<< Workers(ワーカーズ)の春も夏も気持ちいい、新しいクルーザーベストについて。 | main | FABRICさんにお願いして制作した、COHのシュランケンカーフ・マルチケースについて。(CIRCLE5周年記念) >>
2019.03.14 Thursday

Workers(ワーカーズ)のスーピマオックス・ピンホールシャツについて。

0

     

     昨日はKUONデザイナーの石橋氏とディレクターである藤原氏両名とちょこちょことお話が出来て、また嬉しい時間がありました。

     

     やはりお二人とも色々な意味で第一線を見て体験して、様々な経験をされてきているので、取り扱い販売をさせていただくCIRCLE店主としても、ひたすら勉強になることばかり。

     

     もちろんお店としての理想や、こんな風にしていきたいというのはあれど、モノやコトを届ける役割をしている店としては、作り手の色々を聞きながら考えられるのは嬉しい。

     

     だから、作り手(それは実際に手を動かしてくれる人であれ、それ以外の部分を担う人であれ)と関わるのは素敵で愉しい。もっとCIRCLEもそれを広く大きく、そして深くできるように頑張らないとね、と思ったのです。

     

     さて本日は。

     

     Workersさんの19SSのシャツ、ナローラウンドカラーも面白くて好きで、今回のこのシャツもまた違う意味で面白い。

     

     ピンホールカラーシャツをカジュアルにさらっと着る。その感じが好きです。

     

     

     ピンホールカラーシャツといえば、やはり基本的にはドレッシーなシャツが多くなるように思います。

     

     番手の高いツルっと綺麗な生地使って(あるいは、織が利いていたりピンタックだったり)、とにかく細くシュっとした感じで、かつパリっとした雰囲気で。

     

     でも、そういうピンホールではなくて、カジュアルで日常的に着るピンホールシャツって良いじゃないの、CIRCLE店主としても強く思う。

     

     

     そのカジュアルなピンホールシャツを、Workersさんがまさに作ってくれて嬉しい。

     

     ピンホールシャツなので襟のホールにもちろんピンホールバーやピンを付けて着ても良いわけですが。

     

     CIRCLE的にはもっとラフに、ピンホールのデザインを楽しんでカジュアルにそのまま着るのも良いよね、と思うのです。

     

     バーもピンもなくたって、襟のホールを面白さとして。

     

     

     ボタンダウンシャツであっても、何もボタンを見せる必要が絶対にあるわけでもないですし、ボタンを止めなければいけないとも思わない。

     

     あえてボタンを隠したり、外して着るのもアリでしょ、と感じていて。

     

     ピンホールシャツも同様で、この穴をあえて開けている感じをそのままカジュアルに着るのも素敵だな、と。

     

     

     Workers スーピマオックス ピンホールシャツ グリーンギンガム ¥13,000+税

     

     今回は白と青の定番ではなく、ちょっと面白さのある生地をチョイス。

     

     まずはグリーンとあらばお願いするしか!しかもギンガムとあればなおさら!!ということで、グリーンギンガム。

     

     なかなか緑のギンガムシャツを作ってくれることって少ないので、ありがたい。

     

     

     細かめのギンガムなので、遠目で見ると淡く綺麗目なグリーンの印象に。

     

     

     近づくとギンガムの白緑な感じがしっかりと出てくる。

     

     爽やかさもありつつ、端正な感じ。

     

     

     グリーンのギンガムって、ものすごく着やすい。

     

     ボトムスの色はまず選ばずいけるし、一枚でもさらっとサマになる。それでいてもちろん上に色々も着やすい。

     

     

     細かめのグリーンと白。

     

     グリーンは派手になりすぎないくらいだけれど、しっかり発色は良い緑。

     

     

     生地そのものは超長綿であるスーピマコットンのオックス。

     

     滑らかで柔らかく、それでいて適度なコシ。

     

     5.5オンスほどで、基本通年で使いやすい生地感です。

     

     

     正面からの顔は、ラウンドカラーでピンホールの開いた襟元がやはり特徴的。

     

     

     丸さが適度なので、可愛くなりすぎないのが良い。

     

     

     ピンホールは小さめにピっと。

     

     もちろんバーを通しても良いけれど、この穴そのものをアクセントとして着るのも良いと思う。

     

     

     左右どちらにももちろん開けてます。

     

     ホールの大きさも大きくなく、また糸のかがりもオーバーじゃないからこそ、すっとピンを付けずに着るのも上品に見える良さ。

     

     

     基本的な形は、Workersさんのモディファイドボタンダウンと近い形。

     

     肩も広すぎず狭すぎず、使いやすい形。

     

     

     ボディは動きやすい余裕がありつつも適度に絞ってフィット感もある。

     

     

     左胸にはポケット。

     

     

     前の開閉部分は前たて付き。

     

     ピンホールシャツだけれど、あくまでもカジュアルに。

     

     

     ボタンは割れにくい樹脂製で、三つ穴ボタン。

     

     縫い目が三角な感じに見えて、これも程よいアクセント。

     

     

     着丈はタックインでもアウトでも着られる長さ。この辺りはお好みで。

     

     

     アームホールは狭すぎず動きやすいくらいのゆとり。

     

     

     腕の部分も同様です。

     

     

     そしてカフまで。カフ部分はボタンで狭さを調節ももちろん可能。

     

     また、暖かい季節には袖をまくって着るのも良いですよね。

     

     

     Workersさんのネームはこちらに。

     

     

     サイズは13・14・15で入荷してもらっています。

     

     感覚的には13はXS〜タイトS、14がS〜タイトM、15がM〜タイトLサイズくらいです。

     

     

     後ろ姿が綺麗です。ほどよいシェイプがかかっているくらいの感じがよくわかる。

     

     

     グリーンギンガムをまさか作ってくれるとは、という驚きと嬉しさ。

     

     

     春夏はもちろんですが、秋冬でも緑のギンガムって便利に役立つのです。

     

     

     アウターとしてもインナーとしても着やすいシャツに仕上がってます。

     

     

     後ろの正面のキリっと感。

     

     

     ヨークは狭めで、その辺りはちょっとドレッシーにも。

     

     

     センターにボックスプリーツで動きやすく。

     

     

     ギンガムは派手なイメージに思われがちですが、全然そんなことなく、さらっと着やすいのです。

     

     ジャケットやベスト、ニットにも合わせは良いし、上品な柄として楽しんでもらえるはず。

     

     

     とはいえ、Workersさんでもグリーンのギンガムを作るのはそう毎度になることはないと思うので、今シーズンは嬉しいシーズン。

     

     

     緑好き、ギンガム好きは外さずどうぞ。

     

     

     Workers スーピマオックス ピンホールシャツ ブラックグレー ¥13,000+税

     

     もう一つの色は、白でも青でもなく、グレー。

     

     黒糸と白糸のバランスがよくて、濃すぎず柔らかな印象のグレーの色合いが良い。

     

     一枚でも上品に、もちろんジャケットやニット、カーディガンなども上に合わせやすい色になってくれてます。

     

     

     グレーのオックスシャツは、CIRCLE店主は万年筆を売っていた時によく着ていたのだけれど、結構これが便利で。

     

     シックで大人なニュアンスが出てくれるのですよね、着るだけで。

     

     

     感覚としてはほぼ白シャツを着るようなテンションで合わせられます。

     

     

     それでいて白にはない独特な落ち着きがあるのがまた素敵。

     

     

     すごーく近づくと、もちろん黒と白の糸の感じが見えてくる。

     

     

     シンプルな色味だけれども、だからこそどんな濃さで、生地の質感との相性が大事にもなってくると思う。

     

     

     グレーの正面。襟の程よい丸みが柔らかいイメージで素敵。

     

     

     これが丸すぎるとどうにも普段着にくくなるけれども、その辺りはWorkersさんのさすがのバランス感覚。

     

     日常でさらっと着やすい緩やかな丸み。

     

     

     こちらももちろん、ピンホールシャツなので穴がしっかりと。

     

     この小ささがやはり良い。

     

     

     デザインのアクセントでちょうど良い塩梅なのです、これがね。

     

     あ、もちろんバーを通したい場合は通すとまた、穴の周りの糸の見えるのがピンホールシャツとしても少なくて、さらに上品に見えてくれるのでそれも素敵です。

     

     

     グリーンのギンガムとはまた違うキャラクターがしっかりある。

     

     

     着心地はもう、言わずもがなで良いです。

     

     

     左胸のポケットは実用でももちろん。

     

     

     前たての部分はカジュアルなのだけれど、縫製の運針をあえて細かめにすることで、極端にカジュアルすぎないようになっている。

     

     こういうところが嬉しい。

     

     運針の感覚は強度やそういう面のためもあるだろうけれども、それでステッチの見え方が結構違うので。

     

     

     ボタンでも少し遊んでくれるのは好きです。

     

     

     裾まわりのラウンド具合はほどほどに。アウトでも着やすいカーブ。

     

     

     Workersさんのシャツって、価格は程よくお手頃なのに、細かい縫製の仕方の部分とかがよく出来ていると思う。

     

     それはもう、舘野さんのこだわりや細かさのなせることなのだろうなぁと。もちろん、工場の多くの人たちの頑張りも含めて。

     

     

     このグレーの色の感じ、良いですよね。暗すぎず、でも明るすぎず。

     

     

     この色合いなら、初夏にも袖をまくって気持ちよく着られる。

     

     通年通して着やすい感じのグレー。

     

     

     ネームは小さく、控えめに。

     

     

     こちらもサイズは13・14・15で入荷。

     

     サイズ感覚はグリーンのギンガムと同様です。

     

     

     後ろ姿のシュっとした感がグレーはまた。

     

     

     グレーのシャツって白や青に比べると揃えるのはその後といった感じかもしれないけれど。

     

     でもあると地味にかなり使える子なんです。

     

     

     トーンの違うグレーが揃ったりすると、もういつでも着たくなる便利さ。

     

     

     淡めのグレーの感じとして、きっとこのシャツは良いポジションになってくれるはず。

     

     

     オックスシャツなので、洗って出てくるパッカリングも含めて楽しみたい。

     

     

     着込んでいくとなお、表情豊かに育つのがオックスの良いところ。

     

     

     動きやすさってやっぱり大事。ボックスプリーツは当たり前のように思えて、やっぱりあると動きやすくなる。

     

     

     身幅に適度なゆとりが生まれるわけだけれども、シェイプの具合がちょうど良いので、一枚でもジャケット下でも綺麗に着られるモディファイド。

     

     

     シャツは何枚あっても良い。これはあくまでもCIRCLE店主的なアレだけれども、年中シャツを着ているので思うのかもしれない。

     

     色々なバリエーションがあるとなお、他のトップスやボトムスの合わせを考える面白さにもなって。

     

     

     Workersさんのシャツってそういう意味では、毎シーズンどこか変えて、素材も変わったり色々してくれるから嬉しい。

     

     もちろん定番は定番で何シーズンかごとに作ってもくれて。シャツ好きならではの動き方ですね。

     

     

     グリーンギンガムのWorkersさんのスタイル写真。

     

     チノパンはもちろん合いますし、デニムは当然のごとく。

     

     グレーのスラックスっぽい感じにも良いですし、濃いめのネイビーやブラックも合う。懐広いんです、グリーン。

     

     

     そしてグレーのスタイリング。

     

     大人っぽい感じ出てますね。

     

     タックインした表情も良いですし、もちろんアウトしてラフに着ても良いんです、グレーって。

     

     

     と、こんな具合でグリーンギンガムとグレーオックスのピンホールシャツ、素敵です。

     

     春夏と言ってますが、これはもう一年通して便利に愉しいシャツです。

     

     ぜひ、お楽しみくださいね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM