<< Holzさんオリジナルのボトルオープナー(栓抜き)は、また素敵な逸品です。 | main | Workers(ワーカーズ)さんの軽やかさが気持ちいい、2種のチノ・オフィサートラウザーズについて。 >>
2019.02.12 Tuesday

Workers(ワーカーズ)のさらりと気持ちいいバルカラージャンパーについて。

0

     

     ようやくMacBook Proに少しずつ作業を移行できそうな具合になってきたけれど、慣れるまでが微妙に使いづらい。

     

     最終的にはきっと、便利に使えるようになるはずだから頑張って慣れていかねばというところですが……。

     

     さらに次のステップに早く進みたいものです。頑張ります。

     

     さて本日は、Workersさんから19SSの2月入荷が届いてまいりましたのでご案内。

     

     秋冬にとてつもなく人気になってくれた、撥水ギャバジンを用いたバルカラーコート。その素材感と雰囲気をそのままに、春秋にまた軽やかに着やすいブルゾンバージョンもリリース。

     

     このブルゾンがまた、羽織って調子よく着やすいのです。

     

     

     

     

     バルカラーコートは素材感と着心地、そして便利さも含めて非常に多くのお客様に楽しんでいただいています。(店主もその一人)

     

     それがブルゾンバージョンになると、またコートとは異なる面白いアイテムに仕上がってくれています。

     

     軽やかで爽やかな着心地、これはなんとも使いやすいブルゾンに。

     

     

     ブルゾンってなんだかんだ言っても、色々なタイプがあると便利な存在。

     

     まだ冷えるうちはシャツを着てベストやハイゲージニットを着てブルゾンをアウターにしても良いし、春秋本番にはシャツの上にさらっと羽織って良い。

     

     もう少し暖かさがある時には、長袖カットソーやTシャツの上からざくっと着てもまたそれもアリ。

     

     汎用性高く、様々なシーンで使いやすい。

     

     

     特に今回のバルカラージャンパーの素材感は、軽くさらっとしているのがなお便利。

     

     その上しっかり撥水なわけですから、ちょっとした春雨に打たれたって気にならない。

     

     コーチジャケット、ドリズラージャケット、あるいはカバーオール。

     

     そのどれともまた異なる、スイングトップと言えば一番近いかもしれないけれど、でも少し違うちょっと独特で気持ちいいブルゾン。

     

     

     Workers バルカラージャンパー ベージュ ¥35,000+税

     

     今回サークルでは、バルカラーコートの時とはまた異なり、ベージュとカーキの2色で展開です。

     

     春ブルゾンの空気感にやっぱりベージュは欠かせません。それにこのクロスでベージュはやはりど真ん中でもあり。

     

     ボトムスは同色以外はなんでも似合ってくれる、万能さん。

     

     

     全体的なイメージはバルカラーコートの短い版……のようで、もっとミニマルな印象に。

     

     スッキリと爽やかで、軽い印象があってブルゾンらしい良い空気。

     

     

     襟周りや肩周りなど、基本的な形はバルカラーコートを踏襲しながらも。

     

     

     もちろん裾の感じや袖感、もろもろ細かな部分はブルゾン用にしっかりとデザインされ、それが良いバランス。

     

     

     表の素材は某バーバリーでかつて使われていた工場さんで織られた、いわばほぼ同じ組成のコットンギャバジン。

     

     70番手双糸と細めの糸をぐっと高密度に織り上げて、その上からさらにしっかりと撥水加工。

     

     これが非常に滑らかな質感で、柔らかでほんと気持ちいい。

     

     

     防風性も高く、それでいてコットンなので透湿性もしっかりある。

     

     この生地はあらゆるシーンでやはり着やすくて、温度調整もしやすい。

     

     着込んだ時のシワ感も汚くならずに、自然な風合いで着こなせる。

     

     やっぱり良いんです、このコットンギャバ。

     

     

     正面からの顔は、コートのようにも感じられるけれど、どこかスマート。

     

     全体の身幅感や袖の太さなどが違うことで、コートの空気とはやはり顔も違ってくる。

     

     

     襟は適度にボリュームがありつつ、それでいて返りは良い。これはパターンの妙。

     

     

     袖はラグランスリーブ。肩幅という感覚はなくなり、また動かしやすい。

     

     ブルゾンでこういう袖もまた動きやすくて良いものです。

     

     

     ボディ全体のフォルムは、ほんのりAラインを感じさせるコートっぽい空気は残しつつ、でも広がりすぎることなくしっかりシュっとしたブルゾンに。

     

     このバランスが着るととても面白くて、展示会では「春のブルゾンってどうかな〜」とか色々考えていた中で、袖を通した瞬間に「いやこれ、素敵っすね」とCIRCLEでは展開を決めた。

     

     

     裾はスクエアにピっと潔く。

     

     この形もまたブルゾンとして爽やかさと軽さが出ているポイントでもある。

     

     丈感も長すぎず、ボトムスとしては様々に合わせやすい。

     

     

     トップはコートと同様に表に見えるちょっと小さめボタンで。

     

     

     そこから下は比翼仕立てになっているので、スッキリした生地の見え方。

     

     

     腰回りにはポケット。

     

     ボタン付きで、コートの時よりは少し上の位置にきますね。

     

     

     もちろん左右にポケット。

     

     コートの時はポケットは貫通ポケット仕様でしたが、ブルゾンでそれをしても高さ的に不便で意味がなかったりもするので……

     

     

     今回は裏地がそのまま付き、通常のハンドウォームのポケットに。

     

     ブルゾンではやっぱりこの方が便利ですよね、うん。

     

     手を差し込むだけでなく、もちろんちょっと何か入れても。

     

     

     肩周りは下にシャツやニットを挟めるゆとりはしっかりありつつ、ガボっと太い感じにはならない太さ。

     

     

     腕部分も同様で、とっても動かしやすい気持ち良い太さではあるのだけれど、太すぎない。

     

     ブルゾンなのでコートの時より少しだけ細い感じ。

     

     

     袖先も同様。長さも含めて、コートの時より少し短く細く。

     

     それでいてもちろん、ボタンとタブがつくのでお好みでさらに調節可能。

     

     このディテールがコートから残るのはなんだか嬉しい。

     

     

     ご覧の通り、袖裏はもちろんキュプラになっているので、滑りもよく気持ちいい。

     

     このコットンギャバジンとキュプラの相性って妙によくて、袖を通すとほんと柔らかさが絶妙で腕が気持ちいいんですよね。

     

     きっとコートを試したり、着てくださっている方はなおさらよくわかるはず。

     

     

     前を開けると、ボタンの開閉です。ボタンはコート同様の練りボタン。

     

     

     また比翼部分はこんな具合でWorkersさんらしい作りもしっかり。

     

     

     この撥水ギャバジンを使った洋服用の、Workersさんネーム。撥水だよ!!とわかりやすい。

     

     

     今回、サイズは36と38で入荷となりました。

     

     36はSサイズ相当、38はMサイズ相当、といった具合です。

     

     コートとはまた異なるブルゾンなので、サイズ感もちょっと違います。

     

     基本普段からSサイズ!という方は36、Mサイズ!という方は38で気持ちいいはず。

     

     ワインサイズ下げてタイトに……は出来なくはないけれど、ちょっと窮屈に感じる部分もあろうかな、という印象です。

     

     

     裏地はコートの時同様、かつての某B社のチェックをイメージして、Workersさんがオリジナルで織ってもらったコットンチェック。

     

     これもさらっとしてて気持ちいいんですよね。

     

     

     裾まわりの仕上げはコートともまた異なります。

     

     ふらしではなく、縫いこんで仕上げる感じ。ブルゾンなので、やはりそこは。

     

     

     肩から袖裏はキュプラ。これが気持ちいい。

     

     

     中にはポケット等はありません。

     

     シンプルに総裏地。

     

     裏地が厚すぎないので、中に着る組み合わせ次第で着られるシーズンはかなり広い。

     

     

     水洗いももちろんできる具合。クリーニングとかはもちろんさらに安心ですが、自宅で洗える良さってありますよね。ブルゾンならなおさら。

     

     

     後ろ姿もまた良いブルゾン感なのです。スッキリしつつ、特徴もしっかり。

     

     

     ほんのりのAっぽいラインを感じつつ、でもスッキリというのが後ろからはわかりやすい。

     

     

     生地のツヤ感がまた良い。

     

     

     ボトムスにはジーンズでも軍パンとかでも、スラックス的なのを合わせても良い。

     

     

     着込んでいくとなお、この生地感の気持ち良さは感じてもらえるはず。

     

     

     ボディも適度にゆとりがあるので、動きやすい。

     

     

     裾まわりにはちょっと特徴を。

     

     

     袖周りと同様のボタンとタブを設けて、調節可能。

     

     

     ただこれはどちらかと言えば、見栄えの為のディテールにも思える。

     

     もちろん、絞った方がちょうど良い!と言う方はぜひ絞って。

     

     

     これがかなり具合良いのです。きっと袖を通すと感じていただける良さ。

     

     

     Workers バルカラージャンパー ギャバジン カーキ ¥35,000+税

     

     そしてもう一色のカーキをご案内。

     

     コートの時はこのカーキはあえて入荷せず、ネイビーにしました。

     

     でもブルゾンはカーキ。この辺りは色々考えてのことでもありますが、カーキがこの形の軽やかさにぴったり。

     

     

     基本的な素材や形はもちろんベージュと同じ。

     

     でもカーキの独特な光り方、色合いになると、また奥行き感や見え方が違いますね。

     

     

     こちらもまた、ボトムスとしては色々合わせやすいはず。

     

     軍パン系は色が近くなるとアレですが、その代わりチノパン系が合わせやすくなる。

     

     

     ベージュとカーキ、それぞれの色での良さがあります。

     

     

     素材のギャバジン自体はもちろん一緒。

     

     でもカーキ色の発色は少し玉虫色的な感じで、光のあたり具合で色の見え方が微妙に変わる。

     

     

     それがブルゾンくらいの面積だと面白くて、アウターとしての存在感が綺麗で素敵だった。

     

     

     基本的にはオリーブドラブ的なカーキ。

     

     

     襟周りのシャープさは相変わらず綺麗に。

     

     

     ラグランスリーブの滑らかな着心地。

     

     

     ボディの適度なゆとり、これがちょうど良い感じなのです。

     

     

     裾のフォルムと着丈の長さがちょうど良い。

     

     ジージャン的な感じよりは長く、でもカバーオールよりは短い。

     

     絶妙なバランス。これが前を閉じていても開けていても、この生地感で綺麗に見える。

     

     

     トップはもちろんボタンで。

     

     

     ポケットはこちらも同様に貫通ではないポケットです。

     

     

     左右いずれにも。

     

     

     この裏地、気持ちいのでポケットに手を入れていても良い感じです。

     

     

     この生地は形によるもの以上に動きやすさを感じる気がしている。

     

     

     特に腕でそれを感じるわけです、実際に着ていて。

     

     

     もちろんこちらも調節可能。

     

     

     キュプラの裏地。

     

     

     ボタンはこちらも練りボタンで、ボディ色に合わせた独特なグリーン系。

     

     

     裏地はもちろん同様にオリジナルのチェック。

     

     

     イエローとブルーの塩梅が良いんですよね、このチェック。

     

     

     キュプラの色味はボディにやはり合わせています。

     

     

     コットン100パーセントの嬉しさってなんかある。

     

     

     後ろから見ると、光の反射で色の感じがまた違うのが見えやすいかも。

     

     

     春の軽やかな空気にも良いし、秋になった時の落ち着いた空気にも合う。

     

     

     ピシっとしたい時はアイロンしても良いですし、普段はシワ感も楽しみながらも素敵。

     

     

     ブルゾンではネイビーを入荷してない理由は色々ですが、気になる場合は店頭でどうぞお声がけください。

     

     平たく言えば、春なんでベージュとカーキ気持ち良いよね、というそんなレベルですが。

     

     

     着込んでいくと、細かなパッカリングなどがさらに出てきて、表情はもっと豊かになっていくはず。

     

     

     カーキの色合いの面白さもまたありますね。

     

     

     腰回りのタブとボタンはもちろん。

     

     

     個人的にはスリムやノーマル太さのパンツに対しては広げてる状態が好きですが、狭めてボトムスをワイドとかにしても気持ち良い気がする。

     

     

     ベージュとカーキ、この甲乙つけがたい良い雰囲気。

     

     

     Workersさんのベージュスタイリング。

     

     上まで閉じた状態のブルゾンっぽさも気持ちいい。

     

     

     ボトムス、同色のチノ以外はなんでもいける。

     

     個人的にはやはり、今シーズンのロウデニムトラウザーと合わせると最高すぎると思う。

     

     

     カーキの方のスタイリング。

     

     こちらは前を開けた状態。この着方がまた気持ちよくて便利だと思っています。

     

     

     カーキのこのスタイリングのブルゾンは、クリーニングではなく普通に洗って干して、のシワ感で撮ったらしいのですが、良い感じですよね。

     

     このくらいのシワ感はむしろ生地の凹凸感と陰影が味わえて素敵。

     

     

     と、こんな具合でまたコートとも違う使い勝手に仕上げてくれた、バルカラージャンパー。

     

     さらっと羽織って気持ち良い一枚に仕上がっているので、どうぞ春秋ブルゾン、着方によっては冬にも楽しめる一枚としてお愉しみくださいませね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM