<< CIRCLEの4月(2019年4月)の営業予定について。 | main | 久しぶりな仕上がりの、ル・ボナーさんの天ファスナーブリーフについて。 >>
2019.03.29 Friday

Circus of Happinessの新作、コンパクトで多機能なマルチコインケースについて。

0

     

     あと週末の土日で3月も終わりだなんて、本当に早くて驚きます。

     

     この調子できっと上半期がすぎて、かと思えば秋の訪れを感じて、あっという間に年末……なんて。

     

     数日後には新元号が発表されて、きっと4月はまたなんだかフレッシュな気分になるのでしょう。実際変わるのは5月だとしても。

     

     その前にこの3月を、しっかり頑張ったなと思えるように明日明後日の土日をバリバリ乗り越えたいと思います。

     

     何卒、よろしくお願いします。

     

     さて、そんな本日はなんと突然届いた新作の出来上がり。

     

     Circus of Happinessで昨年からずっと計画していた新しいかたち。

     

     マルチコインケースがついに完成です!!

     

     

     Circus of Happinessの革小物は、ありそうで他にない何かを作ったり、純粋に「こういう形って面白いよね」というものを考えたり、ある意味ではCIRCLE店主が好きなように色々とリリースさせてもらっています。

     

     今年はまた少し、その辺りも整理しようかなと思っているけれども、その前に新しい仲間が加わります。

     

     昨年からずっとかかっていたこのアイテムは、なんだか。

     

     ミニL字ウォレットと同じく、Circus of Happinessには無くてはならない形になってくれたように思います。

     

     

     コインケース、小銭入れ、マルチケース、どの言い方がぴったりかはわからないなので、マルチコインケースと呼ぶことにしました。

     

     いわば、メインの機能としては小銭入れなのだけれども、それだけではなく、もう少し多機能に色々楽しんでいただけるようなケース。

     

     ミニ財布ともまたちょっと違う感じはするけれども、そういう風に使うことも出来るし、でもやっぱりコインケースとしての機能が中心。

     

     

     今回はネイビーブルーをサンプルに全体の概要を細かくご案内です。

     

     Circus of Happinessのドラーロ・ブッテーロシリーズでのリリース。

     

     

     パッと見た感じは、Circus of Happinessのお財布であるセミロング・ギャルソンウォレットに似ています。

     

     見た目のデザインや発想としては、それを踏襲した形。でももっと小さくて、ミニマルな空気。

     

     大きさは横幅が10.3cmほど、縦が7.5cmくらい。

     

     クレジットカードなどのカードより、一回り大きいくらいな感じのサイズ感。

     

     

     このサイズ感が欲しかった。ミニL字よりもさらに小さくコンパクトに。でも小さすぎて小銭が満足に入らないなんてことはないくらい。

     

     サンプルは結局また何回も作って、最終調整をしてやっと量産できました。

     

     もはや最後は「3mmこうしたいけれどどうする?」と言いつつ、「いや、4mmだと大きいよ」とか、たぶんそんな1mmの何か最終的に違うんだと言われかねない調整をしての完成。

     

     いやはや、良いバランスに仕上がりました。この絶妙なサイズが良い。

     

     

     ちょっと独特な構造なマルチコインケースです。でもこれは、きっと最高に使いやすい。

     

     厚みも厚すぎず、でも薄くて頼りないこともない。

     

     

     手にすっぽり入るこの感じ。

     

     あらゆるポケットにスポっと綺麗に収まりやすいはずです。

     

     

     ル・ボナーさんの残心シリーズ小銭入れと比べると、ほんのわずか大きい。

     

     

     で、Circus of HappinessのミニL字と比べると、しっかりちょっと小さい。

     

     日常的にも取り回しやすく、また出張や旅行の際にも日本、あるいは海外でも重宝するようなケースを目指しました。

     

     

     背面にはシンプルにカードポケットが設けられていて、現代では必須なICカードを入れるに便利。

     

     

     こんな風に。しっかり厚いプラスチックカードを入れてます。

     

     

     カードの取り出しもしやすいようにポケットの形や深さはまた良い塩梅に。

     

     もちろん、縫製のない部分にはネンも入れてます。

     

     

     フラップを開けると、すでにちょっと独特な感じがにじみ出ているこの感じ。

     

     しっかり入れたい機能やディテールは盛り込みつつ、でもちょうど良いバランスになるように色々と引き算もして。

     

     見栄えとしても良い感じになったな、と。

     

     

     フラップ部分の裏は、ブッテーロにて。

     

     Circus of Happinessのロータスロゴはここにひっそり。

     

     

     で、スナップボタンのホックがついてます。

     

     これはもちろん、Circus of Happinessではおなじみの、YKKシュトッコ。

     

     このホックは一般的な金属ホックとはそもそも異なる構造で止まってくれる。

     

     スナップボタンの消耗が極めて少なく、数値上でいえば通常のホックの10倍強い。

     

     実際使っていても、年数たってもパチパチっと心地よい硬さがしっかり残って、ほんとこのホックは優秀で素晴らしい。

     

     

     ホックの色だったりサイズなどが少ないからか、あるいは存在そのものがまだマイナーだからか知らないけれども、このサイズのホックを使うなら迷わず選びたいくらいに良い。

     

     それくらい強さもそうだけれども、ホックボタンを留めた時の感触が気持ちいい。

     

     

     前面や外装は、イタリアはワルピエ社のドラーロ。ワルピエを代表する皮革のブッテーロに型押しを施して、さらに雰囲気よくグレージングを施した皮革。

     

     随分とドラーロも色々なところで見かけるようになってきました。それはね、嬉しいことです。

     

     Circus of Happinessで採用した時には、また本当に数えるくらいのところした使っていなくて、「型押しで良い革なんてほんとかよ」と思われていたと思うけれど。

     

     でも、良い革です、やはり。使ってなお、そう言える。

     

     表面は型押しのおかげともともとの革質の良さもあってか、傷がかなりつきにくく、少しついても使っているうちに少しずつ復元するような感覚。

     

     使っていくと色合いは変化し、ツヤ感は透明感を帯びてしっかり強くなっていく。

     

     型押し革だから味が出ないなんてことはないのです。しっかりそれを証明してくれて、面白さをぐっと味わわせてくれる革。

     

     

     まず、手前部分にフリーポケットが1室あります。

     

     

     その後ろにはさらに、フリーポケットがもう一室。

     

     ここの構造はギャルソンウォレットと同じく、ジャバラというかアコーディオン的な構造にしていて、それがまた良い雰囲気。

     

     ポケット部分は中は床面を見せるように作っています。

     

     ここはコスト面ももちろん大きい理由の一つ(ポケット全てに裏を貼っていくと、なかなかな価格になってしまった)で、もう一つはブッテーロの床面の色合いの綺麗さも良いよね、と。

     

     

     ここはカードをすっと入れていただくのにちょうど良い。

     

     一番手前に一枚、もう1室の方に二枚入れてみています。しっかり良い収納力。

     

     

     でも、こんな風にお札を折って入れることも可能。

     

     五千円札と千円札2枚の計3枚をフリーポケットに入れてみています。

     

     手前部分にはカード1枚は変わらず。

     

     全然余裕。

     

     

     なんなら、お札入れたところにもう一枚カードも入るなってくらい。

     

     使い方は自由に。

     

     お札は四つ折り、あるいは三つ折りにて。

     

     

     そしてこちら側がメインのコインスペース。

     

     ここの構造もちょっと独特。

     

     

     かなり広いマチになっています、形も特殊。

     

     もちろん、ここもブッテーロ。

     

     

     この形にすることで、メインのコインスペースがまるでボックス型小銭入れのように、ドカっと広く開く。

     

     広く開くと言うことは、しっかりコインをみやすく、探しやすい。取り出しやすいし、入れやすい。

     

     容量としてもゆとりが生まれ、しっかり収納力が高くなる。

     

     

     コインが広がる背中部分にはブッテーロをしっかり内装に貼って、滑りよく。またコインによる革の汚れも目立ちにくくなる。

     

     

     マチの部分は裏貼りなし。

     

     これはコスト云々ではなく、貼った状態と貼らない状態だと、貼らないで少し厚めにする方が柔軟性が高く、純粋に使いやすかったから。

     

     

     ポケット側の部分は革の床面を見せてます。これは一つはどちらかといえばコスト面が大きい。

     

     ここも裏に貼ればもちろん見栄えは良いのだけれど、「あくまでもコインケースとしての価格」は大切だな、と思っていた店主としては、ここはシンプルにすることでより使いやすい価格にしたかったので。

     

     

     ジャラジャラとコイン入れてみましょうね。

     

     これで500円玉2枚、100円玉5枚、50円玉2枚、10円玉5枚、5円玉2枚に1円玉が4枚で計20枚。

     

     ものすごく余裕です。かなりゆとりあって入る。

     

     

     さらにドバっと増やして、500円玉を3枚、100円玉を7枚、50円玉3枚に10円玉7枚、5円玉3枚に1円玉7枚で計30枚。

     

     これだけ入ればまずコインケースとしては十分すぎるほど十分。しっかり入ります。

     

     容量は大切なポイントで、その兼ね合いで大きさのバランスもかなり考えました。

     

     これ、500円玉だけでも20枚以上収納できるように、を基準にもしました。なかなかすごいですよね。

     

     しかもこれだけザバっと広げられるから、かなり見やすく取りやすい。

     

     

     コインたっぷり入れでも、厚みはほどほど。

     

     

     こちらから見ると、何も変わらないくらい。

     

     

     ついでに、カードとお札も入れてます。

     

     コイン30枚、カードが前に2枚と背面に1枚。そしてお札は5千円札1枚に千円札2枚。

     

     まさかそんなに入ってるとは思えないこの感じ。

     

     

     小さいけれど、すごい子なんです、実に。

     

     ミニL字ウォレットよりはカードやお札はもちろん入りません、比べるとちょっとだけ。でも、コインはむしろこちらの方が多く入ります。

     

     使い勝手や使い方によって、それぞれの良さがあるなと思っています。

     

     

     やはり、こちらは「小銭に特化したケース」には違いなくて。それが作りたかった。

     

     これだけ世間や国が「キャッシュレス決済!!」と盛り上がる中、職人にも「これからコインケースっているの??」とか言われたりもしたけれど、絶対必要だよねと思っているCIRCLE店主。

     

     結局、日本では小銭はまだまだ必須なんです、あらゆるシーンで。

     

     カードやIC系が使えないお店もあれば、機材側のトラブルで急に使えないことや、小銭でさっと済ます方がむしろ早いというシーンも多々ある。

     

     だからこそ、マルチコインケースという形であれば、カードなども少し入れつつ、小銭を持っておきたい状況にも便利に対応できるな、と。

     

     もっとスマートにお札とカードメインで小銭少なくで薄くそれっぽくも出来るけれど、正直それならミニL字財布のようなウォレットをポケットに入れる方が絶対楽だし便利。

     

     そうではない小銭特化の選択肢としての新しい形、です。きっとこれも便利なはず。もはや、ミニL字とこのマルチコインケース二つでも、ほぼ日常は足りてしまうかも。ものすごくスマート。

     

     

     コバ面は相変わらずの顔料は塗らずに、磨きで仕上げです。

     

     ブッテーロは色がしっかり出てくれるので、これも綺麗ですしね。

     

     

     ギャルソンウォレット的にしていることでコバも多くあって、その連なりも良い。

     

     

     内容量が少ない時はペシャっと潰れる感じもなるので、量に応じて薄さはもちろん変わります。

     

     まぁこれを邪魔に感じる、ということはきっとないくらいの厚みです。

     

     薄い部分で1.3cmくらい、ふっくらさせてフラップを測って2.4cmくらい。

     

     

     このマルチコインケースは、個人的にものすごく気に入っています。

     

     最高に良い雰囲気に出来たと思う。

     

     きっと、使う方それぞれに合わせて、良いバランスで愉しんでいただけるのではないかな、と。

     

     

     Circus of Happiness マルチコインケース ブラック ¥15,000+税

     

     価格は、出来るだけ毎度のことのように頑張ってますが、やはりここまで構造こだわって革を使うと、これくらい。でも相当頑張ってます。あ、このマルチケースには巾着はつきません。箱は付きます。(箱ではなくて代わりに巾着欲しいわ、という場合はまぁなんとかそれでも……頑張ります。それはお声がけください。)

     

     では各色を見てまいりましょう。まずはブラック。

     

     今新しくブラックのドラーロをエイジングサンプル的に使って行っていますが、やっぱりブラックの良さってありますね。

     

     しっかり黒が育っていく。光沢感もぐっと渋く強い。

     

     

     欠かせない色です、やはり革には。

     

     

     ステッチもブラックなので、引き締まった雰囲気。

     

     

     中はこんな具合です。

     

     床面が見える部分ももちろんありますが、ブッテーロは中まで色が付いている芯通しの革なので、これもまた綺麗なのです。

     

     

     Circus of Happiness マルチコインケース チョコ ¥15,000+税

     

     革に欠かせない色はもう一つ、やはりダークブラウンと言いますかチョコ色は必須。

     

     味わい深く、エイジングをしっかり味わえるこのカラー。

     

     濃いめにこげ茶になる方もいれば、少し赤みが見えてくる方も。使い方次第のエイジング。

     

     

     ドラーロのチョコ色って、なんだか好きです。ぐっと奥行きがあって。

     

     

     ステッチはもちろん同色にて。

     

     

     ドラーロ・ブッテーロのシリーズでは、チョコ色のみは内装の革をブッテーロではなく、マレンマのチョコを使っています。

     

     マレンマは同じワルピエ社の皮革で、ブッテーロのさらにオイルが多いバージョン、のような感じ。

     

     これは全体の色のバランスを見たときに、このマレンマのチョコの方がドラーロのチョコの空気によく似合っていたから。

     

     

     Circus of Happiness マルチコインケース キャメル ¥15,000+税

     

     続いてはもう少し薄い茶系で、キャメルも大事。

     

     ぐっと色濃く育っていくキャメルは、やっぱり育てがいがありますね。

     

     

     ドラーロのキャメルは型押しの兼ね合いで、シボ模様の凹凸で色の感じがまた違うのが素敵。

     

     立体感のあるカラー。

     

     

     ステッチは基本全部同色です。際立たせるのも面白いけれど、Circus of Happinessのお財布系の基本は同色がポリシー。

     

     

     内装のブッテーロキャメルの風合いも良いですね。

     

     

     Circus of Happiness マルチコインケース ネイビーブルー ¥15,000+税

     

     そしてぐっと人気カラーでもあるネイビーブルー。

     

     本来、ブルーという表記でも良いのだけれども、ドラーロのブルーは型押しの熱などの兼ね合いもあって、ブッテーロのブルーに比べてややネイビーに濃くなっている。

     

     さらに使い込んでいくことでしっかりネイビーに育っていくので、ネイビーブルーという呼び名がしっくりくる。

     

     

     男女問わず、この発色は好きだとお声いただく。

     

     

     ネイビー、ブルー系の革はすっかり定番と言いますか市民権を得たカラーになりました。

     

     

     内装はブッテーロのブルーです。

     

     

     Circus of Happiness マルチコインケース グリーン ¥15,000+税

     

     そしてCircus of Happinessでこのカラーは外せません!のグリーン。

     

     いやだって、綺麗ですしね。合わない色もないですしね。

     

     なぜ他のブランドさんがグリーンでモノを作るのが少ないのかわかりません。(グリーン好きによる、グリーン好きのためのCIRCLEになりつつあるこの頃。)

     

     

     良い雰囲気なのははじめだけでなく、もちろんここからぐっと渋く濃いグリーンに育っていく。

     

     

     ブッテーロのグリーンは美しい。ドラーロももちろん。

     

     どうしてタンニン革でここまで綺麗なグリーンが出せるのかは本当に謎だけれど、さすがイタリアということなのか。

     

     

     きっとこんなにグリーンを贔屓している店は、なかなか他にないと思う。

     

     

     Circus of Happiness マルチコインケース オレンジ ¥15,000+税

     

     そしてラストは紅一点。華やかな発色と深いエイジングの楽しみも魅力なオレンジ。

     

     このカラーもやっぱり外せないのです、ブッテーロやドラーロの美しさとしては。

     

     

     使い込んでいくと、熟した柿のようななんとも言えない深いオレンジになり、透明感ある光沢感がなお素敵に。

     

     

     オレンジの革で綺麗にエイジングする、なんてほんとこの革以外にタンニン革であまり聞いたことがない。

     

     

     魅力的な発色です、このカラーも男女問わずやっぱり発色で良いお声いただくことは多い。

     

     

     手に持った時の感じもしっかりと。まずはブラックの引き締まった感

     

     店主のシャツがヴィヴィッドなピンクなのは良かったのかアレだったのか。いや、色映えるから綺麗で良いか。

     

     

     チョコの渋さ。

     

     

     キャメルの立体感。

     

     

     ネイビーブルーの凛としたかっこよさ。

     

     

     グリーンの他にない美しさ。

     

     

     オレンジの豊かな発色の良さ。

     

     

     と、こんな具合で6色にて新しく登場です。

     

     ごく控えめに言っても、素敵な形に仕上がったと思います。

     

     ぜひ、お楽しみいただけたら幸いです!!

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM