<< Workers(ワーカーズ)さんのボタンダウンシャツ、BBオックスバージョンについて。 | main | KUON(クオン)さんの塩縮ナイロン・コーチジャケットについて。 >>
2019.08.13 Tuesday

Workers(ワーカーズ)さんのボタンダウンシャツ、Dオックスバージョンについて。

0

     

     CIRCLE店主は店頭で接客をしていると、ちょっと色々と喋りすぎてしまうこともあります。

     

     なので「あ、これは聞いちゃったけど、あんまり他で言わない方が良いかな」みたいなことはどうぞ胸のうちにそっとしまっておいてくださいませ(笑)。

     

     正直なのは良いことだ!と思っていますが、正直すぎると結構大変なこともあるので困りものですね、うん。

     

     さて本日二つ目のブログは、1本目同様ボタンダウンシャツの今度はDオックスバージョン。

     

     BBオックスとはまた異なる質感があって、これがまた良いのです。

     

     

     今日の一つ目のブログでご案内した、BBオックスのボタンダウンシャツ。

     

     もちろんその定番的な使いやすさ、一年を通じた便利さも良くて。

     

     それに対してもう一つご案内するDオックスは、もう少し着られる時期は狭まるかもしれないけれど、でも独特な肉厚感と魅力があるボタンダウンシャツ。

     

     それぞれの良さがあって、どちらも素敵な子たち。

     

     この二つの素材が同じシーズンで同時に、同じ形で作られたのって初めてな気がしたので、わかりやすく比べて楽しんでいただきやすいようにしました。

     

     

     基本的なフォルム、形、ディテールはBBオックスバージョンと実は同じ。

     

     今シーズンはそういう意味では白とブルー、どちらでも生地違いでボタンダウンシャツを楽しんでもらえたら良いな、と。

     

     

     どちらが優れている、とかではありません。味わいと雰囲気の違い。

     

     なので好みはそれぞれ分かれると思いますが、それもまた面白いかな、と。

     

     

     Workers ボタンダウンシャツ Dオックス ホワイト ¥13,000+税

     

     全体的な形はやはりモディファイドフィットで、さっとアウターとしてもインナーとしても着やすい形。

     

     綺麗に体に馴染み、着込んでいくことでより体に沿って気持ちよくなっていく。

     

     

     パッと遠目から見るだけでは、ちょっとBBオックスとDオックスの差は見えにくいかもしれませんね。

     

     

     でも近づいてみると、そしてまた生地に触れると「あ、結構違うんだね」と感じていただけるはず。

     

     

     BBオックスが柔らかく軽やかで滑らか、だとすると。

     

     Dオックスは肉厚でがっしりしてしなやか、とそんな感じかなと思う。

     

     

     生地は5.8オンスのオックス。少しBBオックスよりも厚くなり、夏場はちょっと暑い。

     

     でも春秋冬のスリーシーズンはまたちょうど良い感じに着られて、真冬には肉厚感がむしろより暖かで良い具合。

     

     Dオックスは、ダンリバーオックスという感じ。ダンリバー社はいまはもう閉じてしまったけれども、かつてブルックスブラザーズさんに肉厚なオックスを提供していた生地メーカー。

     

     それが閉じたのはもう、10年くらい前になるでしょうか……。ダンリバー社の生地はボタンダウンシャツ好きには人気で、生地が終わるとなった時にはある意味で盛り上がったものでした。

     

     そんなダンリバー社のオックス生地を思い切って解体し、組成を分析して、再現するように作ったオックス生地がDオックス。

     

     なのでBBオックスとは質感はまた違うけれども、ある意味では兄弟的な感覚ですね。

     

     

     正面からの雰囲気も少しぐっと強い感じがする。

     

     

     形は変わらなくとも、生地の厚みや質感が変わると、白シャツでも雰囲気はやっぱり違うもので。

     

     

     襟はもちろんボタンを上まで閉めて着ても、開けてきても、なんならボタンをわざと外して着ても。

     

     

     BBオックスに比べて少し肉厚な分、フィット感で言えばごくごくわずかですがこちらの方がタイトに感じるかも。

     

     見た目ではなく、内寸の話なので体的に。

     

     

     こちらの生地も着込んで洗い込んでいくと、なお表情は出る。

     

     前たてはその表情も見えやすい部分。

     

     

     ボタンは割れにくい耐衝撃のプラスチック。

     

     

     左胸にはポケットがもちろん。

     

     

     モディファイドフィットで型紙は一緒ですが、着た着心地はそれぞれの面白さ。

     

     肉厚な分、こちらはさらっとというよりも、ぎゅっとした感じがある。

     

     

     でもそれを着込んでクタクタにしていくのもまた良いんですよね。

     

     

     パッカリングの出方や生地の陰影の見え方もまた違う。

     

     

     まるっきり同じ形で作ると、生地の違いがしっかり感じられて面白い。

     

     

     カフはもちろん調節可能。

     

     こちらも袖まくって着てももちろん素敵。

     

     

     ネームは同じく首元に集まり。

     

     サイズはこちらのDオックス版は14・15・16・17とちょっとおおきいサイズまで入荷してみました。

     

     14はS〜タイトM、15はM〜タイトL、16はL〜タイトXL、17はしっかりXLといった感じになります。

     

     

     後ろ姿がまた肉厚感を感じる。

     

     

     と行ってももちろん、ゴリゴリに硬いわけではなく、しなやかで着心地は良いです。

     

     

     なんというかDオックスはヘビーオックスな質感で、BBオックスはピンオックス的な質感。

     

     それぞれの良さです、これは。

     

     

     着丈の感じとかはもちろん一緒で、こちらもタックイン、タックアウトいずれでも。

     

     

     ボックスプリーツはボタンダウンシャツでは必須。

     

     

     こちらはどことなくツイードのジャケットとか合わせたくなる感覚。

     

     

     ぐっとしっかり感のあるDオックスバージョン。

     

     白シャツはもちろん欠かせない。

     

     

     Workers ボタンダウンシャツ Dオックス ブルー ¥13,000+税

     

     そしてもう一色、こちらでもブルー。

     

     でもBBオックスのブルーとは発色がまた異なります。

     

     Dオックスのブルーは、もう少し青そのものは濃いのだけれど、白糸の感じも濃いので全体としては淡く落ち着いたブルーに。

     

     

     ほんのりグレー感も感じるような、ブルー。

     

     

     これもまた、渋い雰囲気があって使いやすいですねぇ。

     

     

     ボトムストップス、なんでもござれはこれも一緒。

     

     

     肉厚感と表現はするけれども、織っている糸の太さ(番手)や打ち込みの感じが違うわけですね、つまり。

     

     BBオックスと比べて、こちらの方が糸は太い感じが近づいてみると分かる。

     

     どちらが好きかは、ほんと好みとスタイルの違い。

     

     

     キリっとした正面顔。

     

     

     生地にハリも感じられるので、襟はよりピシっとして見えるかも。

     

     

     こちらも洗いざらし、アイロンをかけてといずれでも良い。

     

     それぞれで出る表情は違うので、それも楽しみつつ。

     

     

     個人的には洗いざらしがDオックスは似合うなと思っているけれど。

     

     

     でも肉厚なシャツがかっちりしてる姿もまたかっこいいんですよね。

     

     

     タックインしても十分な長さはあって。

     

     

     アームホールも安心の動きやすさ。

     

     

     袖の長さも適度にあるので、ジャケットからほんのり覗く感じにできますね。

     

     

     ブルーもサイズは14・15・16・17で入荷してみました。

     

     16・17は滅多にCIRCLEではオーダーしないので、ちょっと珍しいんですけれどね。

     

     Dオックスは素材感的にも、大きく着る方も多いかもなぁというのもありました。

     

     

     後ろ姿からも生地のしっかり感が伝わるわけで。

     

     

     パッとみると違いは見えにくくても、よくみるとやっぱり佇まいそのものがそれぞれ別。

     

     

     BBオックス、Dオックス、それぞれの良さ。

     

     

     今シーズンはせっかくなら一緒に入荷して、違いを見て欲しかったので。

     

     

     CIRCLEにしては珍しく、一度にシャツがたくさん入荷となりました。

     

     

     ぜひ、この機会にご覧いただけたら嬉しく思います。

     

     

     このブルーもまた、良いでしょ。

     

     

     DオックスバージョンのWorkersさんのスタイリング。

     

     うん、同じ合わせでパッと写真だけだと、違いわかりにくいですね(笑)。

     

     

     でも生地のドレープの出方とか陰影の出方で、違いが見えたら素敵かな、と。

     

     

     ブルー、やっぱり結構明るく写っているけれども、生地感の参考までに。

     

     

     うん、よく見ていくとやっぱりドレープの差がしっかり分かる。

     

     

     と、こんな具合でオックスシャツが白とブルー、揃いました。

     

     Dオックスの肉厚感、BBオックスの柔らかさ。

     

     どちらもぐっと魅力的なシャツたちです。

     

     どうぞ、お愉しみくださいませね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM