<< KUON(クオン)のいつでもざっと羽織りたい、裂き織り帯パッチ・カバーオールについて。 | main | アトリエ倭(やまと)さんの、また新しいマステカッターと定規について。 >>
2019.08.28 Wednesday

KUON(クオン)さんに別注した、二重十字刺し子織・カバーオールについて。

0

     

     今日はブログを二つ書いています。一つ目のこちらのデニムバージョンも最高なので、どうぞご覧いただくたく思います。

     

     それに合わせて同時にご覧いただく方がきっとわかりやすいなと思ったので二つ目のブログ。

     

     今シーズンCIRCLEはKUONさんにまたちょっとワガママを言わせていただきました。

     

     CIRCLE別注として作っていただいたのは、今シーズン最高に気に入っている素材でカバーオール。

     

     いやもう、良いでしょ、良い。

     

     

     今シーズンのKUONさんの様々な素材の中でも、ドンズバで大好きな二重十字刺し子織生地。

     

     片面は墨染をイメージした墨色、片面は泥染をイメージした泥茶色。

     

     それぞれの生地をつなぎとめるように、太めの黒糸で十字で刺し子している具合に織った、二重織生地。

     

     これだけ面白くて風合い良い生地は、正直なかなか無いよと思っている。

     

     

     その生地で、どうしてもカバーオールが欲しかった。

     

     この大人上品なカバーオールの形に、十字刺し子の生地感は最高に合うと感じて。

     

     KUONさんには毎度無理いって申し訳無いなと思いつつも、デニムバージョンと共に楽しんでいただきたいものとしてお願いしました。

     

     

     もちろん、泥茶色バージョンと墨色バージョン、いずれも。

     

     仕上がってきて、もうなんの文句もありません、ただ素敵。

     

     早く秋が来れば良いさ、と思います。

     

     

     KUON CIRCLE別注 二重十字刺し子織 カバーオール 泥茶色バージョン ¥40,000+税

     

     これはかなり贅沢な雰囲気のあるカバーオールになったな、と。

     

     シックで落ち着いた風合いの生地と色合いが、カバーオールに絶妙にマッチする。

     

     

     ワークというよりももう、これはノーブル。

     

     綺麗目なジャケット的に着られる出来。

     

     

     泥茶色の色合いはまた美しくて。

     

     このカラーのトップスはとっても使いやすい。

     

     インナーブルゾンにしたときにも、上に色々なコートも羽織やすい。

     

     

     十字刺し子の柄はまるでうるさくなく、しっとりと美しい。

     

     

     生地の厚みはほどほどにありながらも、とってもしなやかな生地なので動きやすい。

     

     デニムバージョンともまた異なるフィット感。

     

     

     もちろん表が泥茶色なんで、中には墨色が見えてます。

     

     

     正面からの顔もとってもシック。

     

     

     デニムとまるでキャラクターの違うこの感じが、それぞれの面白さとしてきちんと出てよかった。

     

     

     綺麗ですね、ほんとこの生地は素敵。

     

     

     肩幅はやはりちょっとドロップするくらいな広さ。

     

     デニムバージョンよりも十字刺し子のこちらは、ほんの少し全体的に大きいです。

     

     ハーフサイズくらいの感じでしょうか、縮率の関係でゆとりある感覚。

     

     

     でもそれがまた、生地の雰囲気にもあっているしよかった。

     

     

     開閉の仕方やディテールそのものは、デニムバージョンと同様に。

     

     

     ボタンも同じで、これがまた合いますよね。

     

     

     ポケットもしっかりと。

     

     

     腰回りにも大きくどーん。

     

     

     

     両サイドに当然どーん。

     

     

     ポケットの中にはコットンで裏地がついてるので、ばりばり使いたい。

     

     

     アームホールの広さもほどほどで、中にしっかり色々着込んでも大丈夫。

     

     

     腕の動きも極めて快適です。

     

     

     袖先のカフでは、細さの調節が少しボタンでききます。

     

     もちろん、ボタンを外してラフに着るのも良い感じ。

     

     

     裏地、という感じはなくて二重織のこの生地が一枚仕立て。

     

     でも一枚だけれど構造的には二重の生地なので、墨色がこうして見えるのがまたよい味わい。

     

     

     たまらんですね。外からは見えないかもしれないけれど、脱ぎ着するときにも楽しさがあります。

     

     

     もちろん内ポケットもこうしてついて。

     

     

     サイズは今回の別注では、S・M・Lでお願いしました。

     

     SはS〜タイトMくらい、MはM〜タイトLくらい、LはL〜タイトXLくらいな感覚です。

     

     デニムバージョンよりほんのり大きい、くらい。

     

     なので中に着込むのが少なめな場合は、ワンサイズ落としてもそれはそれでキュッとタイトなフィット感で着られるとは思います。

     

     

     後ろ姿はさらにぐぐっとシック。

     

     デニムバージョンと違うのは、こちらには裂き織りの帯はありません。

     

     流石に総柄と柄帯になると、かなりがちゃっとしますから。

     

     

     いやはや、なんとも大人なこの空気。

     

     

     カバーオールをお願いしてほんとうによかったな、と感じる。

     

     

     着心地も良く、カジュアルにもシックにも便利で、ざっくりと多くのシーンで楽しみやすい。

     

     

     着込んでいくとなお、体へフィットし馴染んでいく。

     

     

     無論、ダーツが肩には入っていて、この切り替わる感じも良いアクセントで。

     

     

     スッキリした裾感もこの生地としてはとても似合っている。

     

     

     最高です、これはきっと気持ちよく羽織れるはず。

     

     

     KUON CIRCLE別注 二重十字刺し子織 カバーオール 墨色 ¥40,000+税

     

     裂き織りパッチがなくてもデニムバージョンよりもどうしても高くなった。

     

     これはもう単純に、十字刺し子織の生地が高いんですよね……やっぱり刺し子織は高級素材ではある。

     

     でも、その価格に負けないこの風合いの良さ。

     

     ちょっとだけ今回画像が赤っぽく写っててすみません。これまでの墨色と同じ色です、はい。

     

     

     カバーオールにすると最高に良いと思うんです、とデザイナー石橋氏に猛アピールをしたわけですが、正しかったなと。

     

     こんなカバーオール、他に絶対ないもの。

     

     

     ボタンを留めて着てももちろん上品ですが、前をあけてポケットに手を入れて着ると、これまた良いんです。

     

     

     着数はそこまで多く無いかもしれないけれども。

     

     でも二色作ってるのでがんばったと思う。

     

     

     よい襟元です。ノーブルで渋さもある。

     

     

     この表と裏で色の異なる十字刺し子織って、ほんと楽しい。

     

     しかも色の表現がものすごく上手く出てる。

     

     

     柔らかい生地感なので、ほんおりドロップする肩もクタっと良い空気。

     

     

     あ、もちろん内側はこうして泥茶色が見えているわけです。

     

     

     前の開閉は金属のスナップボタン。

     

     

     墨色にも似合いますね、このくすんだ真鍮色は。

     

     

     左胸のポケットがコロンとして可愛い。

     

     

     腰回りのポケットに手を入れるとかなり気持ちいい感じがします。

     

     

     秋にはもちろん、冬に素敵で、春先にもこの雰囲気は似合うと思う。

     

     

     袖先は太さも調節出来て。

     

     もちろんアームホールや腕もしっかり動くやすく、中に色々仕込んでもバランス良いです。

     

     

     前を開けると、一枚仕立てだけれどもちろん二重織なので表情が違う中がいる。

     

     

     右胸には内ポケット。

     

     

     こちらもサイズはS・M・Lで揃えました。

     

     

     後ろ姿がまた素敵なんですよねぇ、ほんとね。

     

     

     カバーオールらしい丈感があるのも、KUONさんのカバーオールの好きなところ。

     

     

     墨色もまた、クラシックで落ち着いていて素敵な。

     

     

     ボトムスはほぼなんでも合うでしょうね。

     

     

     洗濯する時は一応ネットに入れて、が良いなぁと思っています。

     

     

     肩のダーツ部分がやっぱり好き。

     

     

     デニムバージョンと違って裂き織りはありませんが、このシンプルさがまた十字刺し子には合う。

     

     

     それぞれの色の良さがあって、素敵な仕上がりです。

     

     

     どん!と墨色に泥茶色。

     

     店頭とオンラインそれぞれに並びます。

     

     別注なんで当然ですが、再生産とかは基本ないのでどうぞお早めに〜。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM