<< 4日間のおやすみ、ありがとうございました!明日よりまたしっかり動いてまいります。 | main | KUON(クオン)×LAVENHAM(ラベンハム)の藍染刺し子マルシェバッグ(KELSALE)について。 >>
2019.09.20 Friday

KUON(クオン)×LAVENHAM(ラベンハム)の藍染刺し子キルティングジャケット(RAYDON)について。

0

     

     今日からまたいつも通りの営業をしているCIRCLEです、よろしくお願いいたします。

     

     オンラインショップの送料の件が諸々まだ処理出来ていないままとなっておりますが、思えば来月の消費増税がくるとその分さらに送料が上がり、なおかつ梱包系の資材も全てコスト上がるんだな……と今更ながらに再認識しまして、送料について今一度考え直しています。(というより、流石にあげないと無理がすごいことになっていました)

     

     より細かく精査して考えて、送料については来月1日より改訂という具合に見直させていただきます。それゆえ、今月中はもうこのままいきます。

     

     何卒、よろしくお願い申し上げます。

     

     さて、本日はKUONさんの19AW、佳境です。

     

     このアイテムがきっと、19AWの中でもとりわけ注目されるであろう、一枚。

     

     KUONさんがまさかのイギリス・LAVENHAMとコラボをして、刺し子キルティングジャケットをリリースです。

     

     

     このキルティングジャケットの話は、展示会前にチラと伺い、展示会後も情報を基本的にはほとんど出さないようにと決められて、ここまで来ました。

     

     ようやく20日の本日店頭に入荷として届き、明日21日より販売して良いことに。

     

     KUONとしてはおそらく初めての他ファクトリーブランドとのコラボレーション的な別注。

     

     このアイテムはきっと、KUONの歴史にもLAVENHAMの歴史にも大きく残るものになるのでは、と。

     

     

     KUON×LAVENHAM 藍染刺し子キルティングジャケット RAYDON ¥63,000+税

     

     もう、有無を言わさずこの良い存在感。

     

     キルティングジャケットでまさかのKUONらしい藍染刺し子生地を用いた、特別バージョン。

     

     きっとラベンハムとしても刺し子生地でのキルティングは初めてでしょうし、なかなかこういうアイテムは他に類を見ない。

     

     素晴らしい秋冬アウターとしてお楽しみいただけるのでは、と思っています。

     

     

     ラベンハムと言えば、イギリスのサフォーク州にて今もなお自社工場で一着一着しっかりとものづくりをしてくれているファクトリーブランド。

     

     もちろん日本でもとっても有名で、誰もがしったるアイテムはやはりキルティングジャケットなわけです。

     

     そのキルティングジャケットをKUONが関わるとこうなる、と。

     

     あまりにも美しく、かっこいい一枚に。

     

     

     正直言えば、CIRCLE店主としては「ラベンハムとコラボしてすごい」とか「ラベンハムのキルティングですごい」とか言うつもりは全くありません。

     

     そうではなく、純粋に「藍染刺し子を用いたキルティングジャケットとして、とても素敵な存在になっている」という意味ですごいものになってくれたなぁと感じています。

     

     

     見た目のかっこよさはもちろん、機能的にもしっかり優れていて、秋冬にバリバリ着たいジャケットに仕上がっている。

     

     これはもう、完全に今シーズンのKUONさんの大きな目玉、でしょうね。

     

     

     素材に用いた藍染刺し子は、カツオ縞等でもおなじみの静岡は遠州地方のもの。

     

     糸から藍染を施して、太めの白糸とともに織り上げて刺し子生地に。

     

     この生地のしっかり感、風合いの良さがまず素敵。

     

     シンプルな藍と白の感じでありながらも、よく見ると藍の部分は糸から染めているだけに絶妙な陰影やグラデーションが感じられて、奥行きのある色合い。

     

     

     その生地をラベンハムのポリエステル中綿をしっかり入れて、キルティングに。

     

     軽やかでありながらも保温性高く、透湿性もしっかりある良質な素材感。

     

     着込んでいくとなお生地はしなやかさを増し、表情が豊かに育っていく。

     

     着て育っていくキルティングジャケットなんて、そうそうありませんよね。

     

     

     キルティングジャケットのモデルは、ラベンハムのRAYDON(レイドン)をベースにしています。

     

     細身でシュっとスタイリッシュなボックスフォルムで、ざっと羽織るだけで綺麗目な形が決まってくれるモデル。

     

     その形はそのままに、生地をKUONが独自でお願いした藍染刺し子生地で、コーデュロイや裏地のカラーなども組み合わせて生まれた一枚。

     

     正面の顔はもちろん端正で良い。

     

     

     襟は美しい発色のミコノスカラー的なコーデュロイで。

     

     これがまた、全体を上品に華やかに見せてくれている。

     

     

     やっぱり襟元がコーデュロイだと暖かさの面でも嬉しいわけで。

     

     

     で、襟裏はもちろん刺し子生地になってます。

     

     

     肩幅は比較的タイトめに、シュっとしている。

     

     このRAYDONは着方として好みによって2パターンあるなと思っています。

     

     一つはキルティング「ジャケット」として着るスタイル。カットソーにシャツを着て、その上にこのジャケットだったり、あるいはそこにニットを挟んだりして、秋から初冬に楽しむ具合。

     そして真冬のシーズンはこのジャケットをインナージャケットとして捉えて、さらにオーバーコートを軽く羽織って、真冬もがっちり暖かい。

     

     もう一つは、キルティング「コート」的に着るスタイル。カットソーやシャツはもちろんですが、その上にコットンでもウールでもしっかりジャケットを羽織って、その上にこのキルティングジャケットを着るイメージ。

     カジュアルシーンだけでなく、スーツジャケット等の上にもコートのように羽織るキルティングジャケットとして。コートのような感覚でも使える。

     

     ラベンハムの中でも細身のRAYDONならではの着方で、それぞれ素敵だなと思っています。

     

     ジャケットとして着るかコートとして着るかによって、選んでいただくサイジングもやっぱり変わる。それは、また後ほど。

     

     

     前の開閉はスナップボタンにて。

     

     

     ボタンもミコノスカラーな色味になっていて、これが良い雰囲気。

     

     

     襟だけでなく、パイピング部分もコーデュロイになっていて、良い味わい。

     

     

     ボディの身幅はKUONさんとしては細身な部類。

     

     もちろん中にしっかり色々着られるゆとりは設けつつも、もっさりとした太さがまるでなく綺麗なフォルム。

     

     

     着丈はそれなりにしっかりあって、秋冬にありがたい暖かさ。でも長すぎる感じではなく、適度。

     

     もちろん動きやすいように前はカーブさせて。

     

     

     腰回りにはハンドーウォームにももちろんなるポケットが。

     

     口にはやっぱりパイピングでコーデュロイ。

     

     

     もちろん、モノを入れるポケットとしても。

     

     

     左ポケットには、ラベンハムのタグがひっそり。

     

     

     ポケットももちろんキルティングなので、冬場は手を入れるとあったかいですね。

     

     

     アームホールもしっかり細身でありながらも、もちろん下にちゃんとインナーを着られる太さ。

     

     

     腕周りは動かしやすく、しなやかに。

     

     着込んでいくとなお、より生地が馴染んでしなやかになっていくので、それも楽しみ。

     

     

     そして袖口まで、すっきりとした印象の袖口。

     

     

     で、袖口の内側が実はパイピングのコーデュロイになってます。

     

     

     前を開けると、中はよりキルティングの感じがわかりやすい。

     

     

     ひっかけられるループがついて、サイズ表記も。

     

     今回サイズは36(Sサイズ)・38(Mサイズ)・40(Lサイズ)・42(XLサイズ)でのご用意です。

     

     CIRCLEももちろん全サイズ入荷。

     

     サイズ感なのですが、比較的細めなキルティングジャケットですので、細かくご案内。

     

     先に申し上げましたキルティング「ジャケット」として着るスタイルの場合は、普段アウターがSサイズの方は36のSサイズ、Mの方は38のMと表記そのままの具合でお選びいただいて良い具合。

     

     それよりさらにキルティング「コート」的に、かっちりジャケットの上等にも羽織りたい場合は、ワンサイズアップが程よいと思います。

     

     ここはもうそれぞれの着方どちらでも綺麗なので、お好みにて。

     

     

     さらに、ラベンハムのネームがしっかり付きます。

     

     

     内装は濃いめの綺麗なネイビー。

     

     滑りが良く、袖通りも滑らかです。

     

     

     キルティングってやっぱり暖かい。

     

     秋冬の味方って感じがしますね。

     

     CIRCLE店主もキルティングジャケットは結構好きで、冬になると良く着ています。

     

     これも一着、自分サイズは確保。

     

     

     左の内側には、内ポケットが。

     

     そこにKUONさんネームがひっそりとついています。

     

     このスタイル、素敵ですね。

     

     

     内ポケットももちろん片面は刺し子になっていて、それも嬉しいもんで。

     

     

     後ろ姿のこのシュっとした感じが伝わると嬉しいのだけれど。

     

     刺し子生地が非常に豊かな味わいを出してくれている。

     

     

     普通のナイロンのキルティングジャケットとも、ここ数年はよく見かけるけれどウール素材をおもてに用いたキルティングジャケットとも違う。

     

     藍染刺し子生地ならではの風合いってやっぱりあるね、と。

     

     

     CIRCLE店主はこの試みをとても気に入っていて、しっかり展開したいと頑張りました。

     

     

     だって、羽織ってかっこいいのはもちろんのこと、モノとしてもはや綺麗なんですもの。

     

     そして今の所「次にまたやる予定はない」とまでKUONさんに言われたら、なおさらねぇ、と。

     

     もう、KUON好きとしては欠かせない一着になるなと感じています。

     

     

     背中の正面も良い雰囲気。

     

     渋さだけでなく、可愛さも感じられるのが良い。

     

     

     コーデュロイの色合いが、絶妙。

     

     

     後ろはサイドベンツ仕様になっているので、なお動きやすい。

     

     

     上品に着ながらも、しっかりと動けるように。

     

     

     着込んで行って、他の誰のものでもない、自分だけの味わいのキルティングジャケットに育つ一枚。

     

     最高でしょ、としか言えない。

     

     

     えー、この価格でこの素敵さはなかなか今後もなかろう、と思います。

     

     どうぞ、歴史的な一枚、楽しんでいただけたらと。

     

     販売はこちらも全国一斉に解禁ということになっていて、9月21日(土)より、となっています。

     

     店頭はもちろん21日よりご用意して参りますし、オンラインでは一足先に21日(土)になった時点からお求めいただけるようになります。(ページはすでに、公開しておりますが)

     

     コラボレーションでの特別アイテムゆえ、全国的にも限られた数での生産となりましたが、CIRCLEとしてはできる限りの枚数をお願いして在庫しました。

     

     ぜひ、KUONとラベンハムによる、これまでにない特別なキルティングジャケット。

     

     お楽しみくださいませ。

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM