<< KUON(クオン)の刺し子織が美しい19SSのカバーオールについて。 | main | KUON(クオン)のこれまた軽やかさの良い遠州カツオ縞刺し子・6パネルキャップについて。 >>
2019.02.23 Saturday

KUON(クオン)さんのザッと羽織りたくなる、麻・墨染チェック2つボタンジャケットについて。

0

     

     昨日ご案内させていただいたカバーオールは、早々にお声いただけていて、ホワイトが残りわずかだけとなりました。

     

     藍染のレザーブルゾンも旅立っていって(Sサイズは取り置き中なので、キャンセルの場合は今一度店頭とオンラインへ)、嬉しい話です。

     

     KUONさんを取り巻く環境は本当にあっという間に変わって広がっていっていて、特に海外での動きはもう驚くほど。

     

     日本での評価は得てして世界的な評価が高まってからついてくる、という感じがアパレル業界はどうしても感じられますが、CIRCLEもそんなKUONの良さを日本で伝えられているお店であれば嬉しいなぁと思うこの頃です。

     

     さて本日は。これはCIRCLE店主的に待ってました!!な羽織りもの。

     

     ここで19SSのKUONさんのジャケットアウター的な羽織りもの入荷は一段落です。(春物、夏物とまだこれからも入荷はありますが)

     

     墨と麻の合わさった質感、そしてこの羽織って着込みたくなるジャケット感、かなり素敵です。

     

     

     

     

     今シーズンの素材の中でも、CIRCLE店主が個人的にひたすら気に入っている、麻の墨染コーティング。

     

     ブロックチェックの100%リネンに墨を合わせると、こうも面白くなるのかという感覚と、リネンの涼やかで軽やかな質感がとても気持ちよくて、なかなか他にない素材感だよねと思っている。

     

     別注のコート(完売)、ドリズラージャケット(あとちょっとだけあります)に続いて展開となります、2つボタンジャケット。

     

     これがまたもう、春に初夏に、秋冬にときっと大活躍な一枚になってくれます。

     

     

     KUON 麻・墨染ブロックチェック 2つボタンジャケット ¥45,000+税

     

     麻のジャケットで洒落感あるものを探そうとすると、意外と難しい。

     

     なんだかナチュラルな雰囲気に偏ったり、あるいはちょっとラグジュアリーな感じになったり(もちろん、それらはそれらで良いのですが)。

     

     KUONさんのこの墨染を施した麻素材でのジャケットは、綺麗な雰囲気がありながらも味わいのある風合いがよく、上品な感じとラフな感じがうまいこと同居した、ついつい着たくなる麻ジャケットに仕上がっていると思う。

     

     

     この前展示会にお邪魔した時には、KUONさんのヴィジュアルとかもろもろのディレクションをしている、ファッション業界ではだいぶ有名な市ノ瀬さんがまさにこれを着てくれていた。

     

     雰囲気がすごく出ていて、「やっぱりこれ良いよなぁ」と再認識をして、入荷展開のご案内。

     

     ドリズラージャケットのカジュアルブルゾン感も素晴らしいし、この2つボタンジャケットの風合いもどちらも良い。

     

     それぞれ違う形のアウターとして、麻の素材感とぴったり似合っている。

     

     

     形としては、先日ご案内をした半シグネチャー的なアップサイクルジャケットの形とかなり近い感じ。

     

     素材が変わるとまた、雰囲気はガラっと違うけれど。

     

     

     ピシっとジャケットっぽく着るのももちろん良いですし、着崩してざっくりラフに着るのも素敵だと思っています。

     

     素材感的にも着られるタイミングはかなり多くて、3月にもなればアウターとしてたっぷり、初夏や梅雨時期にも麻なので気持ちよく羽織れるはず。

     

     真夏は流石にアレかもしれないけれど(でも、夏の冷房の効いたところに行く時とかは、むしろ気持ち良いはず)、秋にもアウター、冬にもインナージャケットとして便利な。

     

     なんだかんだ、一年通して着やすいジャケットになってくれるのでは、と。

     

     

     ブロックチェックのリネンの上に、墨染。

     

     コーティングっぽい感じになるように加工されていて、これがまた適度にチェックの柄も見えつつ、掠れた風合いも出てやっぱり素敵なんですよね。

     

     

     着込んでいくとなお、この墨の風合いは変化していき、麻そのものもさらに馴染んでいく。

     

     着て育てていく素材としても多くの味わい、楽しみのある素材感。

     

     

     正面から見た顔も、ぐっとスタイリッシュに綺麗な感じ。さらに生地の奥行きある表情が伝わる。

     

     

     襟はノッチドラペルでざっと羽織りやすいデザイン。

     

     サイズも大きすぎなくて、色々な着方に対応できる。

     

     

     ラペルのホールは縫い目だけで、穴は開いてません。

     

     

     有松絞りのアップサイクルジャケット同様、ラペルの上の襟裏はぐっとハリのあるようにしっかり作られていて、これがまたジャケットのキリっとした良い感じを出している。

     

     

     肩幅はジャケットとしてほどよい塩梅で、広すぎず狭すぎず。

     

     

     身幅は適度にゆとりがあるので、下にシャツを着込んでももちろん良いですし、素材感的に軽やかでもあるのでカットソーやTシャツで上にこのジャケット、とかでも気持ちいい。

     

     

     裾まわりはもちろん綺麗にカーブして、動きやすい形に。

     

     着丈は適度に長さもあり、短すぎてバランスが微妙な今時感とかではないのが、また嬉しい。

     

     

     開閉は二つボタン。基本は上だけ留める、とかになるかもしれませんが、このKUONさんのフォルムは二つとも留めるのもまた綺麗です。

     

     

     ボタンはブラックのホーンボタンかな、これは。表情もあって、良いボタンです。

     

     

     左胸にはポケット。

     

     

     腰回りにももちろんパッチポケットがあります。

     

     

     ハンドウォーム的に手を差し込むのも良いですし、細かいものをちょこちょこ入れてももちろん。

     

     

     アームホールもほどよくゆとりはあって、下に着るものは色々と楽しみやすいと思います。

     

     

     腕も動かしやすい太さで、でも太すぎないバランスの良さ。

     

     

     着込んでいくと腕の部分とかの風合いの変化は一層楽しみ。

     

     

     袖先は本切羽でボタンは開閉可能。

     

     きちんとこちらも額縁で仕立ててあって、作り綺麗に。

     

     

     前を開けると背中上部分にKUONネーム。

     

     サイズ表記はやっぱりここにはなく、製品表示部に。

     

     今回はSサイズ・Mサイズ・Lサイズで展開。

     

     普段ジャケットがSの方はS、Mの方はMといった具合でちょうど良いと思います。

     

     あえてゆったりと、生地のゆらぎをさらに出して着たい場合はワンサイズアップとかも素敵ですが、基本的には普段通りでほぼジャスト感ある感じで羽織れます。

     

     

     裏地はついておらず、麻の1枚仕立てです。

     

     この軽やかさが実に便利で気持ちいい。

     

     

     腕の部分はパイピングしながら。

     

     

     右胸の内側には内ポケットが一つ。

     

     

     左側はポケットなくシンプルに。

     

     

     後ろ姿のこの佇まいも良い雰囲気。

     

     やっぱり、麻素材の絶妙なシワ感や陰影が良い。

     

     

     チェックの見え方がうっすらした具合も、程よい塩梅で着やすい。

     

     

     洗いざらしでざっと手アイロンくらいで干して、ラフに着るとまた素敵なのでは、と。

     

     もちろんぴっちり綺麗にアイロンしたり、クリーニングしてかっちり合わせるのも悪くない。

     

     

     カジュアルジャケットですが、作りしっかりなので上品さがあるのもポイント。

     

     

     墨と麻の風合いの面白さ。

     

     遠くから見るのと、近づいて見るのではまた見え方も違って面白いのです。

     

     

     立体感、奥行きのある表情の背中は美しい。

     

     

     センターベントになっているので、動きやすさもばっちり。

     

     

     ここももちろん額縁。きっちりしてます。

     

     

     と、こんな具合で上品なジャケット感がありながらも、ざくっとラフに着るとまた面白いであろう素材の相性。

     

     このジャケットはまた、ぐっと面白い一枚だなと感じています。

     

     ぜひ麻と墨の素敵な質感、お楽しみくださいませね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM