<< テルコ雑貨店の新作と、ちょっとした嬉しいことについて。 | main | KUON(クオン)さんの、やっぱりこの素材良いよねの麻墨染チェック・イージーパンツについて。 >>
2019.02.27 Wednesday

KUON(クオン)さんの素材感良い奄美大島藍染ヘリンボーン・イージーパンツについて。

0

     

     CIRCLEではもちろん、たまにブランドさんや作り手さんに別注をしたり、特注をお願いしたりします。

     

     それはそれでCIRCLEならではのものでもありますし、愉しい部分も多いわけですが。

     

     でも、別注や特注だけではない、普段そのブランドや作り手が生み出しているものを愛して、しっかり届けるというのがまたある種の「お店のあるべき姿」でもあるなぁと、この頃感じています。

     

     やっぱりCIRCLEは結局お客様と作り手のおかげで成り立っていて、何事もバランスが大切だな、と思っています。

     

     さて本日は。

     

     KUONさんの19SSは続きます。アウター的なジャケット類などはすでにご案内全ていたしましたが、今日はボトムス。

     

     19SSのボトムスは、今日二つのブログでご案内するイージーパンツが2種類と、もう少し暖かくなったらご案内するショートパンツのみの入荷予定。

     

     種類は少し少ないけれど、でも風合いはがっちり良いのでぜひお楽しみを。

     

     

     19SSシーズンのKUONさんのボトムスは、主に「ワイドパンツ」と「イージーパンツ」と「ショートパンツ」という具合で展開でした。

     

     CIRCLEとしては今シーズンはワイドパンツの空気でもないなぁとどこか勝手に感じて、イージーパンツとショートパンツのみの入荷となります。

     

     今日はそんな中から、イージーパンツをご案内。

     

     一つは、奄美大島藍染の色合いとちょっと特殊な使い方でヘリンボーンの風合いが素敵なバージョン。

     

     

     KUON 奄美大島藍染ヘリンボーンコットン イージーパンツ ¥29,000+税

     

     イージーパンツは、前回の18AWシーズンから新しく出てきた形で、KUONさんらしい適度なテーパード感と、ゆったりしつつもシュっとして感じられるフォルムが素敵な子。

     

     今シーズンはまた微妙にディテールなどもろもろが変わりつつ、もちろん生地も異なるので、ぐっと違う面白さ。

     

     藍染のヘリンボーンコットンは、春夏らしい風合いがあってとっても魅力的。

     

     

     奄美大島の藍染の色合いが、爽やかでかつしっかり落ち着きも感じられて好きです。

     

     華やかな色味を合わせても、もちろん落ち着いた色味を合わせてすっと馴染んでくれるこの感じ。

     

     

     イージーパンツとは言いつつも、いわゆるトラウザー的な大人なパンツ。

     

     

     適度なテーパード感が気持ちよく、それでいて今シーズンのものは丈が昨年より少し長くなって、クロップドな感じというよりもいわゆるしっかりとロングパンツという感じになった。

     

     

     素材のコットンヘリンボーンは、もちろんコットン100%。

     

     独特な織模様が綺麗で、上から藍染が施されることでなおその織り目の陰影感が美しく見える。

     

     

     オンスはおおよそ8〜9オンスくらいな感覚。

     

     厚手というよりは、軽やかなコットン感。

     

     それでいてちょっと特殊なのが、ヘリンボーンって普通縦縞っぽく見えるような向きで洋服を仕立てることが多いと思うのだけれど、今回のイージーパンツではあえて向きを横にしている。

     

     これが独特な柄の見え方を生み出してくれていて、面白い。

     

     

     正面からの顔は、とても端正。すっとスッキリしつつ、生地のぎゅっとした感じと凹凸感などはしっかり味わい深く。

     

     

     トップはボタン開閉で、水牛ボタン。

     

     

     この帯の部分が横向きなヘリンボーンになるのは普通だけれども。

     

     

     イージーパンツですが、しっかりベルトループもあります。

     

     イージーっぽく履かずに、ノーマルなテーパードパンツとして履いてもちろん気持ちいい。

     

     

     ポケットは大きめにしっかりスラッシュで。

     

     

     染めによるこの凹凸感ある表情が素敵すぎる。

     

     

     ポケットの中も青く染まってます。

     

     

     もちろん両方にポケット。

     

     

     ウエスト部分には、もちろんイージーパンツなので中にドローコードが入ってます。

     

     ベルトをしなくても、ここでぎゅっと縛って履いてもしっかり履ける。

     

     

     特に春夏の感じだと「今日はベルトをつけると空気が重いな」という時には、すっとイージーパンツとしてドローコードで絞って履くのは気持ち良い。

     

     

     本体に合わせて、コードもネイビー。

     

     

     フロントの開閉はファスナーにて。

     

     

     で、この感じです。パンツ本体部分も横向きのヘリンボーンの向き。

     

     独特な柄の見え方で、これがなんだか雰囲気良いのですよね。

     

     もも周りはふわっと良いゆとりがあって、履きやすく動きやすい。

     

     

     そこから膝にかけて緩やかにテーパードしていく。

     

     うん、やっぱり通常のヘリンボーンの向きとは違う、独特な味わい。

     

     

     で、裾に向かってもう少しテーパード。

     

     でもテーパードはぐっとキツいわけではなく、緩やか。

     

     すそ幅としてはいわゆるストレートパンツ的なくらいで、靴は色々合わせやすい。

     

     このふわっとしたところから緩やかに細くなっていく感じが、綺麗なんですよね。KUONさんのフォルムはとても上手い。

     

     

     裾部分はシンプルに。でも少し生地をたっぷりと折り返して縫製されていて、これがまたパンツのフォルムがストンと綺麗に落ちつ良い塩梅。

     

     

     硬くなく、さらっとしていてとても履きやすい質感。

     

     履き込んでいくとなお柔らかさが出てきて、藍染も変化が出てきて楽しい。

     

     

     後ろ姿のフォルムが良い感じですよね。テーパードの具合がよくわかる。

     

     

     奄美大島の藍染って、明るさも感じさせつつ、しっかり渋さもある。

     

     

     トップスは結構なんでも合わせやすい。

     

     ジャケットでもブルゾンでも、もちろんシャツやカットソーだけでも軽やかに。

     

     

     このフォルムのパンツは、実体験としてものすごく便利と感じている。

     

     

     後ろの正面顔も良い雰囲気。

     

     イージーパンツだからこそのぎゅっと生地のよる感じも素敵。

     

     

     ベルトループは後ろにもしっかり配置され。

     

     

     ウエスト後ろ部分にはイージーパンツらしく、ゴムが入っていて伸縮します。

     

     

     だいたい4〜5センチほどは伸びるので、タックインして着るときも楽チンですし、対応力も抜群。

     

     今回、サイズはS〜Lまで入荷してますが、Sでおおよそウエストが79cmちょっとくらい。そこからゴムでもう少しゆとりあって履ける。Mで82cmちょっと、Lで85センチちょっと。

     

     ゴムでゆとりある分も考慮すると、概ねSサイズで31インチ〜33インチ、Mサイズで33インチ〜35インチ、Lサイズで35インチ〜37インチ相当という具合です。

     

     基本、お手持ちのパンツのウエストと近い具合でお選びいただければ、サイジングとしてはちょうど良いと思います。

     

     

     左にはボタンつきのポケット。

     

     

     右はボタンなしのフリーポケットです。

     

     

     ヘリンボーンが横になると、なんだか新鮮。

     

     そこにさらに藍染が加わっているからこそ、より立体感あって感じられる。

     

     

     春夏と言ってますが、もちろん秋にも良い感じだと思う。

     

     真冬はちょっと寒いので、冬場に履くときは下にタイツ挟むと良いかなと。

     

     

     昨年のイージーパンツがもともと丈が少し短めでクロップド気味だったのに対し、今シーズンのイージーパンツは丈はノーマル。

     

     そのままストレートパンツ的なノリで履いても綺麗ですし、もちろん折り返してクロップドっぽくして履いても気持ち良いと思います。

     

     

     遠目ではシンプルな藍染に見えつつ、実は奥深い表情がぎっしりのイージーパンツ。

     

     爽やかにもできれば、ぐっとシックにも出来る藍染パンツです。

     

     ぜひ、お楽しみくださいませね。

     

     

     

     サークル

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM