽい雰囲気が他にない、カリン。

     

     

     そしてぐっと引き締まった雰囲気と黒さのある、エボニー(黒檀)で届きました。

     

     それぞれの木によって雰囲気違ってそれも面白い。

     

     

     アトリエ倭 ペーパーナイフ タイプB ¥3,000(税込3300)

     

     そして、もう1つ機能性は同じですがフォルムの異なるBタイプ。

     

     大きさ等はほぼ変わりませんが、カットと仕上げで形が違います。

     

     こちらはよりゆらぎの強い炎のような雰囲気。

     

     

     こうして1つの製品でも違うフォルムを準備したりしてくれるところも、遊び心溢れるアトリエ倭さん。

     

     

     そういう柔軟性とか遊び感も素敵なところ。

     

     大手さんの大量生産ではなかなか出来ない小回りの利いた楽しみ。

     

     

     こちらの形もまた、流れるようなラインが美しく。

     

     シュっとかっこいい感じの味わい。

     

     

     土台の部分はAタイプもBタイプも一緒で、素材もウォールナット統一です。

     

     

     もちろんこちらの形でも指を引っ掛ける部分と、ナイフとしてのなだらかな稜線部分がしっかりと。

     

     

     それぞれの形の良さがある。

     

     

     使い方はAタイプとまるっきり一緒です。

     

     ここに指を引っ掛けて、ザリザリと切っていく。

     

     

     Bタイプはこちらのまずはメイプル。

     

     楽器好きにはメイプルはまぁ欠かせない素材。

     

     

     続いては赤みのあるカリン。

     

     カリンはCIRCLE店主が色が好きで、やっぱり素敵だなと贔屓目。

     

     

     そして高級木材として代表的な黒檀(エボニー)。

     

     ぐっと黒く見えますが、しっかりその中に木目が肉眼では綺麗に見えます。

     

     と、この3種類。

     

     ひとまずはそれぞれが今回は1つずつ送ってくれてます。

     

     結構アトリエ倭さんもバタバタと色々忙しくて、制作してもらえる時間をうまく作って納品してくれている感じなので、量が一度になかなか出来ないのはご勘弁くださいね。

     

     

     ぜひ、それぞれの木材の素敵さ、飾って使って味わってくださいね。

     

     木のある生活、やっぱり良いなと感じます。

     

     

     あ、そして、ペーパーナイフと一緒にですが、iPhoneスピーカーである森のスピーカーが少量だけ届きました。

     

     CIRCLEでワガママいってお願いしているカリンバージョンも、「あと2つくらいは作れるかも……」ということだったので、仕上げてもらいました。

     

     意外と木の幅を使うので、毎度毎度は作れないっぽいけれど、とりあえず2つ作ってもらえたので嬉しい限り。

     

     

     アトリエ倭 森のスピーカー カリン ¥9,000(税込9900)

     

     カリンも素敵ですし、他のマホガニー、ウォールナット、エボニー(黒檀)も少しずつ在庫してますので、合わせてお楽しみくださいませね。

     

     アトリエ倭さんの小物たちは、ちょっとしたプレゼントにも面白くて良いなと思っているCIRCLE店主。

     

     ぜひ、色々とご覧くださいね。

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      CIRCLE 青山 (12/13)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      KC (12/08)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM