<< Workers(ワーカーズ)のスーピマオックス・ピンホールシャツについて。 | main | ル・ボナーさんの今年もお願いした色々な革での文庫本カバーについて。(CIRCLE5周年) >>
2019.03.15 Friday

FABRICさんにお願いして制作した、COHのシュランケンカーフ・マルチケースについて。(CIRCLE5周年記念)

0

     

     そろそろもろもろご案内をせねば、と思います。

     

     CIRCLEは3月21日でありがたいことに5歳になります。5周年、という具合です。

     

     多くのお客様と作り手、そして周りの方々に支えられての5年間。

     

     本当にありがたい想いを強く持ちながら、また一年を歩めたことを嬉しく感じています。

     

     そんな3月21日(木・祝)は事前にご案内しておりますが、CIRCLEは営業いたします。

     

     ちょっといつもと違う愉しみもご用意しながらのオープンとなっていく予定です。

     

     今日からその5周年記念の愉しみをご案内です。

     

     まずは、シュランケンカーフを色々な場面で気軽に愉しんで欲しいな、とCircus of Happinessでマルチケースを制作いたしました!

     

     

     5周年だもの、やっぱり何か特別なことはしたいよねと色々考えて。

     

     それは徐々にご案内していけると思いますが、その第一弾。

     

     3月21日(木・祝)より販売をさせていただきたく思いますが、シュランケンカーフ製のマルチケース。

     

     

     口がバネ式になったマルチケースといえば、元はCIRCLEも話しながら制作してもらった、FABRICさんのクロムエクセルレザーを用いて作った、マルチケースがあります。

     

     そのマルチケースは個人的にも気軽に革を色々なシーンで楽しめて気に入っていたのですが、せっかくならそれをより色とりどりに、風合いもガラっと変えてシュランケンカーフでも作ったら素敵じゃないだろうか、と。

     

     そこでFABRICさんにお願いをして、Circus of Happinessのアイテムとして新しく作りも少しだけ変えて、マルチケースを作っていただきました。

     

     

     シュランケンカーフですからね、色バリエーションもたっぷりにしたかった。5周年ですから、華やかに。

     

     そんなわけで全14色。

     

     機能的には非常にシンプルだからこそ、様々な用途で気軽にシュランケンカーフを愉しんでいただけるように出来たと思っています。

     

     

     では、ライムグリーンをサンプルに、どんな風に仕上がったマルチケースなのかをご案内です。

     

     とってもシンプル、でもそれが地味に便利。

     

     

     全体の大きさは縦横共に約8.7cmほど。

     

     手のひらにすっぽり収まる感じのコンパクトさ。

     

     形としては下が丸くカーブして、まるで小さなポケットのような感じ。

     

     

     素材は水気や傷に強いシュランケンカーフを贅沢に。

     

     なんというか、やっぱり気軽に使って欲しい気持ちがCIRCLE店主としては強い。

     

     昨年のシュランケンカーフの値上げで、さらにシュランケンカーフそのものは高価な皮革になってしまったけれど、価格云々ではない良さや面白さがある革だと思うので。

     

     それゆえ、極力シンプルなのはクロムエクセルレザーの時と同様にしながら。

     

     

     シュランケンカーフはシボ感やトラの有無などの差が激しい皮革。

     

     それを効率よく無駄が出ないように裁断させてもらって、作る。

     

     好みはあるかもしれないけれど、色々な革の表情がむしろ楽しめて、小さなサイズのケースだからこそ面白く使っていただけると思う。

     

     そんな風にしているので、価格としても限界まで頑張っている感あります。Mou-Toteと同じ理論。

     

     

     クロムエクセルの時はコバを裁断して軽く磨いて、という仕様だったけれど、シュランケンカーフでそれをやるとなんだか急にチープになりすぎるので。

     

     今回のバージョンでは、内縫いの感じで袋のような形にしました。縫製して、ひっくり返して、という。

     

     こうすれば外側は全面シュランケンカーフの綺麗なおもて面が見えて、良い感じ。

     

     ふっくらした感じも出てよく合った仕様にしました。

     

     

     口元にはバネ式の金具が入っているので、上2cmほどはその金具パーツ部分になります。

     

     なので収納スペースはそこから下の部分。

     

     すごく大きくはないけれども、でも地味に細かいものを入れるには程よい感じのケース。

     

     

     こんな風に金具の端っこをグッと握りこむ感じにすると。

     

     

     パコっと開きます。話すとまたパタっとバネで閉まります。

     

     

     中は極力シンプル。シュランケンカーフなので床面もそのまま愉しんでもらう仕様に。

     

     はじめは中にナイロン生地を用いようかとか色々考えましたが、このシュランケンカーフそのままな感じが、むしろ革をダイレクトに感じられて、小さいケースもまた楽しかろう、と。

     

     

     マルチケースと言っていますが、コインケースとして使う方は多いやもしれません。

     

     これで15〜6枚ほど硬貨を入れていますが、まだまだたっぷりな余裕。結構入ります。

     

     

     あるいは、金具パーツや持ち運びたい小さな小物などを入れるにも良いかもしれない。

     

     イヤフォンを入れたり、SDカードなどの記録媒体を入れたりにも便利。

     

     

     使い方は様々なので、ピルケースにしても良いし、ピックケースにしても良いし、小さいメモ入れにしても良いですし……。

     

     とにかく色々な場面で活躍できるような、小さなマルチケース、という感覚です。

     

     

     シュランケンカーフですから、床面の色もお楽しみを。

     

     

     すっごく見えづらいのですけれども、口元の内側にひっそりとCircus of Happinessのロータスロゴを刻印してます。

     

     職人サイドからは「箔押しした方がよく見えるよ」と言われるのだけれども、別にロゴを目立たせたいわけでもないので、ひっそりと。

     

     

     シボや色の兼ね合いによっては、もう少しはっきり見えてくれることも。

     

     まぁこれは、ただのうちのマルチケースです、というためのものなので。

     

     基本的には表から見るとなんのロゴもなくて、とってもシンプルにシュランケンカーフを楽しめます。

     

     

     と、機能性としてはこんな具合。

     

     ちょっとしたケースとして、あるいはプレゼントとかにもちょうど良い感じのケースとしても。

     

     シュランケンカーフを何より日常的にとても気軽に愉しんでいただけるケースなのでは、と思っています。

     

     

     シボやトラなどは、個体によってもちろん含まれます。無駄なく裁断しているので。

     

     それもこのケースそれぞれの味わいとしてお楽しみいただきたく思います。

     

     なので、「このシボじゃなきゃいやだ」とか「この感じで整っているのが良い」とか、細かな感じで気になる方には向きませんので、ご了承くださいね。

     

     逆に「革って色々な表情があるから愉しいんだ」とか「ちゃんと型押しではなく縮ませているシュランケンカーフならではの愉しみ」と感じてくださる方こそ、お楽しみいただければと思います。

     

     

     また、マルチケースが外縫いじゃなくなっているので、少しカーブの具合が部分的にほんのり角が出たり、という部分もどうしても出てきます。シンプルな分、どこかで目立たなくカバーすることも出来ないので。

     

     その辺りも微妙な個体差も、一つ一つ手で作っているものなのでやはりご了承くださいませね。

     

     いずれにせよ、このケースの場合は使っていくとさらに柔らかくなっていくので、使い勝手としても見栄え的にも変わらなくなっていくので。

     

     

     ……と、こんな具合のあるいみCircus of Happinessらしい感じもするような、シュランケンカーフ製のマルチケース。

     

     ぜひ色とりどりでぐわっとお楽しみいただきたいです。

     

     

     Circus of Happiness シュランケンカーフ マルチケース その1 ¥3,500+税

     

     色がたくさんあるので、小分けでご案内。その1は濃いめのダークカラー。

     

     この落ち着き、良いですよね。

     

     

     ダークグリーンにバイオレット、ネイビーにブラック。

     

     シュランケンカーフの定番の濃い色勢揃い!と言いたいけれど、ダークブラウンだけ作らなかったなそういえば……と今更(笑)。

     

     

     ダークグリーンは独特な濃いめな緑。やっぱり良い色。

     

     

     床面もダークグリーンを淡くした感じのトーン。

     

     

     バイオレットはシックな紫色が素敵なのです。

     

     

     床面は最近、濃いめの紫。

     

     

     続いてネイビーはやっぱり欠かせない。

     

     

     床面は鮮やかな青。

     

     

     そしてブラック。シュランケンカーフのブラックは柔らかい黒。

     

     

     中は濃いめのグレー的なブラックに。

     

     使うシーンを選ばないブラック。

     

     

     Circus of Happiness シュランケンカーフ マルチケース その2 ¥3,500+税

     

     続いてその2はブルー系。

     

     爽やかな感じがありつつ、やっぱり人気高いですよね、ブルーは。

     

     

     ライムグリーンにスカイ、そしてジーンブルー。

     

     ちなみに、ボナーさんでよく使われるような、いわゆる別注色はありません。あくまでもこれは、CIRCLEで作っているものなので。

     

     

     ライムグリーンが個人的に妙に気に入っている。

     

     

     床面は淡いライムグリーン。

     

     

     そしてスカイのスモーキーな感じが綺麗。

     

     

     こちらは床面はほぼ同じスカイ色。

     

     

     そしてブルーといえば定番はやはりジーンブルー。

     

     

     スカイと床面の色は思えばかなり似ている。芯通しの際の色合わせが近いんでしょうね。

     

     

     Circus of Happiness シュランケンカーフ マルチケース その3 ¥3,500+税

     

     その3はぐっと明るく華やかに!

     

     このカラフルさは小さな小物だとまた使いやすさもありますね。

     

     

     イエローにピンク、オレンジにライトレッド。

     

     暖色系な感じで明るい。

     

     

     イエローってあんまりル・ボナーさんでは使われないけれど、結構好きな色味なのです。

     

     

     床面もほんのりイエローが可愛い。

     

     

     ピンクはもちろんキュートな感じが良い。

     

     

     床面はほんのりパープルな感じなんですよね。これ、また綺麗だ。

     

     この感じがあると、男性もまた愉しいのではと思う。

     

     

     オレンジはシュランケンカーフでは欠かせません。

     

     

     しっかり目の発色が美しいのです、床面ももちろん。

     

     

     そしてライトレッド。赤が好きなCIRCLE店主としては、絶対必要。

     

     

     良い雰囲気です、綺麗な赤。

     

     

     Circus of Happiness シュランケンカーフ マルチケース その4 ¥3,500+税

     

     そして最後のその4は、淡くこの優しいトーンで揃えて。

     

     アースカラーと言いますか、ナチュラルくくりとも言えるでしょうか。

     

     

     ライトグレーにトープ、そしてゴールドです。

     

     

     ライトグレーはなかなか小物でも多くないので、面白いですよね。

     

     

     床面は淡いグレーな感じです。

     

     

     続いてはもちろん外せませんよ、のトープ。

     

     

     床面は淡いグレー的な。トープってやっぱり万能感ある。

     

     

     そしてラストはゴールド。キャメル、だけれどシュランケンカーフのはどこか上品な発色で、やっぱりゴールド。

     

     

     床面は淡い茶色です。

     

     

     と、こんな具合でまさかの14色も作りました。

     

     数は色によってなんだかマチマチになったけれども、それなりに愉しんでいただけるくらいは作れたかな、と思っています。

     

     価格は限界までアレしたので、箱はありません。その代わり、CIRCLEで最近革小物におつけできるときはつけている、今年からの新しい試みである様々な布地での袋にお入れしてご用意となります。

     

     また、繰り返しとなってしまいますが、販売は3月21日(木・祝)よりとなりまして、店頭とオンラインも同様です。(オンライン向けの在庫もちゃんと少し分けてます)

     リンクは販売ページが公開後に、順次貼ります。

     

     個体差などは当然ありますが、それも革の楽しみなんだよということで味わっていただけたら幸いです。

     

     どうぞ、よろしくお願い申し上げます!!

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM