<< ル・ボナーさんの新作、シエラザックについて。 | main | Holzさんオリジナルのボトルオープナー(栓抜き)は、また素敵な逸品です。 >>
2019.02.09 Saturday

念願叶っての木製カップ、Holzさんに別注したkasane kop(スタッキングカップ)について。

0

     

     雪が大変!!なんて事前の騒ぎにはなったけれど、やっぱりというか案の定と言いますか、さほど降らずの東京。

     

     東京で雪が降るのが本当に珍しくなってしまったからこそ、交通機関などの兼ね合いで注意の呼びかけが強くなりますが、ちょっと過敏すぎやしないかなと感じてしまうこの頃。

     

     だって、CIRCLE店主が小さな頃は東京でももっと冬になるとなんども雪が降って、なんなら数センチどころか小学校の校庭で雪に飛び込んで遊べるくらいには積もったものです。

     

     その頃に比べれば、今積もると言っても東京は数センチ。いろいろが発展して便利になった現代だけれど、逆にそういう天候に弱くなっているというのは、不思議なものです。

     

     さて本日は!!

     

     ずっと、思っていました。木で出来たカップを作りたい(扱いたい)んだ、と。

     

     CIRCLEがオープンしてからずっと。でもなかなか理想の形や条件に合うことはなくて、難しかった。

     

     その念願がようやく叶いました。Holzさんに別注した、あまりに素敵なスタッキングカップ、kasane kopのご案内です。

     

     

     木を使ったアイテムをもっとCIRCLEで扱えたらというのは、よくお話をさせていただくお客様は薄々感じていたかもしれません。

     

     その中でもとりわけ、「木を用いたカップ」はずっと扱いたい(作りたい)想いが強かった。

     

     オリジナルで作るにしてもハードルは高く、また「こんな形が良いよね」という理想があったのだけれど、それは考えていた中ではかなり難しいものでした。

     

     しかしながら、様々な出逢いのあった去年。

     

     岩手に15年以上居を構える家具屋のHolzさんが、その理想を形にしてくれていた。

     

     しっかり話をさせていただき、盛岡にも足を運び(それは、日本の文化と伝統を巡るで書いてますね)、ついに出来上がってきた子達。

     

     

     kasane kop(カサネコップ)と名付けられた、この木製カップ。

     

     これがもう、CIRCLE店主の理想にドンズバだった。

     

     まさにこういうスタッキングカップを、木で作りたいと思っていた。

     

     それを木材の条件、削り出して作る精度、そして価格面などもろもろでうまくバランスをとって、Holzさんは一昨年あたりにオリジナルとして完成させた。

     

     今回ご案内するのは、そのkasane kopをCIRCLEてちょっと特別版に別注したもの。

     

     

     スタッキングカップって、いわゆるプラスチックとかの工業製品的なものや、あるいは陶器などでもある種定番中の定番的な、コップの形。

     

     でも、これを木材でしっかり作る、というのはなかなかなかった。

     

     綺麗に重ねることの技術面での難しさ、贅沢に木材を使わなければならないコスト、そして大量生産品に負けない魅力を出せるかというところも含めて。

     

     kasane kopはそのどれもをクリアーし、とっても素敵なスタッキングカップになってくれています。

     

     

     別注は、ごっそり頑張って、まるまるワンロットを仕立ててもらいました。

     

     もっと数少なくてもとも提案はされたけれども、箱とかもちょっと特別版に変えたりしたかったので。

     

     1個入りと2個セット、それぞれでのご用意です。

     

     ご自宅はもちろん、プレゼントとかにも最高な子になったと思っています。

     

     

     Holz 別注kasane kop(スタッキングカップ) 山桜 1個 ¥3,500+税

     

     まずは1個入りのご案内。

     

     1つでも箱に入れてのご用意になります。

     

     もう、この佇まいの時点で洒落てる。

     

     

     木材は山桜(ヤマザクラ)を用いています。

     

     カップをまるまる削り出すには、そこそこ全体で太さのある角材からでないと厳しく、安定してそういうサイズ感の角材を確保するのも大変。

     

     材質的にも非常に安定感があって、反りや狂いが出にくい。なおかつ適度に粘りもあって強い。

     

     家具の材料としても人気の高い木材の一つですが、それをカップで楽しむ贅沢。

     

     

     形は、極めてシンプル。まさにスタッキングカップ然としたフォルム。これを木材削り出してやる上手さ。

     

     デザインはHolzさんで、ろくろ作業は同じく岩手県の作り手さんであるhorimokuさんが担当をしてくれています。

     

     いや、これ本当に上手いんですよ……すごい。

     

     飲み口部分が直径で約6.7cmほど、高さは8.2cm。

     

     容量としてはだいたい180mlくらい。大きなカップではありませんが、日常使いに程よい便利なこのサイズ。

     

     

     手にすっぽり収まりが良い。

     

     山桜は重すぎず見た目よりもずっと軽いこのカップ。

     

     それでいてしっかり強度があって、なおかつ手触りも優しいのが素敵。

     

     木そのままではなくて、もちろん食器用のウレタン加工を施しているので、汚れもつきにくくて洗いやすい気軽さ。

     

     

     この、内側の削り出しが大変なわけです。スタッキングするからには、この内側の段をいかに精度高く、綺麗に削り出せるかが大切になる。

     

     工場的にガンガン型で作るプラスチックとは違って、一つ一つ削り出す木材でそれを行うのって、考えただけでもすごい技術。

     

     

     見てくださいよ、この綺麗な重なり。

     

     もう寸分違わず、ぴったり重なってくれる。

     

     

     もちろん、天然の木材なので木目の感じや色合いも微妙に一つ一つ異なります。

     

     それがまた、こうしてスタッキングした時にも良い雰囲気を生み出してくれる。

     

     

     冷たい飲み物はもちろん、暖かいものでもしっかり対応しています。

     

     グラグラ熱いものを入れると、もちろん表も少し熱くなりますが、木材ゆえにその温度変化もどことなく優しい。

     

     

     別注バージョンなので、裏面には通常のHolzさんとhorimokuさんのネームの彫りだけでなく、Circus of Happinessのロータスロゴをレーザー刻印してもらいました。

     

     パーセンテージで大きさを変えてみながらのベストバランス。

     

     裏面なので普段は見えませんが、それがまた良いのです。

     

     

     ちなみに、この末広がりで縁起の良い8thロットを、まるまる別注でいただきました。

     

     なので、8thロットはこのCIRCLEバージョンしかこの世に存在しません。

     

     

     そして、箱はシンプルなグレーのボックスに、ほぼ等身大のkasana kopの箔押しが。

     

     ここもちょっとわがまま言わせてもらって、コスト面でのチャージアップはどうしてもかかるけれども、朱っぽく輝く赤の箔押しにしてもらいました。

     

     もともとはここは黒の箔押し。

     

     でも赤になるとまたぐっと特別感と、ギフトにした時にも華やかさがあって面白いかな、と。

     

     

     kasane kop、なかなかありそうでない素敵な木のカップです。

     

     ぜひ、お楽しみいただけたら嬉しいです。

     

     

     Holz 別注kasane kop(スタッキングカップ) 山桜 2個セット ¥7,000+税

     

     今回のkasane kopは基本は1個入りが中心なのですが、少しだけ2個セットも準備してもらいました。

     

     大きさや機能や仕上げはまるっきり一緒で、純粋に2個が一つのパッケージに収まるバージョン。

     

     

     CIRCLE店主は、かつてボーンチャイナで出来たこういうスタッキングカップが大好きでした。

     

     でもそれも手に入らなくなり、スタッキングカップは大好きなのに、面白い素材のものはどんどん少なくなった。

     

     そんな中での、この山桜のスタッキング。

     

     素晴らしいとしか言えないくらいに素敵。

     

     

     2個セットでも、それぞれの木目や色の個体差は微妙にあります。

     

     これはまさしく天然の木材をしっかり使っているよ、という証拠としてお楽しみいただけたら、と。

     

     

     割れたりもしにくいわけなので、大人だけでなく子供さんにもきっと使いやすいはず。

     

     老若男女問わず愉しんでいただけるコップに仕上がってます。

     

     

     口当たりももちろん優しい。

     

     お茶もそうですが、やっぱりCIRCLEとしては珈琲を飲みたくなりますね。

     

     

     木材の持つ自然な表情を大切に。

     

     

     やはり、いくつか一緒に並ぶとなお良さが感じられる。

     

     

     箱は二つ入るように縦に大きく。

     

     また箔押しも2つ並んだ形になってます。

     

     

     ワンロットを小さな一つの店でドン!!と別注なんていうのは、もしかしたら珍しいのかもしれない。

     

     でも、それくらいに魅力的で、しっかり作ってもらいたい空気に溢れているコップたちでした。

     

     

     今日から、CIRCLEに並びます。

     

     ガラスとも陶磁器とも異なる、木材ならではの素敵さをまた感じていただけたら嬉しい、と思っています。

     

     

     kasane kopどうぞ一家に一つ、いえスタッキングできるので、一人一つくらいな感覚で重ねて愉しんでくださいませ。

     

     ずっと作りたいと思っていたものが、理想的に作れて、扱えたことも嬉しく思います。

     

     どうぞ、よろしくお願い申し上げます!!

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM