<< JOIE INFNIE DESIGNの時計の新しい入荷について その2(CLOUD) | main | 真鍮(黄銅)について(金属素材について) >>
2014.07.22 Tuesday

JOIE INFNIE DESIGNの時計の新しい入荷について その3(CLOUD small自動巻き)

0


     幾つか装いも新たに入荷をして参りました、JOIE INIFINIE DESIGN(ジョイアンフィニィデザイン)のアンティーク感が醸し出される時計たち。

     今回の入荷の最後にご案内するのは、ずっと長い間期待をしながら待っていた、まさに待望の「自動巻きタイプ」のハンドメイドウォッチです。

     腕につけている間に、シュルシュルとローターが回り、巻き上がるゼンマイ。やっぱり便利な機械式ですし、手巻きとは異なる愉しみもあるもの。

     JOIE INFINIE DESIGNさんでも初めての自動巻きとなっています。ぜひ、ご覧下さい。
     

     パッと遠くから見る限りは、昨日ご紹介をしたクォーツ式のスモールセコンドモデル「CLOUD」にとっても近い風貌。



     JOIE INFINIE DESIGN 自動巻き式シルバーCLOUD small ¥45,000+税

     スモールセコンドではなくセンターセコンドとなっており、より端正な印象が強くなっているかもしれません。

     全体的な型はほぼCLOUDと近いものの、ほんのわずかにケースが小さくなっており、またエッジの面などの仕上げが異なっています。

     こちらもスモールの方が、よりシュッとスタイリッシュな仕上げ。



     針の形状もややペンシル系の形状となり、さらにはこちらには小さなデイト(日付)表示がつきました。

     これまではデイト付きの機械はあまりJOIE INFINIE DESIGNでは無かったので、新鮮な感じもします。

     そして最大のポイントは中の機械式。これが、手巻きともクォーツとも異なり、「自動巻き式」



     自動巻きは機械式時計の中では今や定番ではありますが、こういったハンドメイドウォッチのタイプですとほとんどありませんでした。

     時計の中に重りのようなローターが入っており、それが腕の動きに合わせてグルグル回ります。その回転の動きによって中のゼンマイを巻き上げて、時計の動力とする仕組み。

     チチチチと機械式特有の針の具合を愉しみながらも、手巻きとは違って定期的に腕につけていれば、勝手にゼンマイが巻かれるので巻く動作をせずとも安定して動く機械。

     もちろん自動巻きにも好みはあろうかと思いますが、やはり便利な機械であるのは間違いないところ。しっかりと腕を普通に動かす生活であれば「あ、今日も巻かなきゃ……」ということもないですし、「うわ、イキナリ電池切れた……」ということもありません。

     手巻き、クォーツ、自動巻。それぞれに特徴があり、時計としての愉しみが異なると思っています。そういう意味では、ようやく自動巻きが登場してくれたのは嬉しい限り。



     ベルトは新しいシンプルなグレーのタイプが付属しています。

     端正なスタイルのフェイスには、ものすごくしっくりと良く合います。



     もちろん、ケースもシルバーで仕上げて頂き、美錠も同様にシルバーで。

     CIRCLEではケースを出来る部分はシルバーで、裏蓋などのシルバーでは難しい部分はステンレスで制作して頂いています。

     使い込んで行く愉しみを、時計全体で味わって頂くためのこと。



     そして、自動巻きタイプは裏面がまた他とは違います。

     裏蓋ステンレスの真ん中部分を一部透明に仕立ててあり、中の自動巻き機械が見えるようになっています。コンパクトな機械が収まっており、中の板や石なども確認できる具合。

     この機械感は本来、やはり高級機械式の時計の愉しみの一つでもあろうかと思いますが、こうしたハンドメイドウォッチでも取り入れられる素敵な仕様と思います。

     グルンとローターが回る様子も、素敵。



     ネジや石や歯車やテンプや……そういった細かなものが、どうして心魅かれるのかは難しい部分がありますが、やはりその動きや機械感、そしてそれぞれの素材の肌合いが見えるのが良いのだと思っています。

     そういう意味でも、この初めて制作されることになった自動巻きは、非常に面白いモデル。意味もなく、グルグルとローターを見ながら回したくなるのは、致し方ないこと。

     ちなみに、中の機械は自動巻タイプはシチズン系のものが入っているよう。パワーリザーブとしては40数時間といったところ。基本的には一日のどこかでしっかりと使っていれば、手でゼンマイを巻く必要はないですね。

     けれど、もちろん時計だって毎日同じものをするわけではないので、少し使わずに時計が止まったら、普通に手巻きをしてゼンマイを巻き上げられます。シュルシュル、シュルシュル……としばらく巻き上げ、しっかりと針が安定して動き出したらそこからは腕に巻いてローターで巻き上げる具合。



     自動巻きの機械は、クォーツや手巻きの機械よりもどうしても厚みが出てきます。

     グルグル回る動力としてのローターがついているので、その分の厚みの兼ね合いやもろもろによって。
     (もちろん、超高級時計の一部はローターに比重の重い金を用いて、巻き上げの仕組みも効率をよくし、厚みが出ないようにしいさなローターを組み込んだり……などありますけれど)

     こちらのCLOUDはクォーツタイプよりも少しばかり厚みが出るかな、というくらい。

     けれどシルバーで制作をしている分、かえってその厚みがシルバーの存在感を増し、ほどよいアクセントとなり、ググっと重厚感のある素敵な表情に。



     比べると、数ミリ自動巻が厚い。右が自動巻で左はクォーツ。

     けれど、ずっしりとしっかりとした質感は、それはそれで良いもの。

     この辺りは、実際に腕に回してみて頂くと、違和感がないのが分かっていただきやすいかな、というところです。



     フェイスの違いはこんな風に。よりフェイスの回りがスッキリとして、全体的にシンプルな感じに見えているのが、右側の自動巻。

     その分、針の形状やデイト表示などが分かりやすく、良い意味でのアクセントになっていると思います。


     ……と、こんな風に待望の自動巻式。

     シルバーのケースの風合い、一つ一つ手で仕上げられた盤面、イタリアンレザーを用いた表情のあるベルト……さまざまなディテールと相まって、とても素敵な時計に仕上がっています。

     ぜひ、JOIE INFINIE DESIGN初の自動巻をお愉しみ頂ければと思います。



     CIRCLE
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      CIRCLE青山 (06/06)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      頑張ってくださいね! (06/06)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      masa (12/15)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      CIRCLE 青山 (12/13)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      KC (12/08)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM