<< Circus of Happinessのベーシックシャツについて 7(在庫状況について) | main | Haze(ヘイズ)の和蝋燭(わろうそく)の夏について >>
2014.07.07 Monday

石川硝子工藝舎(石川昌浩)のガラス製品の入荷について

0


     先日、Facebookにて先にお知らせをしておりました、石川硝子工藝舎こと石川昌浩さんの硝子製品が、ずらっと、本当にずらーっと入荷致しました。

     これだけの量の石川さんの硝子が店頭に揃うのは、そうないこと。

     個展など以外で、ここまでたくさんの作品が並ぶのは珍しいと思います。

     定番もありながら、また色々と素敵なガラスばかり。まず今日は、入荷があったものを整理してご案内致します。
     

     岡山で一つ一つガラスを吹く、石川昌浩さん(石川硝子工藝舎)。そのあたりについては、過去のブログ記事などもご覧頂ければと思いますが、ハチミツ色をした優しい風合いでありながらも、丈夫でがっしりと強いガラス作品を生み出してくれます。

     CIRCLEの店頭でも多くの方にご好評を頂いており、嬉しい限り。日常の生活の中で、どことなくほっと出来て、気分が暖かくなるそんなガラスたち。

     コップやグラスが主体となる石川さんですが、今回の入荷でものすごく様々な種類のグラスや器が揃いました。

     そのどれもが美しく、使いやすく、それぞれの用途で愉しみたくなるものばかり。



     店内も色々と調節をしながら、石川硝子工藝舎ゾーンを一段まるごとにしてみました、どーんと。

     なかなかの迫力です。

     定番あり、一点ものあり、そして独特の世界観があり……の一段。

     それでは、まずは今回の入荷をご案内。

     と、今回の入荷はまだ反映出来ておりませんが、これまで在庫があったものは、ガラス製品もオンラインショップでお求め頂けるようになりました!
     今回入荷の品も明日・明後日中にはアップ致しますので、ご遠方の方などはどうぞご利用下さいませ。



     石川硝子工藝舎(石川昌浩) 角瓶 ¥10,000+税

     まずは、大物として独特の肌目が面白い、四角い角瓶。

     CIRCLEのオープン当初に六角形の六角瓶というものがありましたが、それの四角バージョンという具合。

     四角の広い面に、木型の跡であろう特徴的な模様が入り、表情が非常に豊かです。



     花瓶のようにしてお使い頂くのも良いですし、この形状ですから、やはりお酒などを移して頂いて愉しむのも素敵。

     かなりどっしりとした重厚感のあるガラスですので、リビングでもダイニングでも、存在感はひとしお。



     口元はキュッとすぼまったような口。このあたりの造型も、石川さんらしい可愛さがあります。

     コルクなどを削って、ここのポンと差し込んでも美しいですね。やってみたいところ。



     全体のフォルムも愛らしい。手触りもすべっとしていて心地よく、ありそうでなかなかない角瓶。

     このまま使い込んで、いろいろなキズや汚れも付いたりして、そんな風に使った時にアンティークのような風合いを醸し出します。

     想像しただけでも、良い佇まいです。

     この角瓶は普通に待っているだけではなかなか吹いて下さらないので、結構前からリクエストを入れていました。なので、置いているショップ自体少ないかも。



     石川硝子工藝舎(石川昌浩) 網目ぐい呑み ¥2,300+税

     久方ぶりにようやく入荷をした、網目模様のぐい呑み。

     ぽってりと丸いフォルムをしたぐい呑みですが、これが日本酒にものすごく良いのです。

     量としては半合よりも少ないくらいですが、ほどよく1杯を気軽に飲める分量。

     注いだ時の網目模様の美しさたるや……。



     また、石川さんのガラスは比較的ぽてっと厚めになっているため、口当たりがとても優しい。

     日本酒をはじめとしたお酒は、味がとてもまろやかに感じられるようになります。尖っていた部分のカドが取れるような味わい。

     もちろん、これからのシーズンでは冷茶などを入れて頂いてもとってもオシャレ。

     あつーい時にぐいっと一杯麦茶や緑茶を飲むには、最高のおもてなし。

     網目のぐい呑みは、始めの入荷の際もとっても好評を頂きました。今回も、数個ではありますが、しっかりと入荷です。



     石川硝子工藝舎(石川昌浩) 網目ワイングラス ¥4,500+税

     そして、ぐい呑みと同様に人気であったのが、網目ワイングラス。

     ちょっと背の低い、どことなく昭和的な空気も漂うサイズのワイングラスですが、やはり網目模様が綺麗。

     ここにワインをとくとく注ぐと、その色合いと相まってまた素敵な表情になります。

     白も勿論良いのですが、赤を注ぐとグラスの雰囲気ととってもよく合う印象。



     この網目ワイングラスも、やっぱりリクエストしていました。

     ワイングラスは普通のコップなどよりもかかる工程数がどうしても多いため、日常的にはあまり吹かない類い。

     お願い出来ないかなぁ……と頑張っていたら、今回も吹いて下さいました。



     ぽってり、ちょこんと可愛いステムも良いです。

     ワイングラス、なのですけれど「葡萄酒」という言葉の響きの方がしっくりくるグラス。

     ワインタイムが、また少し愉しくなるアイテムです。



     石川硝子工藝舎 網目片口 ¥2,800+税

     これまた、ちょっと珍しいモノも入荷です。一点もの的な扱いで入ってきましたが、網目模様の片口です。

     先ほどのぐい呑みたちを合わせて使っても良さそうな雰囲気。

     もちろんお酒でも良いですし、普段はサラダ用のドレッシングを作ってこの片口に入れて、テーブルにサーブするのも素敵ですね。

     急に、オシャレな雰囲気になりそうな。



     網目をつけたあとに、口をぐにゃりと。

     この口の形は一発勝負みたいなものですから、作家の個性が出たりもします。

     可愛い雰囲気なのは、やはり石川さんだからこそ。

     偶然か必然か、液切れも良さそうです。



     トン、と置いているだけでも雰囲気のある片口。

     時折吹かれることがありますが、実物を見れたのはかなり久しぶりです。ほとんど、個展などでも見かけませんし、作ってもすぐに店頭から消えているイメージ。

     まぁ、この風合いを見ていると、うなずけます。入荷して良かった。



     石川硝子工藝舎(石川昌浩) 猪口(無地) ¥1,800+税

     こちらも、CIRCLEではお初の入荷である、猪口(ちょこ)。

     網目柄ではなく、至ってシンプルに無地で仕立てたそばちょこ。といいながらも、そばちょことしてだけでなく、様々なフリーカップとして使えるもの。無地といっても、下の方には石川さん特有の凹凸の柄があります。

     夏にそうめんなんかですとそばつゆを入れたいですし、冷製スープのガスパチョなんかもカッコいいかも、

     それ以前に、単純にフルーツをもったり、日常的にヨーグルトにジャムをぽんと乗せたりしても素敵。



     シンプルゆえに、いざあると便利なもの。

     大きさとしては小グラスと中グラスの間くらい。すっぽり手に収まるようなサイズ感です。



     石川硝子工藝舎(石川昌浩) 八角コップ(ラムネ色) ¥2,000+税

     こちらは、ごくたまにしか吹かれない色ガラスにて。

     先日の入荷した葡萄色に対して、こちらは爽やかな青緑のラムネ色。

     そして形も異なり、八角形になった底からぐいっとコップに。



     底の方は、分厚さがあるため色が濃く感じられます。

     八角までくると形状としてはかなり円に近くなってきますが、手の収まりはとても良い形です。



     爽やかなラムネ色は、まさに夏のイメージ。

     葡萄色の六角と並んで、とても綺麗に店頭に彩ってくれます。



     さっと出てきたコップがこんな愉しいコップなど、ちょっとテンションが上がるかもしれません。

     サイダーも良いですし、レモネードなんかも合いそうです。



     石川硝子工藝舎(石川昌浩) 網目コップ 中サイズ ¥2,500+税

     そして、定番の網目コップも入荷しました。もう少し先になってしまうかなぁ……と思っていましたが、本格的な夏を前にしっかりと。

     これはもう、単純に使いやすくて便利なコップ。毎日のためのガラスです。



     石川硝子工藝舎(石川昌浩) 網目コップ 大サイズ ¥2,800+税

     そして網目の大サイズもしっかり入荷しました。一つ一つほんの少しずつ異なる網目も、また良いもの。

     大サイズは容量がたっぷりなので、麦茶でもジュースでもなんでもしっかりと愉しめます。

     店主は、日常的にこの大サイズでいろいろと飲んでいます。


     と、いうところが今回分の入荷となっています。初めてのものも定番のものも様々。

     角瓶や片口のように、1点ものとして入荷しているもの以外は、それぞれ数個ずつ入荷していますので、幾つか合わせて使って頂くのも良いですし、店頭では個体差などを比べて頂くことも可能です。

     是非、石川さんの素晴らしい硝子を、それぞれご堪能頂ければ嬉しく思います。

     明日は、かなりたくさんになった石川硝子工藝舎のガラスたちを、改めてまとめてご案内致します。オンラインショップでも、それぞれをご覧頂けるようになりますので。



     CIRCLE
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2019.01.16 Wednesday 14:50
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM