<< SEEGER(ゼーガー)さんの限定タンニン鞣しヌメクロコシリーズ、良いお声いただけてます!! | main | また一つ素晴らしいベルトが。Circus of Happinessのサドルプルアップ・ラフメッシュベルトについて。 >>
2019.10.25 Friday

CIRCLEで寝かせていた、1940年代デッドストックのスウェーデン軍スノーパーカーについて。

0

     

     今日の雨は結局かなり強いものとなって、今年は本当に雨の年なんだな……と感じています。

     

     梅雨からの数ヶ月は毎月雨と湿気に悩まされて、ここまでの年は初めてだなと思っています。

     

     ここから台風がすぎて、少しはまともな気候になっていってくれれば良いのですけれど。

     

     さて本日は、ちょっといつもと違う感じの子をご案内。

     

     実は数年の間寝かせていた、スウェーデン軍のスノーパーカー。

     

     なんだかそろそろ気分的に良いな、と感じたので展開となります。古い感じが好きな方にはきっと、ぐぐっと良い雰囲気かな、と。

     

     

     元々このスノーパーカーをCIRCLEとして入荷したのは、3年くらいは前だったような気がします。

     

     それこそ、今の場所に店舗を構えた直後とかそれくらい。

     

     当時そのまま販売してもよかったのだけれどどこか「これ出すのは今じゃないんだよな……」という感覚があって、それからずっと倉庫で寝かせていました。

     

     今年、KUONさんでもWorkersさんでも現代的解釈な綺麗なミリタリーを展開してくれていて、CIRCLE店主としてもそういうミリタリー感が今のまた気分だよね、と感じていました。

     

     そんな中でふと「あ、これ今ちょうど良いバランスでご覧いただけるな」と思った次第。

     

     1940年代のスウェーデン軍のデッドストックもの。がほっと羽織って面白いスノーパーカーです。

     

     

     1940〜50年代デッドストック スウェーデン軍スノーパーカー ナチュラル ¥9,500(税込10450)

     

     スノーパーカーと一口に言っても、どの軍のものか、そして年代はどれくらいかでディテールやパーツも結構違ってくるわけで。

     

     この年代のものは極めてシンプルで、なんといいうかボタン式のゆったりしたポンチョコートのような面白さがある。

     

     分厚く重いコートではなく、ばさっと羽織って軽やかさもあるアイテムなので、ジャケットやブルゾン、厚手のニットの上とかに着るのも素敵だよね、と。

     

     

     デッドストックでこのプライスは、仕入れた時の価格を考えると普通はありえないくらいに破格かな、と思っています。

     

     そのまま生成りの色味で着て楽しむのも良いですし、お好みで後染めをして色を変えて楽しむのもアリですし、この上に色々と手を加えていくコート素材としても良い。

     

     そんなことを色々と考えていたら、なるべく気軽に楽しんでいただけるくらいに収めたいね、ということで。

     

     もちろんデッドストックとはいえ、もう70年近く前のものになる分、細かな傷や汚れなどもどうしてもあるから、という点も考慮して。

     

     でも、状態としてはかなり良いと思います、はい。

     

     

     スノーパーカーは元々は雪の中での活動用のアウター。

     

     なので雪に対する迷彩的な兼ね合いで白っぽい色になっています。

     

     でも、このスノーパーカーそのものがめちゃくちゃ暖かいとかそういうことではなくて、あくまでも軽やかでざっと羽織るくらいのもの。

     

     中にしっかり暖かいものは着込んで、その上でこれをざくっと着る感覚。

     

     

     色は真っ白なホワイトではなく、自然な生成色。

     

     そしてフォルムもぼわっとポンチョみたいなAライン的広がりがあって、これがまた可愛い。

     

     サイズは今回、ワンサイズで入荷しています。

     

     感じとしてはメンズのLサイズくらいな感覚。

     

     普段の洋服がMくらいの方には、がほっと大きめに羽織るコートとして。Lくらいの方にはざっくり羽織る一枚として。XLくらいのかたでも中のバランス次第では楽しんでいただけるかなと思います。

     

     

     素材はシンプルなコットンの平織り。

     

     この素朴な感じの生地感が、いかにも昔の感じ。

     

     そりゃそうですよね。1940年代〜なんて気軽な感じて言ってしまっているけれども、70年以上前ってことですもんね。

     

     今のコットンの感じとはまた、風合いがやっぱり違うように思う。

     

     

     正面から見た時の、優しい雰囲気が不思議です。

     

     ミリタリーアイテムなのに、ゴリゴリとした感じがなくて、優しく柔らかい空気。

     

     だからこそ、今年ご覧いただくのに良いなと感じた。

     

     

     スノーパーカーですから、フードがしっかりついてます。

     

     

     首元は上まで閉めるとしっかり高さもあって、もちろん防風的な一番上のアウターとしてのデザイン。

     

     

     フードの部分にはもう一つボタンがついていまして。

     

     

     チンストラップもついているので、なおさら防げる。

     

     でも個人的にはこれはデザイン的に楽しんでいただくくらいが良いのかなぁと思っています。

     

     もちろんきちんとボタンで留めて閉まりますが、ざっくりラフに着た方が雰囲気ある気もして。

     

     

     で、フードの部分にはドローコードが通っているので、クシュっと調節も可能。

     

     

     このドローコードが麻紐のような感じになっていて、これが時代を感じさせる。

     

     一着ずつ微妙にこのコードのところの味わいも違う感じはありますが、それはまぁデッドストックの古着という具合なので、それぞれの個体差としてお愉しみください。

     

     

     前の部分は比翼とかではなく、ごくシンプルにボタンでの開閉。

     

     やっぱりアレですね、このスノーパーカーで雪の中の暖を取ろうとかそういうことではないのが伺える。

     

     でも、それくらいの厚みで軽やかだからこそ、今にはむしろ着やすい。

     

     

     ボタンの風合いがまた好きです。

     

     ベージュ色のホーンのような樹脂のような……。

     

     なんか手触りが柔らかいんですよね。硬いボタンなのに。

     

     

     ボディ部分はしっかりとゆとりのある形。

     

     身幅的にもしっかり大きめなので、ジャケット上やブルゾンの上にもがほっと羽織れるくらい。

     

     

     で、裾までふんわり広がる。

     

     着丈は80センチちょっとなので長すぎず短すぎず。

     

     ちょうどお尻が隠れるくらいかな〜という感覚で羽織ってもらえると思います。

     

     

     アームホールももちろんゆとりあり。

     

     

     腕回りも同様です。

     

     

     袖先には特にボタン等もなく、シンプルな袖。

     

     袖を少しまくって着るのも良い感じ。

     

     

     これ、前のところ裏にあったスタンプ。AIKってなんでしょうね。スウェーデンのなんかなんですかね。

     

     3ってたぶんサイズのことなんだと思うけれど。

     

     こういうのも古いものならではの楽しみ。スタンプ等もまた違うものが押されていたりする場合もありますので、その辺も個体差としてご了承ください。

     

     

     首後ろには引っ掛ける部分もついてます。

     

     

     そして後ろ姿のこのゆったり感が綺麗。

     

     スノーパーカーといえばKUONさんが現代的にやってくれたけれども、いわばその元の原型(元ネタ)みたいなもんで。

     

     元の感じも良いじゃないですか、と。

     

     

     生成りの感じも良いですし、藍染とか化学染料で独特な色に染めても面白そうですね。

     

     

     フードはかなりしっかりボリューミー。

     

     でも生地が重たくないので、おおげさな感じにならず、気持ちいいふっくら感具合。

     

     

     後ろにもポケットや飾りや細かなものはほとんどなくて、極めてシンプル。

     

     やっぱり第二次世界大戦前後になってくるので、余分なものをつけている余裕もなかったからかもしれませんね。

     

     ジーンズでも古着でも第二次世界大戦の前後というのはやっぱりそういう節があって、リーバイスでいえばリベットが省略されたり、まさかのお尻のアーキュエイトステッチが糸じゃなくペイントになったり。

     

     そういう感覚でスノーパーカーもこの当時はポケットもなくてドローコードも最小限で……など色々簡素化されていたようにも感じますもの。

     

     でもそういうのもむしろ、今には面白くて嬉しい。

     

     

     フードはもちろん実用できるサイズですっぽりかぶれます。

     

     

     入荷の時にワンウォッシュがかけられましたが、一応古いものなので着用前には一度洗って楽しんでくださいね。

     

     

     もう細かいことは気にせず、洗って洗いざらしでシワを楽しむ勢いでラフに着ても良い感じ。

     

     もちろん、アイロンをざっくりかけて綺麗目に着てもそれはそれで。

     

     

     細かな汚れや色づきなどはご容赦ください。なんせ、数十年前のものですから。

     

     

     こんな風に織りムラがあったりすることもあります。

     

     そういうのもご愛嬌。

     

     まぁ、デッドストックのものをお好きな方はそういうのも楽しみと感じてくださると思いますが。

     

     

     今回は7着ほど展開となります。多いような、少ないような。

     

     でも今となってはなおさらデッドストックのコンディションでこれもなかなか見つからないと思うので、ぜひお愉しみください。

     

     きっと価格面でも、このプライスでの展開は今仕入れて出す感じでは、仮に出てきてもそう出来ないはず。

     

     

     と、いうことでちょっといつもと毛色の違う感覚で、デッドストックのスノーパーカーでした。

     

     そのままでも後染めするためにでも、お好みで楽しんでみてくださいね。

     

     

     

     CIRCLE

      

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM