<< 1年半ぶりほどに、ル・ボナーさんのコンフェ・ヴが仕上がりました!! | main | KUON(クオン)さんの、ぐっと魅力溢れるアップサイクル・襤褸パッチワークコーチジャケットについて。 >>
2019.08.09 Friday

KUON(クオン)さんの素材感とバランス感の良いボンバージャケット(フライトジャケット)について。

0

     

     台風10号はなんやかやと西に向かっていて、東京からはひとまず逸れてくれているのは良いのだけれど、ちょっと規模的にも西の方が逆に心配になるこの頃。

     

     ちょっとブログで細かくご案内出来るタイミングが難しいので、前置きで少しご案内。

     

     クラタペッパーさんより、完熟胡椒の2019ニュークロップバージョンと、緑の黒胡椒が入荷出来ました。素晴らしい胡椒たち、きっと黒胡椒の概念がちょっと変わってくれると思うので、引き続きお楽しみくださいませ。

     

     それと、堀口珈琲さんより「アイスコーヒーにしても最高に美味しい」という感じの珈琲豆も入荷してます。オリジナルのCIRCLEブレンドとCIRCUSブレンド、ストレートはかなり良いコスタリカ、アイスコーヒーに最高なエチオピア、そして個性と味わい豊かなルワンダです。

     こちらもFacebookではもうちょっと細かくご案内してますので、そちらも含めどうぞよろしくお願いいたします。

     

     さてそれでは本日のメイン。

     

     KUONさんの19AWは今月も入荷が来ています。まず飛び出しますは、19AWのパイロット的な感覚(いろんな意味で)、これは今シーズンの一つの中心的なアウターでもある、ボンバージャケット(フライトジャケット)です。

     

     これはかなりの良アウターです。素敵。

     

     

     ボンバージャケットという言い方はあんまり実はCIRCLE店主は好きではないので、ここから先は「フライトジャケット」と呼ばせていただきますが。

     

     いわばミリタリー系のジャケットで軽くて暖かくて、カジュアルシーンにもってこいなスタイル。

     

     それをKUONさんが仕立てると、なかなかどうして、こんな面白い具合になるのか!!という良さ。

     

     

     カラーは2パターンで、オリーブとネイビー。

     

     オリーブはフライトジャケット的な淡さだけでなく、しっかりオリーブ感がありつつ優しい光沢感が良い。

     

     ネイビーはぐぐっと色濃く、もはや墨黒的なニュアンスも感じさせつつ、ほんのりネイビー感。こちらも陰影が綺麗なカラーに仕上がっています。

     

     

     フライトジャケットって定期的に着たくなる。

     

     ただミリタリーなフライトジャケットそのものだったり、レプリカだったりすると、どうしても「かなり本物っぽい」感じになってしまって、実は結構スタイルを作るのが難しかったり、ちょっと古っぽくなってしまったりもする。

     

     でも素材感といい、機能性といい、そして基本的な見た目の雰囲気はやっぱり良いので着たくなる。

     

     KUONさんのフライトジャケットはそういう意味合いでもすごく良いバランス、仕上がりになっているなと思っています。ファッション的にも、機能的にも。

     

     

     KUON ボンバージャケット(フライトジャケット) オリーブ ¥49,000+税

     

     まずはフライトジャケットと言えばなカラーにも近い、オリーブで全体の概要をご案内。

     

     まぁもうすでにパッと見が「ひたすらカッコいい」とただ言いたくなるこの空気。

     

     シンプルなように見えて、素材やディテールなどの組み合わせで、普通とはまるで違う表情豊かなフライトジャケットになっている。

     

     

     フォルムも極端にボワっと膨らむ具合になっていなくて、ふわっとしているけれどもスッキリしている。

     

     これがまた嬉しいところで、フライトジャケットってどうしてものそっとした感じと言いますが、ちょっと野暮ったさが出る。

     

     それがまるでないスタイリッシュなフライトジャケット。

     

     

     見栄えだけでなく着心地も極めて良く、柔らかで動きやすい。

     

     さらに保温性としても十分に優れていて、またこちらも程よい塩梅で季節長くアウターとして楽しめるバランスに。

     

     

     これは展示会の前に、スタイルをちらっと画像で見た時から、「あ、これは最高だよきっと」と思っていました。

     

     いざ展示会で見てみると、少し気になったのは生地の硬さでした。でもその展示会の時にすでに、「量産ではこれがもうちょっと調整されて、しっとり柔らかくなります」という話で納得。

     

     仕上がってきてみると、そりゃもう心地よい出来だったので嬉しいもので。

     

     

     表のボディ素材は塩縮加工を施した高密度なナイロン。

     

     このナイロンがそもそも肌感として滑らかで柔らかな良いナイロンなのだけれど、そこに塩縮加工で縮絨することによって、ツルっとした感じではなくぎゅっとヒダを寄せたような独特なシワ感が入る。

     

     この立体的なシワ感が良い表情を出していて、フライトジャケットにありがちなのっぺりとした感じを排除してくれている。

     

     それでいて立体感のあるシワゆえ、生地にも陰影がまた生まれて、素材感豊かに。

     

     

     塩縮したことによって見た目だけではなく、機能的にも優れて。

     

     軽さがありながらも生地が密により丈夫に。

     

     そしてまた水気にも一層強くなって、秋冬のアウターとしては素敵な機能性に。

     

     

     正面から見た顔のミニマルな感じも素敵。

     

     ミリタリーっぽさが出過ぎず、ノーブルなブルゾンとしての顔がある。

     

     

     襟のサイズがやはりポイントだなぁと感じます。

     

     ここが丸く大きかったりすると思い切りミリタリー感。

     

     でもこのサイジングと形だと、スタイリッシュなブルゾン感。

     

     

     襟にも生地による表情があって、それもまた素敵。

     

     

     肩幅は適度なゆとりがありつつも、アウターなので中に着込むことなどを考えられた分くらい。

     

     

     前の開閉はファスナーで。この動きもスムーズです。

     

     

     ファスナーはダブルではなく、シングル。

     

     シンプルな機能性にしてそれはそれで良い。

     

     

     左胸にはアクセントが一つ。

     

     ボディ素材と同じ塩縮加工を施したナイロンを細く裂き、あえて裂き織りに仕立てたワッペンが付きます。

     

     この感じもミリタリーなディテールっぽくありつつも、あくまでもノーブルに。

     

     

     ここはベルクロ仕様になっているので、裂き織り部分を外して着ることも出来ます。

     

     これはもちろんお好みですが、個人的にはつけた状態の方が好きかな。

     

     

     ボディそのものはゆとりありつつも、古着やリアルな軍モノのようにぼってりしていない。

     

     スッキリと着こなせるので、ボトムスの相性も結構なんでも合ってしまう。

     

     ワイドやゆったりしたパンツにも良いですし、もちろんスリム系にもスタンダートフィットにも。

     

     

     腰回りにはフラップ付きのポケットがしっかり。

     

     

     パーツ一つとっても、この塩縮加工によって表情が豊かに。

     

     

     フラップはベルクロ。

     

     

     中は同じくナイロンが柔らかいので、手を入れた時にも感触は良いです。

     

     

     着丈はジャケットやカバーオール等と比べると短めではあって、フライトジャケット的。

     

     でもフライトジャケットとして見てみると、しっかりちょっとだけ長めに着丈はとってくれているので、野暮ったさが出ない。

     

     これがまた嬉しいところですね。

     

     しかも、裾リブはコットンであしらわれますが、これもキュッと絞りつつ絞りすぎない塩梅。バランスが良い。

     

     

     リブがきつすぎると、いかにもな感じになりますからね。

     

     

     アームホールは広めに、中にシャツやニットを着ても動かしやすい太さ。

     

     

     腕もゆとりはありますが、袖を通すとそこまで太く感じない作り。

     

     

     袖丈は長すぎず、袖が余りすぎないようにしてくれているので、これも全体のフォルムに良い影響が。

     

     

     そして袖先にもコットンリブ。

     

     ちゃんと風を防げるくらいには伸縮してくれてます。

     

     

     そして左腕にはフライトジャケットらしくポケットが。

     

     

     こんな具合で横からはファスナーポケットで。

     

     

     続いては前のファスナー開けると、きちんと中にはファスナーからの風を防ぐためのディテールもしっかりと。

     

     

     中はポリエステルで、フライトジャケットらしいオレンジで。

     

     元々は非常時にオレンジの面を表に出して、目立つことでレスキューが早くなるようにという感じだったり、より乾きやすい素材にするためだったり、色々あったようですが。

     

     ともあれそういう部分は踏襲しつつ、綺麗なオレンジ。

     

     

     そして全体に施されたキルティングのステッチでお分かりいただける通り、このジャケットは中綿入り。

     

     これがまたバランス良いんです。

     

     中綿はポリエステルで「多すぎない」。これ、ほんとポイント。

     

     クラシックなMA-1とかだと中綿にはウールを入れて保温性をとかもあるけれど、それよりも扱いやすく軽く。

     

     そしてダウンを入れたりポリエステルにせよたっくさん中綿を入れると保温性はもちろん上がるけれども、着た時にもっこもこ感が出過ぎてかっこよくない。

     

     この中綿量バランスが非常に良い今回のフライトジャケット。ちゃんと暖かい、でもちゃんとスタイリッシュ。

     

     

     左の内側には表生地と同生地でポケットが。

     

     そしてそこにKUONネーム。サイズ表記はここにはなし。

     

     

     サイズはこのタグ部分にあります。

     

     今回はS・M・Lと入荷。

     

     サイズ感としては基本的には普段のアウターがSの方はS、Mの方はM、Lの方はL、が程よいです。

     

     中綿も入っているので、外寸よりも少し中は狭くなるのでサイズは下げすぎず、普段通りが良い。

     

     もちろん中に着るものを薄くしていけばワンサイズ落としたりして着るくらいの余裕はありますが、着丈感なども考えるとやはり通常通りのサイズ選びがベストのように思います。

     

     

     続いては後ろ姿。後ろはパーツなど特になく、極めてシンプル。

     

     

     でも、シンプルだからこそ塩縮加工のナイロンの表情の面白さがアクセントになってくれる。

     

     

     背中でも語ってくれるブルゾン。

     

     

     肌寒くなった時にざくっと羽織るのに本当に便利。

     

     秋にはシャツやカットソー上のアウターに。

     

     冬にはさらにベストやニット、スウェットなんかも着込んでアウターに。

     

     

     しかもこうして塩縮加工等でシワ感あると、正直自宅での洗濯も気が楽ですよね(笑)。

     

     ネットに入れてエマール等中性洗剤で洗ってあげれば基本オーケー。

     

     

     背中のこの縮みによる表情がまた良いのです。

     

     

     後ろの裾リブも良い雰囲気で。

     

     

     とオリーブと言ってもミリタリー感全開!!ではなく、良い具合にノーブルさとスタイリッシュな空気が入った一枚に仕上がっています。

     

     

     KUON ボンバージャケット(フライトジャケット) ネイビー ¥49,000+税

     

     続いてはネイビーも見てまいりましょう。

     

     このネイビーがまだ独特な色合いで、しっかり濃い。

     

     もはや墨黒と言っても差し支えないくらいに濃い目なのですが、黒いものと並べるとやっぱり淡い感覚がある。

     

     

     フライトジャケットと言えばオリーブ、という感じは確かにありますが、実はネイビーもフライトジャケットではある色味。

     

     これがまた実は使いやすくて、CIRCLE店主は数十年前のフライトジャケットL-2Bはネイビーで気持ちよく着ていたりもします。(陸上用で裏までネイビー)

     

     こうしてスタイリッシュなデザインになるとまた、ネイビーはぐっと映える。

     

     

     基本的なディテール、素材はもちろんオリーブと同様。

     

     

     でも濃いネイビーになるとまたぐっと雰囲気が変わる。

     

     濃い目の色味だけれども、光沢と陰影が良い具合に出るのが素敵なところ。

     

     

     塩縮させたナイロンはやっぱり良い素材感。

     

     

     展示会でこの素材を見た時に、良い加工してくれるなぁと思ったものです。

     

     好きなんですよね、塩縮。

     

     

     正面からの顔はまた、とってもノーブル。

     

     裏のオレンジとのコントラストも美しい。

     

     

     襟はこの落ち着いた大きさが合わせやすい。

     

     

     肩幅も広すぎず、アウターとしてはちょうど良いゆとり加減。

     

     

     ファスナーはこちらももちろんとってもスムーズ。

     

     

     基本は防寒ジャケットですから、ダブルファスナーでなくてもちろん良い。

     

     

     胸の部分にはやはりネイビーの塩縮ナイロンを裂き織りにしたパッチが。渋い。

     

     

     良いですよね、この濃いカラーなのにしっかりと陰影が感じられて、立体感がある。

     

     

     のっぺりとしないことで、濃い目の色も軽やかさが出る。

     

     

     ちなみにこのフライトジャケット、全体の重さも結構軽めです。

     

     見た目よりもさらに軽いかな、と思っていただけるはず。

     

     

     裾リブの色合いも良い具合。

     

     

     アームホールの広さはアウターにとって大事。

     

     狭すぎて中着込めません、じゃキツイですもの。

     

     

     腕にもしっかり味わい感じられる。

     

     

     袖先のコットンリブも気持ちいい。

     

     

     この左腕のポケットは実用というよりもデザイン。

     

     もちろん、使ってもらっても全然大丈夫ですけれども。

     

     

     ファスナーを開けると、風除けもばっちりで。

     

     

     内装のオレンジが効いてます。

     

     

     この中綿具合、ほんとに良いんです。

     

     やりすぎてない感じ。この塩梅って難しいと思うのだけれど。(ついついオーバースペックよりに詰め込みたくなるものなので)

     

     

     そしてもちろん内ポケットも。

     

     サイズはネイビーもオリーブ同様、S・M・Lで入荷です。

     

     

     後ろ姿も渋いでしょ。

     

     

     これ、着込んで行ってなおしなやかさが出て、陽で少し色が焼けて行ったりするとまた素敵な感じがする。

     

     

     見た目だけ、機能だけ、でなく着心地ももちろん良いのです。

     

     

     やっぱりそこは大事ですよね。さっと手を伸ばして着たくなる楽な感じ。

     

     

     色合いは悩ましいところだけれど、どちらの色もとても使いやすい。

     

     

     このシワ感を活かしながら楽しんでほしいものです。

     

     

     秋からバリバリきっと活躍してくれます。

     

     まだ今は暑いけれど、アパレル業界はどうしても年々早くなっているので、どうぞちょっと季節先取りですがお楽しみを。

     

     

     ぐっと雰囲気良いアウターさんです。

     

     ラフに着崩すもよし、綺麗に着て上品なミリタリーにするもよし。

     

     これはかなり使える中綿アウターさんです。

     

     どうぞ、お楽しみくださいませね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM