<< ル・ボナーさんの今年もお願いした色々な革での文庫本カバーについて。(CIRCLE5周年) | main | ル・ボナーさんに作ってもらった、あまりに素敵なデスクマット・ミニについて。(CIRCLE5周年) >>
2019.03.16 Saturday

ル・ボナーさんのもう一度だけお願いした、パスポートケースについて。(CIRCLE5周年)

0

     

     1日に二つのブログというのは、やはりちょっと無理があるのかもしれないけれども。

     

     でもこの感じでご案内していかないと、ちょっと追いつかないのですみません!!

     

      二つ目のブログも、3月21日のCIRCLE5周年に向けてル・ボナーさんにお願いをした子達。

     

     パスポートケース、多くの「また作ってくれないのか」というお声をいただいて、もう一度全部バリエーションも変えてお願いすることになりました。

     

     今回のチョイスはまた、面白いと思います、はい。

     

     

     昨年、CIRCLEが無理を言ってル・ボナーさんにお願いをした、新しい形のパスポートケース。

     

     とってもご好評をいただけて、たくさんの方に楽しんでいただけたと思いつつ。

     

     でもその後からも「パスポートケースはもう一度作らないのか」というお声が地味に続き。

     

     ニッチな需要だろうなと思いながらも、でも良い革を使ったパスポートケースってやっぱりそう無いもんねということで、今年もお願いしてみました。

     

     定番で欠かせない質感もありつつ、今回はデッドストックの色々も使いながら。

     

     

     全部で7種類でお願いをしました。

     

     それぞれ数は少し差はあり、素材ごとも個数はそこまで多くありませんが、全素材合わせるとそれなりの量なので、きっと多くの方に楽しんでいただけるだろう、と。

     

     今回分がみなさまに届けば、きっとしばらくパスポートケースはお休みで良いのかな、とも感じています。

     

     

     今回の革のパスポートケースもまた、なかなか他ではまず作れないだろうな、と思います。

     

     ボナーさんには感謝です、やはり。

     

     

     まずはパスポートケースの概要をご案内。このブルーの革が何かはあとで順にご案内するときに。

     

     ル・ボナーさんに特別にお願いするこのパスポートケースは、もともとはル・ボナー松本さんが個人的に作って自分で使っていたものがベース。

     

     それを元に、よりかさばらずにでも便利に使えるパスポートケースにしたいというワガママなCIRCLE店主の要望のもと、とても使い勝手のバランスの良い形に仕上がったなと感じています。

     

     

     大きさはパスポートより一回り大きなくらいのサイズ。

     

     たまに見かけるでっかいオーガナイザーのようなパスポートケースって、実際に持って歩くには不便に感じてしまう。

     

     今は荷物も小さく済みますし、長いチケットもきちんと持ち運びやすいようにすれば、この大きさで十分かつ便利。

     

     

     表や裏、表面は飾り等は特になく、シンプルに革の味わいを楽しめるように。

     

     また、パッと見ただけで「もろにパスポートケースじゃん」とわからないように。

     

     海外で露骨にパスポートケースだと、やっぱり不安ですものね。ちょっとした手帳くらいにきっと見えるはず。

     

     

     このサイズが程よい。バッグの中でも邪魔にならず、空港等で使う際にもかさばらずに機動性が高い。

     

     

     中を開くと、ドーンと総革の贅沢仕様。

     

     今回はどの皮革にも内装はブッテーロを合わせてくれました。

     

     

     クレジットカードはじめ、マイルカードやラウンジカードなど、もろもろはしまいやすいようにカード棚を。

     

     でも多すぎるとカードでかさばって無駄に厚くなってしまう。

     

     それを防ぐために、片方には3段だけにしています。

     

     

     反対側にもカードは3段。

     

     6枚分もあれば、まずパスポートケースとしては十分ですね。

     

     

     そしてこのあおりポケットになった部分が、パスポートスペース。

     

     表紙をここに挟んで、反対側にも挟んでブックカバー的にしても良いし、あるいは片方だけを挟む使い方でも良い。

     

     

     両方ともあおりになっているので、パスポートの抜き差しもかなり楽チン。

     

     でもしっかり張力があるので、簡単にパスポートが落ちてしまう、という感じはありません、ご安心を。

     

     

     去年と少し違うのは、ほんの少しだけですが真ん中の部分の長さが5mmほど長くなりました。

     

     なのでごくごくわずかにですが、大きくなったということ。

     

     これはパスポートを2冊入れたいという場合に、それぞれの表紙をあおりに挟んで、二冊重なって閉まってもスムーズなように、とのこと。

     実際、2冊必要な方もいらっしゃいますもんね。

     

     あるいは、余裕が出たのでパスポートとあと何かメモ帳的なノートを片方に入れてもそれはそれで良いかもしれない。

     

     でも、大きすぎる感じはもちろんありません。

     

     

     とってもシンプルなお財布のような感じもしつつ、パスポートケース。

     

     こういうのが、無いんですよね本当に。探せば探すほど、ない。

     

     余計なものばかり付いていたり、使いづらかったり、ましてや素敵な革を全面に使って!なんてのはなおさら無い。

     

     それをボナーさんがこうして作ってくれるのは、海外に行く楽しみもまた一層増えようというものです。

     

     ちなみに、今回はデッドストックの革も用いたり、様々な質感でお願いしました。

     

     中にはどうしても細かい傷が入ったり、シボやトラなど個体差があったり、あるいは構造上少しシワが出てしまったりするものもあったりします。そのあたりも含めて、ご理解くださいながら愉しんでいただけると幸いです。

     

     

     ル・ボナー パスポートケース フェルディナンドカーフ ブラック ¥18,000+税

     

     まずはブラックがやはり欲しいですよね、まさかの贅沢にもフェルディナンドカーフ。

     

     今はなき、スウェーデンはボルゲ社の素敵すぎる質感のしっとりカーフ。

     

     

     ブラックをまだお持ちだったので、使わせてもらいました。

     

     しっとり感がありつつ、手に馴染む風合い。

     

     

     内装はブッテーロのブラック。

     

     

     かなり良い風合いです。使い込むのが楽しみになるパスポートケース。

     

     もちろんお財布等と比べると、活躍シーンは少しかもしれないけれど。

     

     でも、海外に行くときってそれこそ特別なとき。もちろん出張等もあると思いますが。

     

     その瞬間を気分良く楽しめるって大事だと思う。

     

     

     ル・ボナー パスポートケース シュランケンカーフ アントラジス ¥19,000+税

     

     お次はル・ボナーさんの定番ではあるシュランケンカーフ。でもこれはやっぱり欲しいよ!と別注色のアントラジスで。

     

     このカラーはまた素敵感やっぱり漂う。

     

     

     アントラジスはボナーさんの別注色の中でも、とりわけ人気のカラーになってくれました。個人的にはとても嬉しい。

     

     そんなアントラジスはやっぱり必要です。

     

     シュランケンカーフの値上がりがちょっとだけ響いたけれども、そこはお許しを。

     

     

     内装はボナーさんらしい遊び感のある、ブッテーロのグリーン。

     

     これまた綺麗な……

     

     

     使い込んで濃いめのグリーンになっていくと、なお素敵でしょうね。

     

     

     ル・ボナー パスポートケース ソフトスノーカーフ バーガンディー ¥18,000+税

     

     続いては、こちらもシュランケンカーフと同じ、ペリンガー社のソフトスノーカーフ。

     

     いっとき少しだけ入荷をしてボナーさんでもバッグ等を作っていましたが、貴重な存在になっていました。

     

     バーガンディーが地味にあったので、「それ、使っていいですか」と。

     

     

     シュランケンカーフを少しオイリーにした感じの革です。

     

     バーガンディーと言いつつも、かなりこげ茶に近い感じですが、バーガンディーです。

     

     

     内装は合わせてブッテーロのチョコ。

     

     

     ブッテーロもこうして大きい段にしてみると、少しずつ色の差はあったりします。

     

     それはもう避けられないものなのでご容赦ください。

     

     

     ル・ボナー パスポートケース フラスキーニ型押し ダークブラウン ¥18,000+税

     

     続いてはイタリアはフラスキーニが素敵な革を作ってくれていた時の、型押しカーフ。

     

     これがまた、しっとり感があって良いのです。

     

     

     なんでしょね、フラスキーニは革をしっとりさせる魔法でも持っていたのか、と感じるほど。

     

     型押しなのに柔らかしっとり。

     

     

     内装はもちろんチョコです。

     

     

     アレですよ、ワガママ言って作ってもらっている形ですが、ちゃんとネンもばっちり引いてくれていたり、かなり頑張って工房で作ってくれてます。

     

     

     ル・ボナー パスポートケース クリスペルカーフ ネイビー ¥21,000+税

     

     そして、こちらもやっぱり欲しかった、クリスペルカーフ。

     

     昨年はブラックでしたが、今年はネイビーで。

     

     去年とは内装の感じを少しだけ変えています。

     

     

     クリスペルのこの上品な艶と大人っぽさは、パスポートケースにまた合うんですよね……。

     

     ネイビーもまた素敵すぎる質感。

     

     

     去年は内装もクリスペルカーフ仕様でしたが、今年はブッテーロのネイビーにて。

     

     クリスペルカーフも値上がりがかなり厳しかったので、内装までクリスペルのまま作ると価格がなかなか大変なことになる。

     

     内装をブッテーロにしてもらって、価格はなんとか良いところで着地。

     

     

     ネイビーのブッテーロが色合いも似合っていて、良い感じ。

     

     

     ル・ボナー パスポートケース デュプイカーフ ボルドー ¥18,000+税

     

     そしてこれも美しい革の、フランスのデュ・プイ社がかつて某ブランドのために鞣したとされる、ボルドーカーフ。

     

     まぁ色を見てお察し……というところですが、やっぱりね、このボルドーは美しい。

     

     

     以前、文庫本カバーでも制作してもらいましたが、倉庫を漁っていたらまだ少しあったので使ってもらって。

     

     きめ細やかな肌感。でもやっぱりこれは何よりこのボルドー感ですよね。

     

     思えば現代の某ブランドさんのボルドーってちょっと赤さが強くなりましたよね、全体的に。

     

     かつてのボルドーはこれくらいの赤さのイメージです、CIRCLE店主的にも。

     

     

     少しこのボルドーカーフに関しては、表面にどうしてもシワ等が避けられず出やすかった。

     

     そこはご了承くださいませ。

     

     

     内装はブッテーロの……これはパープルかな。ワインよりは少し明るいので。

     

     でもその明るさがまた綺麗。

     

     

     でもワインよりなパープルなロットですね。

     

     ボルドーの内装にまた洒落て似合ってる。

     

     

     ル・ボナー パスポートケース チェルケス ブルー ¥18,000+税

     

     そしてサンプルで見ていただいていたラストのブルーは、チェルケスでした。

     

     これもかつて良かった頃の(こういう言い方はあまりしたくないけれど)デュ・プイ社の鞣していたチェルケス。

     

     いやほんと、この当時のチェルケス、やっぱり良い。

     

     

     型押しらしいがっしりした硬さと密度の高さを感じさせつつ、でも革の手触りそのものは優しい。

     

     強さと柔らかさ、それと上品さがしっかり備わっている型押し。

     

     ブルーをまだお持ちだったので、贅沢に使わせてもらいました。(というか、このチェルケスをかつてバッグの見えない部分に補強的に使っていたル・ボナーのハミさんは、やっぱりちょっとすごすぎる。)

     

     

     内装はブッテーロのブルー。発色しっかり良い感じ。

     

     

     爽やかな感じのするパスポートケースに。

     

     

     と、こんな具合で7種類となりました。

     

     それぞれまるで違う質感と面白さがあるパスポートケースたち。

     

     なかなかこういう風にパスポートケースを作る、というのも普通は無いと思う。

     

     でもだからこそ、特別な面白みが確かにある。

     

     パスポートをたまにでも使うなという方は、どうぞお楽しみいただけたらなと思います。

     

     こちらも販売は21日(木・祝)よりとなります。何卒、よろしくお願い申し上げます。

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM