<< Circus of Happinessのサドルプルアップシリーズ、エイジング定点観測その7(サドルプルアップからドラーロへ) | main | KUON(クオン)さんのふっくら気持ちいい、綿モール無撚糸裏毛・新万葉染カットソーについて。 >>
2019.03.04 Monday

KUON(クオン)のとても珍しい織ピンタック・新万葉染半袖シャツについて。

0

     

     冬から春へ少しずつ移る最中、雨が続きますね。

     

     少しずつ暖かさは出てくるようなので、ここまでくると春が待ち遠しいものです。

     

     さて本日は、まだ寒いけれどどうしてもご案内したいな、という気分になってしまったシャツ。

     

     KUONさんの19SS、半袖ものはまだ早いかなぁと思いつつも、素敵な素材感が多すぎて「もうご案内したいな」と。

     

     今日は、珍しい織生地で仕立てられた、軽やかで風合い良い半袖シャツです。

     

     

     このシャツが入荷してきてからというもの、早くご案内したいなという気持ちが強かった。

     

     いつものCIRCLEだと、もう少し暖かくなるまで半袖のものは寝かせておいて、後からご案内することが多いのだけれど。

     

     ちょっと今シーズンはイレギュラーで、出しちゃいます。

     

     

     半袖シャツ自体、CIRCLEではそれほど頻繁に入荷するわけではないのだけれども。

     

     でもこのシャツはまた、面白すぎる素材と作りなもので。

     

     

     Tシャツやカットソーの上に、ざっくり羽織りたくなる。

     

     そして自分でもこの生地を触っていたくなるような、そんな素敵な空気。

     

     

     KUON 織ピンタック 新万葉染半袖シャツ グレー ¥24,000+税

     

     全体的な形は、ふっくらしつつリラックス感もある、いわゆる開襟シャツ的な一枚。

     

     特徴的なのは、その全体にあしらわれたピンタック。

     

     縦向きではなくボーダーのように横向きに入ったピンタックが、なんとも言えない良い表情を生んでいる。

     

     

     パッと見るだけでもパターンとしてもちょっと独特で、通常のピンタックシャツとは全然違うのだけれども。

     

     上品で、かつ表情豊かなシャツに仕上がっていて、かなり面白い。

     

     

     近づくとなお、その表情が細かく見えてきます。

     

     全体は新万葉染が後染で施されていて、草木染め特有の優しい発色も素敵。

     

     

     生地そのものの厚みはそこまで厚くなく。半袖シャツですもの、そりゃそうですね。

     

     しっかり春から夏、秋と楽しめる軽やかさ。でも透ける感じなほど薄くもないので、ちょうど良い塩梅。

     

     

     独特なのが、このピンタック。

     

     細かくしっかり綺麗にあしらわれたピンタック、実はこれが縫って作ったものではない。

     

     通常ピンタックは、生地をヒダのようにして、縫製をかけて段のようにする。

     

     でもこのシャツに用いられた生地はなんと、織りでそのピンタックを表現している。こんなのほとんど見たことない。

     

     

     織を進めていって止まって、逆向きに織を進めてすぐまた止まって、また逆に織を進めて…………と、そういう具合に織っているようなのだけれども、極めて不思議。

     

     縫い目ないままに、ピンタックがしっかりできていて、凹凸どころかヒダにきっちりなっている。

     

     これ、ピンタックのたびに折り返す感じで織るって、ものすごい面倒かつ時間がかかること。

     

     そして見た目以上にすごくたくさんの糸を使った生地になっているはず。

     

     

     こんな風に、ちゃんとペロっとひだになっているのがわかる。

     

     とっても贅沢な生地で面白い。

     

     織る工程をぜひ見てみたいと思うほど。

     

     そして贅沢なだけでなく、全身にこのピンタックが入っている見た目とパターンがまた合っていて見た目にも素敵なのです。

     

     

     正面からの顔、上品な面持ち。

     

     

     開襟の襟にももちろんピンタックが入る。

     

     この表情は面白い。

     

     

     襟サイズは大きすぎず、大人っぽい空気。

     

     

     こちら側にはループがついているので。

     

     

     反対側のトップボタンをとめて。

     

     

     もちろんこんな風に一番上までボタンを留めるスタイルでも楽しめます。

     

     

     で、面白いのはこの肩周り。

     

     肩幅は……と見ると、アレ?となる。

     

     

     そうなのです、このシャツはラグランスリーブともまた違うのですが、前見頃と袖前が一枚の生地でつながっている。

     

     

     なのでボディの横向きピンタックが、そのまま袖にも流れる。

     

     こうなると、袖を通した時には袖部分ではピンタックが斜めの模様のようになってくれて、柄が面白い向きで流れる。

     

     

     反対側ももちろん同様。

     

     また余分なステッチとかが無いので、生地のふわっとした感じとかがよく出てくれて、面白いシャツになっている。

     

     

     身幅は適度にゆったり。

     

     暖かい時期にも着る半袖シャツですから、あんまりピチピチよりはやっぱりゆとりある方が涼しくて良い。

     

     

     そして裾までストンと。

     

     裾はスクエアでまっすぐな形。

     

     

     前はボタン開閉。

     

     

     白く美しい貝ボタンになっていて嬉しい。

     

     

     ボタンホールは一番上からもう、横向き。

     

     

     一番下まで同じく。ピンタックの向きと合っていて、これもなんだか良い。

     

     

     左胸にはポケット。うまく柄合わせてますね。

     

     

     肩から腕の部分はそのまま一枚で、アームホールはしっかりゆとりある。

     

     下にカットソーやシャツをちゃんと着込めます。

     

     

     袖の長さは長すぎず短すぎず。

     

     肩のラインが無いので、裄丈で見る感じになりますが。

     

     

     脇の作りもなんだか新鮮な。

     

     これでまた着心地も良いのが嬉しい。

     

     なんというか、滑らかな着心地。

     

     

     後ろ姿がまたこのシャツは良い。もうこの時点で素敵な顔。

     

     

     ピンタックの綺麗さもそうですが、後ろもパターンがまた面白くて、それが良い表情に。

     

     

     この生地は本当に面白い。さらに新万葉染の色合いとも似合う。

     

     

     ボトムスをシンプルにして、さっと羽織りたい。

     

     

     この後ろの正面の感じ、素敵です。ピンタックの柄の流れが素敵。

     

     

     いわゆるヨークの部分は、ピンタックが斜めになるようになっていて。

     

     

     ボディ部分は横に。

     

     

     そしてまた独特な感じで、ヨークからそのまま後ろ腕に繋がるパターン。

     

     これが美しい。

     

     

     なので袖にはまた斜めにピンタックが進む。

     

     前の腕とは異なる柄の流れが後ろには生まれるのが面白い。

     

     

     逆側も同じように。

     

     

     ヨークから腕へ一枚で。

     

     

     後ろと前、ボディと袖、ピンタックの色々な向きの流れと表情が楽しめる。

     

     

     なかなかこんなシャツは、見たことない良さ。

     

     半袖シャツってどうしても無難なものが多くなるけれども、この攻めた凄さ。

     

     

     ちなみに、肌に触れる裏面はフラットなので着心地もちろん良いです。

     

     さらっと肌さわりも良好。

     

     

     ネームは内側にあるので、目立たないところに。

     

     

     サイズ表記は相変わらずこっちの製品表示に。

     

     サイズはSサイズ・Mサイズ・Lサイズで入荷してます。

     

     基本は普段Sの方はSで、Mの方はMで……という具合で良い感じ。

     

     タイトに着たい方はワンサイズ下げても着られると思いますが、一番上のボタンを閉めたい場合はワンサイズ下げない方が良いです。

     

     

     これは実物を見てもらうと、その面白さがわかるはず。

     

     正直、かなり良いです。テンション上がる半袖シャツ。

     

     

     KUON 織ピンタック 新万葉染半袖シャツ パープル ¥24,000+税

     

     そしてもう一色のパープル。今シーズンのKUONさんの軽やかなものは、グレーとパープルで揃います。

     

     基本的な形はもちろん同様で、万葉染での色違い。

     

     パープルといっても青みのあるパープルで、紫すぎないのが着やすいところ。

     

     

     このシャツに関しては、絶対に飾っているよりも袖を通した時の方が良い。

     

     パープルもグレーも同様です。

     

     

     ピンタックの面白さはもちろん、モノとして見るだけでもわかるのだけれど。

     

     それがパターンと相まって出る柄の素敵さは、やはり着て初めて出る。

     

     

     生地感は軽いので、下にロンTとかを着て重ねるのもありかもしれません。

     

     

     やっぱり不思議なこの織ピンタック。

     

     

     縫製をしたピンタックよりも柔らかさがあって、この質感は素敵。

     

     もちろん、織るのにものすごい手間と時間がかかることになるので、どこでも出来るわけじゃないでしょうけれども。

     

     

     開襟シャツの流れは昨年くらいから結構きてて、今年も開襟は良い気分。

     

     

     開きも綺麗で申し分ない。

     

     

     もちろんループがついて。

     

     

     こうして一番上をとめても着れる。

     

     これはこれでまた上品さがさらに増して、個人的にはかなり好き。

     

     

     やっぱり特徴的なのは肩から腕。

     

     

     素敵な柄の流れになってくれます。

     

     

     脇のごろつきもないので、着心地という意味でもこれ地味に気持ちいいのです。

     

     

     前を開けてももちろん気持ちいいと思います、暑い日には。

     

     

     着丈は長すぎず、すっきりした長さなので、夏場もボトムスは合わせやすい。

     

     

     ボタンの白さがまた、綺麗ですね。

     

     

     このボタン、ちょっと気に入ってます、綺麗で。

     

     

     左胸にポケット。もちろん実用性あるポケットです。

     

     

     腕は太さもゆとりが適度にあるので、動かしやすいです。

     

     

     生地も柔らかいので、着ていて楽チン。

     

     

     後ろ姿、やっぱり素敵でしょう。

     

     

     良い表情。凹凸に加えて陰影がまた綺麗。

     

     

     半袖シャツって好みは分かれるかもしれないけれど、このシャツは半袖だからこそ面白い。

     

     

     そういう半袖シャツは、素敵ではなかろうか、と。

     

     

     この背中の見え方が良いんですよね。

     

     

     ヨーク部分の斜めに走るピンタックが美しく。

     

     

     そこから腕へ。面白い作りですよね。

     

     

     こちらも同様。

     

     

     メインボディの背中も左右で合わさっている形です。

     

     

     やっぱり良い雰囲気。後ろ姿が最高に綺麗。

     

     

     パープルもグレーと同じく、S〜Lにて。

     

     基本は普段のサイズ通りで。タイト目が良い方はワンサイズ下げて、というくらい。

     

     

     パープルの色の感じも、合ってますねぇ。

     

     

     どちらのカラーも軽やかな空気があって、雰囲気ある。

     

     この半袖シャツは、なかなか他では見ない素敵さがあります。

     

     まだ少し早い準備になるけれど、ぜひお楽しみくださいませね。

     

     

     

     サークル

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM