<< ル・ボナーさんのデスクマットは、きっと暮らしを豊かにしてくれる気がします。(CIRCLE5周年) | main | 東京香堂さんにお願いした、CIRCLE特注のミモザ・フレグランススプレーについて。(CIRCLE5周年) >>
2019.03.18 Monday

今年のCIRCLEベアは、原点の武州正藍染をしっかり味わっていただけます。(CIRCLE5周年)

0

     

     21日の木曜日が、地味に曇りと雨の予報が出ていて、なんだかちょっと切ない。

     

     昨年はまさかの極寒、さらに言えば雪まで降った驚きの春の4周年でした。

     

     それに比べれば、曇りだろうが雨だろうが、そこそこ気温はまぁ普通になりそうなので嬉しいわけですけれど。

     

     でも、出来れば晴れが覗いて欲しいものです。

     

     さて本日は!!

     

     CIRCLEの5周年では、時折制作しているおなじみのCIRCLEベアも登場です。

     

     今回は原点回帰ではないけれども、もともとの楽しみであった武州生藍染をしっかり愉しんでもらえる子達に仕上げました。

     

     

     CIRCLEベアももう作り初めてから何度目だろう、と思い返すと長い。

     

     いち個人店舗でかつ革製品やアパレルが多い店舗で、これだけテディベア的なベアを作っては販売する店なんて、他にあるのだろうか。

     

     愉しんでくださるお客様に感謝がつのり、また今回のベアは初めに立ち返った感もあって、これからもベアをたまに作っていけたら素敵だなと改めて感じました。

     

     

     今回は10種類。

     

     相変わらず、一つも同じベアはおりませんし、過去のベアとも必ず違っています。

     

     この世に二つとない、特別なベアたち。

     

     

     今回は生地部門である小島屋さんの本来のもの、武州正藍染の生地ばかり。

     

     CIRCLE店主の手染めはせずに、藍染をフルに色々なバージョンで愉しんでもらおうという具合です。

     

     

     出来はかなり良いです。

     

     自分のところの子だからじゃないけれど、CIRCLEベアは相当に可愛いと思っている。

     

     形としても、仕上げとしても、生地の配分なんかにしても。

     

     

     ベアの全体像を、縞と市松のぐっと個性的な子でご案内。

     

     

     全体的なサイズは、大きすぎず小さすぎず。部屋に飾ってちょうど扱いやすいくらいの大きさのベア。

     

     こうして座っていると身長的には23cmくらいでしょうか。もちろん、個体差などもあるので、そこはご容赦を。

     

     

     全体に用いているのは、小島屋さんが用意してくれる武州正藍染の生地。

     

     顔の部分から細かなパーツまで、贅沢な藍染生地使い。

     

     

     顔と耳の部分が生地が切り替わったり。

     

     

     ボディは正面から見るとスッキリしつつ、でも中はわたがパンパンに詰まってます。これ大事。

     

     このパンパン具合が可愛いのです。

     

     

     で、手足の部分の先っぽも、生地が切り替わります。

     

     

     足のぽってり感も最高。

     

     

     裏だけ切り替わる。

     

     

     横から見るとこんな風に、ちょっとメタボ気味な体型です。これがぽってりした可愛さを生んでくれている。

     

     よく見る生地もののベアって、なんだか妙にひょろっとしていたり、手足が長かったり、CIRCLE店主的には可愛いとどうしても思えないものが多い。(もちろん、そこは好みだと思うのだけれど)

     

     CIRCLEベアはういう具合に比べると、ドシっとしてます。パンパンにわたが詰まって、ズモっとした存在感がある。

     

     それが可愛い。

     

     

     後ろから見ると、後ろは適度にシャープなんですけれどね。

     

     各パーツの大きさやバランスが、ほんと愛くるしい。

     

     

     背中部分には、Circus of Happinessと小島屋さんのネームタグ。

     

     

     手足は動きます、バンザーイって出来る。

     

     

     その稼働の部分にはボタンがあしらわれていて。

     

     ここも毎度何かしら素敵なボタンを使っているのですが、今回は黒蝶貝をネイビー(藍色)に染め上げてもらったボタン。

     

     正直ボタンのコストが鬼のように高いけれども、やっぱりこだわりたい。

     

     黒蝶貝がベースになっているので、ネイビーと言えども独特な光り方と模様感が楽しめる。

     

     

     バランスさえとってもらえれば、スッとたつことも可能。

     

     

     ドヤァっとした感じを見上げると味わえます。

     

     

     まぁ、基本はこうして座っている姿勢が安定感あるので、おすすめです。

     

     立たせたり手足を動かせるのは、そんな風に遊んでもらうのも良いよ、という感覚。

     

     CIRCLEベアは、やっぱりよく出来てると思います。小島屋さんとベア職人に感謝。

     

     

     CIRCLEベア 正藍染浅葱×縞模様浅葱 ¥12,500+税

     

     それではバリエーションをご案内です。

     

     まずは、ボディに武州正藍染の浅葱色の爽やかな生地を使って、切り替え部分にはその正藍染浅葱を縞模様に抜染した生地を用いた子。

     

     この縞生地は初めて使う感じの縞。

     

     

     季節も春に近づいて、こうして爽やかな空気のベアってやっぱりいいな、と。

     

     

     浅葱色も単調じゃない。

     

     カセ(糸)の段階で藍染をして織り上げていくので、一色のように見えても細かいストライプのように色のグラデーションがあるのです。

     

     

     切り返しの縞模様との相性もばっちり。

     

     

     良い佇まいでしょ、ふっくらと。ボタンも綺麗に。

     

     

     CIRCLEベア 縞模様浅葱×正藍染浅葱 ¥12,500+税

     

     先ほどの生地を、ぐるっと入れ替えてメインボディに縞模様、切り返しに浅葱色のバーション。

     

     入れ替わるだけで印象が全然違う。

     

     

     特徴的な縞模様をたっぷり味わえる感じ。

     

     

     可愛いでしょう。顔が良い、顔が。

     

     

     この子も軽やかな感じの子ですね。

     

     

     ボタンが少しだけ濃いめに見える。これは光の当たり方で結構見え方が異なります。

     

     

     CIRCLEベア 市松刺し子×横白ブリーチ刺し子 ¥12,500+税

     

     続いては、過去にも使ったことのある生地ですが、刺し子生地を市松柄に抜染したものとメインに、合わせたのは横だけ白糸を使った刺し子生地を、さらにブリーチかけたもの。

     

     渋い雰囲気とモダンな感じどちらもある。

     

     

     市松の刺し子、結構気に入ってたんです、はい。

     

     

     でも、前とはまた組み合わせを変えているので、同じものはないはず。

     

     

     横白のブリーチ刺し子もお気に入り。

     

     

     ボタンは今回目立たせるというよりは、溶け込ませる感じの色味。

     

     でも、それでいて良い光を見せるのが良いな、と。

     

     

     CIRCLEベア 横白ブリーチ刺し子×市松刺し子 ¥12,500+税

     

     先ほどのを逆転し、ボディには横白ブリーチの刺し子、切り替えに市松抜染の刺し子生地。

     

     また見え方が全然違う。

     

     

     ブリーチをかけた刺し子って、表情がまた動きあって面白い。

     

     

     KUONさんでも今シーズンはブリーチの刺し子を使っていたけれども、やっぱりブリーチでこそ生まれる面白さってあるんですよね。

     

     

     市松とも相性良い。

     

     

     ぐっと渋い風合いでボタン。

     

     

     CIRCLEベア 縞模様浅葱×市松刺し子 ¥12,500+税

     

     そしてサンプルで見ていただいた、ボディに縞模様の正藍染浅葱生地、切り替えに市松刺し子を用いた子。

     

     この組み合わせが今回はもっとも個性的かもしれない。

     

     

     柄に柄。本来は選ばない合わせかもしれないけれど、トーンの違いが明確にあることで、すっと綺麗に見える。

     

     

     これは雑貨だけでなく洋服とかでも同じことだと思う。柄物と柄物だから合わない、とかじゃない。

     

     

     どれくらいの面積どの柄を使うか。トーンを変えながら、どんな風にまとめるか。それを考えると柄と柄も綺麗に見える。

     

     

     良い雰囲気でしょ、と腕が語る。

     

     

     CIRCLEベア 市松刺し子×縞模様浅葱 ¥12,500+税

     

     逆転させて、ボディを市松刺し子で、切り返しを縞。

     

     もちろんこの感じも美しい。

     

     ぎゅっと引き締まった質感と、アクセントの爽やかさ。

     

     

     強そうな感じのベアですね。

     

     

     ぐっと、ぐっと目力がある。目、ついてないけど。

     

     

     手足の切り替えの縞がキュート。

     

     

     市松の刺し子って、綺麗ですよね。

     

     

     CIRCLEベア 横白刺し子×縞模様浅葱 ¥12,500+税

     

     続いては、今度はブリーチをかけずに横糸だけ白を使った横白刺し子生地をメインに、切り替えは縞模様の浅葱。

     

     シンプルなようで、しっかり個性を感じる組み合わせ。

     

     

     ブリーチしていない横白刺し子は、コントラストがきいた生地感が良い。

     

     

     浅葱の縞とも喧嘩せず、可愛い感じでしっくりくる。

     

     

     丸みがあって可愛いCIRCLEベア。

     

     

     なんかぎゅっと詰まった質感が一番出てるかも。

     

     

     CIRCLEベア 縞模様浅葱×横白刺し子 ¥12,500+税

     

     逆転させて、ボディを縞模様の浅葱で、切り替えが横白刺し子。

     

     こうなるとまたぐっと爽やかさが強くなる。

     

     

     なんだか末っ子的な可愛さが滲み出る。

     

     

     抜染の縞模様が、妙に可愛らしい。

     

     

     まるで切り替えが靴のようで。

     

     

     縞にネイビーのボタン、似合う。

     

     

     CIRCLEベア 正藍染浅葱×市松刺し子 ¥12,500+税

     

     もう少し続きます。ボディにはわずかに濃いめの正藍染浅葱生地を用いて、切り替えに市松刺し子。

     

     ほんのりですが浅葱色が濃いめなのがまた、市松とばっちり。

     

     

     これはたまたま色がわずかに濃かった生地の部分、という具合。

     

     浅葱色と糸を染めて織っても、やはり場所によって色合いが微妙に異なる。

     

     

     市松との相性がまた良いでしょ。

     

     

     爽やかさと渋さ。

     

     

     むちむち感が魅力です。

     

     

     CIRCLEベア 市松刺し子×正藍染浅葱 ¥12,500+税

     

     そして反転させて、ボディに市松の刺し子を用い、切り替えにちょっとだけ濃いめの正藍染浅葱色。

     

     どことなく楽しげなベア。

     

     

     市松模様ってギンガムともまた異なり、独特な強さがある。

     

     

     チェッカーフラッグ柄とも言えるけれどもやっぱり、市松という呼び名がしっくりくる色。

     

     

     浅葱の色が濃いめに出ていてよかった、とても似合う。

     

     

     渋さまんてん。

     

     ……と、今回制作のベアはこの10体です。

     

     それぞれ全て違う個性があるので、お楽しみいただけたらなと。

     

     

     CIRCLEベア 反応染めブラウン刺し子×サンフラワー刺し子 ¥12,500+税

     

     と、実は去年の夏に作った、反応染で染めたブラウンの刺し子生地をメインに、切り替えに手染めしたサンフラワーイエローの刺し子生地を用いた子が、地味にお店にまだいます。

     

     クマ感が強かったからか。

     

     

     こちらもなんだかんだまだ嫁ぎ先をお待ちしてますので、一緒にご覧ください。

     

     

     濃いめのブラウンと鮮やかなイエロー、これ綺麗なんですけれどね。

     

     

     藍の楽しみとはまた別の面白みとして、よろしければ、と。

     

     

     この時は、黒蝶貝を赤に染め上げてもらったボタンでした。これもまた美しいので。

     

     

     と、今回のCIRCLEベアも21日(木・祝)より販売となります。

     

     オンラインにはちょっと同時には出せないと思いますので、21日の感じが落ち着いたらオンラインにアップとなります。

     

     ぜひ、お楽しみくださいませね。

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM