<< CIRCLEの3月の営業・おやすみ予定について。(2019年3月) | main | ル・ボナーさんの残心シリーズの展開状況について。 >>
2019.03.01 Friday

KUON(クオン)の一風変わった質感の、綿モール無撚糸裏毛・新万葉染カーディガンについて。

0

     

     3月に突入して、ここからは冬を耐えつつ春の訪れを楽しみに待つ季節。

     

     でもこの冬の終わり近く〜初夏のあたりって、とっても洋服好きには愉しい季節でもあるよなぁと感じています。

     

     工夫次第で重ね着も色々なバリエーションで出来て、暖かくなるごとに軽やかな服も着て身軽な感じも出てきて。

     

     CIRCLEは今月、ばりばり頑張ります(いや、毎月頑張ってるんですけどね)。どうぞよろしくお願い申し上げます。

     

     さて本日は!!

     

     KUONさんのジャケットやコート的なものや一段落ついた19SS。でも長袖の羽織りものでちょっと軽やかな子があと一つだけ届いてます。

     

     ここで、KUONさんの19SSの長袖のもの(長いパンツ含め)は完納となります、早い。

     

     ここから先は半袖(短パン)等となりますので、長袖揃ってもろもろをぜひお楽しみくださいね。

     

     

     19SSの長袖のラストの入荷は、独特な素材感と仕上げが他になくて面白い、軽やかでかつ色合いが雰囲気良いカーディガン。

     

     コットンベースのカーディガンは春のアウター的にはもちろん、初夏から夏にかけてもきやすくて、真夏の時期にも冷房避け的な意味合いでも便利だったり、登場シーンも多く楽しめる子。

     

     KUONが作る軽やかなカーディガンは、やっぱり普通ではありません。

     

     

     パッと見ると優しい色合いのカーディガンで、ふんわりほわっと柔らかい印象。

     

     もちろんそういう感覚もありつつも、それだけじゃない。

     

     

     19SSのKUONさんの素材の中でも、とりわけ特殊で一風変わった子。

     

     でもこれが、サラっとシャリっと気持ちいいのです。

     

     

     KUON 綿モール無撚糸裏毛 新万葉染カーディガン パープル ¥27,000+税

     

     呼び名がなんだか複雑になってますが、こんな風に素材で呼ぶのが一番わかりやすい気もして。

     

     軽やかでふわっと、でもこの素材にしかない独特な表情と質感のあるカーディガン。

     

     シャツに合わせるのはもちろん、カットソー上にもまた便利で使いやすい感覚。

     

     

     色合いの感じがまた素敵なのです。

     

     新万葉染はKUONさんでちょこちょこ使われる草木染めの一つ。

     

     優しく柔らかい発色で色が出てくれて、それがまた素材感とあっていて良い。

     

     

     カーディガンとしての形そのものは、KUONさんらしい適度なゆったり感がありつつ、着るとシュっとするパターン。

     

     

     たるん、と軽い感じで着こなしたい一枚。

     

     かちっとした雰囲気よりも、リラックスして心地よい普段着、気持ちいいオシャレ着として。

     

     

     メインボディの素材感がもう、独特。

     

     コットン87パーセント、ナイロンが13パーセントほどの、いわば裏毛のライトウェイトなスウェット生地みたいな具合。

     

     表が天竺的な編みになってますが、その表面をかぎ針でザザっとパイル感あるように毛羽立たせ、立体感のある表情に。

     

     表はナイロンの質感がわかりやすく、コットンの柔らかくふわりとしたところに、特徴的なシャリっとした感覚があって、涼しげな手触り。

     

     

     ランダムな風合いのパイル地といえば良いのか、ドンズバな言い方が難しい。

     

     でもこの素材感は離れて見るとふわりとした柔らかさに見え、近くとぐっと豊かな陰影を生み出す。

     

     なかなか普通には見かけない質感。KUONはほんと素材と仕上げにどこまでこだわるのか。

     

     そこに新万葉染で草木染めを施して、と。手をかけすぎなくらいかけている感ある。

     

     

     で、この生地は表と裏の表情と手触りがまるで違う。

     

     裏面はいわばライトウェイトの裏毛スウェットみたいな状態なのだけれど、こちら側の糸はあえて綿に撚りをかけずに糸にした無撚糸を用いることで、通常の裏毛の感じとも異なる質感。

     

     裏側はサリっとした感覚はあまりなくて、ふわっとコットンらしい風合いの方が強い。トップ糸にはナイロンがしっかり入って、ボトムというか裏毛部分はコットンだけとかそういう組成なのでしょうね。

     

     

     表と裏の素材感の違いは、着心地にも関わる。

     

     表のサリっとした感じは表情としては面白くて、とても良い風合いだけれどそれがそのまま肌に当たると、ちょっとナイロン感が気になる。

     

     でも裏側はコットンのふわっと感が出ている感じだから、そのサリっと感は影を潜め、肌に滑らかで着心地の良い仕上げ。

     

     

     カーディガンそのものの形は、これまでのKUONさんのカーディガンに近いようで、また違う。

     

     リラックス感があって生地のゆらぎを感じられつつも、スマート感もあるフォルム。

     

     

     襟の開き具合は、下にシャツでもカットソーでも合わせやすいくらい。

     

     春にはアウター的にシャツ上、初夏にはカットソー上に羽織り、夏場には冷房避け的に羽織っても軽くて気持ちいいはず。

     

     

     透けるほど薄い感じではなく、でも適度に空気のヌケが良い素材感。

     

     

     また、襟と前たての部分には、ヘリンボーンコットンを横向きで使って、ここも表情ある仕上げに。

     

     

     前部分はボタン開閉でシンプルに。

     

     

     ボタンはパープルにはきなり色っぽい貝ボタン。

     

     

     ボディはシャツ上に着られる程度のゆとり感がありつつ、生地が柔らかいので薄手のものの上に羽織っても、テロっと良い感じに体の感じに沿ってくれる空気。

     

     

     着丈は長すぎず、短すぎず。

     

     羽織りものとして使いやすいバランス感。

     

     

     腰回りにはポケットがついてます。ポケット口はやっぱりヘリンボーンコットン。

     

     

     左にももちろん。

     

     

     そしで裾まわりはリブっぽくなってますが、スポーティーにキツいリブではなく、ゆるっと柔らかい感じ。

     

     この辺りはKUONらしいアプローチですね。キュッと絞るのではなく、ストンと落とす。

     

     

     でももちろん裾までびっしり表情豊か。

     

     

     アームホールは細すぎず、下にきちんと色々挟んでも着られるくらいのゆとり。

     

     

     腕も動かしやすい柔らかさと太さ。

     

     

     そして袖先はまたリブのような具合になって。

     

     やっぱりここもスポーティーな感じが出ないように、強くキュッとはしません。

     

     

     首上にはKUONネーム。

     

     

     製品表示部にサイズ表記。

     

     このカーディガンはSサイズ、Mサイズ、Lサイズで入荷してもらってます。

     

     基本的には普段Sサイズの方はS、Mサイズの方はM、Lサイズの方はLでちょうど良い感じと思います。

     

     よりリラックス感出してゆとっと着たい場合はワンサイズアップでも。

     

     

     後ろ姿のこの優しい雰囲気、良いですね。

     

     

     軽やかな素材感に青みがある淡いパープルがよく似合う。

     

     

     なかなかこういう淡い色味は、化学染料系では難しくて、やっぱり草木染めは強い。

     

     

     このパープル、意外とボトムスの色ほとんど選ばず似合う。

     

     ジーンズでもチノパンでも。個人的には黒系と合わせるとなんだか気分良い。

     

     

     後ろから見ても生地のこの独特感はしっかり。

     

     

     ネップ感でもなく、完全なパイル感でもなく、シャギーというにもまた違う。

     

     この質感は触ってなお面白い。

     

     

     着て洗って、より生地がしっとり馴染んでいくと、またぐっと気持ちいいでしょうね。

     

     

     もう今からはミドルインナーとして着て、3月下旬から4月になるころには、バリバリアウターとして楽しめるはず。

     

     

     KUONさんの19SSシーズン、ラストの長袖です。

     

     軽やかですね。

     

     

     KUON 綿モール無撚糸裏毛 新万葉染カーディガン グレー ¥27,000+税

     

     そしてもう一色はグレーをご案内。

     

     基本的な作りや素材感、表情などはパープルと同様で、新万葉染でグレーに。

     

     このグレー感もやっぱり淡く優しく、適度なムラ感もあって綺麗。

     

     

     スウェット的な杢グレーともまた違って、やはり染めならではの雰囲気。

     

     

     軽やかでふわっと羽織りやすく、それでいてシャリっとした質感。

     

     

     なかなかこういう素材感って他に見ないような気がする。

     

     

     ランダムな立体表情が素敵な素材。

     

     

     チクチクした硬さではなく、柔らかいのにシャリっとしてる不思議な感じ。

     

     

     裏部分はふんわり感強めで、着心地良い。

     

     

     表と裏の感じは、見た目でもだいぶ違いあるので、わかりやすいと思います。

     

     

     白シャツの上に合わせたり、ピンクのシャツの上とかも綺麗ですね。あるいは、淡めのサックスとか。

     

     グレーって万能。

     

     

     カットソーの上にも着やすいので、楽しめる期間はかなり多い。

     

     

     ヘリンボーンの表情もまたアクセント。

     

     

     前の開閉はしっかりボタンで。

     

     

     グレーのボタンは黒っぽい貝ボタン。

     

     

     このふわっと程よいリラックス感が、素敵で草木染めと合う。

     

     

     ざっと気軽に羽織りやすくて、重宝する柔らかカーディガン。

     

     

     ポケットは細かなモノ入れても良いし、やっぱり手を差し込む感じが素敵で。

     

     

     春の陽射しの中で、ふらっと歩きたいですね。

     

     

     裾がね、きつくないのが素敵です。

     

     

     腕周りはしっかり動かしやすい安心感。

     

     

     でもボワっと太い感じではないので、着るとシュっとします。

     

     

     あ、もちろん普通に洗濯機で洗える素材なのでご安心を。

     

     

     サイズはこちらもSサイズ、Mサイズ、Lサイズ。

     

     基本は普段の洋服通りのサイズ選び、で良い感じかなと思います。

     

     

     後ろ姿の柔らかさ。

     

     

     コットン100ともまた異なる、ナイロンを混ぜたことによる独特な面白さ。

     

     

     このグレー感はまた、ほんのりで素敵なのです。

     

     

     草木染めは奥が深い。

     

     染料そのものだけでなく、なんの素材で媒染するかでまた発色が全然変わる。

     

     

     グレーは結構、鉄系を媒染にするパターンが多いけれど、どうなんだろう。

     

     どことなく、ゴバイシとかで染めた色合いに近いグレー。

     

     

     表情豊かな素材はやっぱり幸せです。着込む楽しみをくれる。

     

     

     洗濯で強く色落ち、みたいなのはありませんが、濡れた状態でぴったりくっついているとほんのり色落ちしたりはする可能性はあるので、念の為初めのうちは白いものとの洗濯は分けながら、がおすすめです。

     

     

     洗濯の際はネットに入れると良いかなと思います。やっぱりこの独特な表情を育てながらずっと維持したいですから。

     

     

     パープルともまた違う雰囲気のある、グレー。

     

     柔らかくふんわりと、でもシャリっと。

     

     

     それぞれで店頭、オンラインに並びました。

     

     ここから先、KUONさんの19SSの入荷は半袖とかになるので、長袖ものはここまでで全てになります。

     

     ぜひ様々な素材、形でお楽しみくださいませね。

     

     

     

     サークル

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM