<< 東京香堂さんの、クラシックシリーズ・白檀のインセンスについて。 | main | KUON(クオン)の遠州カツオ縞刺し子・ドリズラージャケットについて。 >>
2019.01.18 Friday

KUON(クオン)のCIRCLEで別注した、麻・墨染チェックのシングルコートについて。

0

     

     どんなことにもトラブルはつきもので、致し方ないなと思いつつも、なかなかしんどさも感じているこの頃。

     

     もうちょっとゆるっとお店をやれる性格ならきっと、いろんなこともラクになるんだろうな……と思うわけですが。

     

     そうも行かない2019年の大変さ。

     

     さて本日は!!

     

     KUONさんの小物ではなくアパレルの一発目に参りましょう。

     

     一発目はCIRCLEの別注でのご案内です。このコートは、ごく控えめに言ってもはい、最高です。

     

     

     スプリングコートって日本ではなかなか着る期間が短いと言われたりして、好みが分かれるところかもしれません。

     

     でもまだ肌寒い春から、ほの暖かくなる初夏にかけて、軽やかで揺らぎのあるスプリングコートを着ると、なんとも気持ち良いものなのです。

     

     

     KUON 麻・墨染チェック シングルコート CIRCLE別注 ¥57,000+税

     

     今回別注させてもらったコートは、19SSの新しい形。

     

     シンプルなステンカラーのように思えて、どこかスノーパーカー的な要素とトレンチっぽい要素と、そしてオーバーコート感あるゆったり感が非常に素敵なもの。

     

     それを、KUONさんで今シーズン別のアイテムでこれから使われている、麻100%のチェック生地に墨染を施した素材で仕上げてもらいました。

     

     いやはやこれ、素晴らしすぎますよ。

     

     

     麻のコートって、なかなか今は少なくなっている気がします。

     

     あったとしてもなんだかナチュラルな感じだったり、とにかくシンプルなものだったりもして。

     

     なんだかそうではない、ぐっと心が躍るような麻のコートになれば良いな、とお願いして。

     

     まさに、そんな風になってくれた。

     

     

     わずかにオーバーサイズっぽくゆとりをもたせた、シングルコート。

     

     生地がたっぷり動いてくれて、揺らぎも感じて、ふわっとしているのにシュっとする。

     

     

     この感じは、他ではまず無かろうと思います。

     

     軽くてさっと着やすくて、それなのに奥深い表情。

     

     

     Aラインの流れるさまも美しく、やっぱりデザイナー石橋氏はコートがとにかく上手いと思っている。

     

     もう、これ羽織るだけで完璧です。

     

     

     素材は麻100%。

     

     適度にパリっとしたハリもありつつ、しなやかな質感も。

     

     厚みはほどよく涼しげで、でも透ける感じはないぐらい。

     

     もともとそんな生地感のブロックチェックのものを、さらに上から墨染で仕上げて、もうザリっとすごく良い風合いに。

     

     

     今シーズン、KUONさんではこの麻墨染生地で、いくつかアイテムが出てきます。

     

     それをCIRCLE店主としてはいたく気に入って、「いやこれ、コートがあったら理想的じゃないか!!」ということで。

     

     いろいろ条件は大変だったけれど、お願いして作ってもらいました。個人店舗でやるにはかなりのアレだったのですが。

     

     

     この正面の顔、素敵すぎる。

     

     墨染を施したチェックは非常に上品で、それでいて奥深い。

     

     着込んでいくことでさらにその表情は変わっていく。

     

     麻ですから、独特なシワ感も一緒に楽しんでいくと最高。

     

     

     襟は大きすぎずシンプルに。軽やかなコートなのでこれぐらいが嬉しい。

     

     

     肩はこれまでのシーズンのスノーパーカーと比べると、そこまでドロップする感じではなく。

     

     でもちょっとゆとりもって作っているので、わずかにドロップ、くらいな感覚です。この塩梅も好き。

     

     

     身幅はゆとりがあって、Aラインを描いていく。

     

     このふわっとした感じの生地の風合いがかなり合っていて、作ってもらってよかったと思っている。

     

     

     前の開閉はスナップボタン式で気軽に。

     

     チェックの感じ、かなり良いでしょ。

     

     色合いも複雑で、どこかカーキがかったような、でも掠れた墨の質感がネイビーブラックのような。

     

     

     腰回りにはフラップポケット。

     

     

     いずれもスナップボタンで止まります。

     

     

     ポケットの中は結構広くて、実用的でもある。

     

     でもポケットに手を入れて佇むのも良いよね、と思う質感。

     

     

     裾に向かってはゆるっと広がっていく。

     

     このラインが極めて綺麗。春の風の中をさっと歩いて行きたくなる軽快さとスタイル。

     

     ものすごく気持ちいいはず。

     

     

     アームホールは狭すぎず、下にジャケットやシャツを着てももちろん大丈夫。

     

     でも太すぎてがほっとした感じはありません。

     

     

     腕の太さは、2018年のスノーパーカーのスタイルに近いものの、それよりは少し細いくらい。

     

     このゆとり感がまた、ボディのAラインと本当に合う。

     

     

     袖先はキュッとゴムが入っていてすぼまります。

     

     初夏になったらここをぎゅっと少し袖上げて着ても良いな、と。

     

     

     襟元には、ひっかけられるパーツもついて。

     

     

     そして背中の裏部分は、実はメッシュみたいな生地になってます。

     

     

     背中の部分が生地のゆらぎに合わせて風が通る感じのベンチレーションになっていて、これもすごく嬉しい。

     

     スプリングコートと言いつつも、初夏もかなり心地よく着られるのです、こうなってくれると。

     

     

     で、その部分以外は基本麻の1枚生地で裏地はありません。

     

     ほんと軽くて、ロング目なコートとは思えないくらい。

     

     

     中にKUONさんのネームはひっそりと。

     

     ちなみにサイズ表記はやっぱりここにもなくて、ポケットの中の製品表示に。

     

     今回はS、M、L、XLとフルラインナップで別注しました。

     

     着数はそれぞれで少しずつになりますが、きっと楽しんでいただきやすいはず。

     

     感覚としては普段がS〜タイトMくらいの方はSサイズ、M〜タイトLの方はMサイズ、L〜タイトXLの方はLサイズ、XLサイズが基本と言う方はXLで良い感じです。

     

     もちろん「もっとタイトに着たい!」という方はワンサイズ落としてもそれはそれで綺麗ですし、「いやいや、もっと揺らぎ欲しいぜ」という方はワンサイズアップしても良い感じ。

     

     

     後ろ姿も見ていただきましょう。

     

     フードがあったスノーパーカーとはまた異なり、どこかクラシックかつ渋かっこいい空気。

     

     

     たまらないのですよ、この感じは。最高に質感良い。

     

     

     麻ですから、もはやシワ感を楽しむようにして着て欲しい。

     

     

     着て洗ってを繰り返すことで、墨染の風合いも育ち、麻も育つ。

     

     

     背中上の方はシンプルな見た目で、チェックの良さも光る。

     

     

     で、ここがベンチレーション的に助かるところで。

     

     

     こんな風に下がメッシュになってるので、スプリングコート的に最高。

     

     

     また、Aラインのフォルムを少し変化させても楽しめる、タブとボタンがついてます。

     

     ここのボタンを外すと、さらに裾周りに向かって生地が広がり、ボワっとそれはそれで面白いスタイルに。

     

     

     生地のゆとりがあるほど、着心地がまた良いスプリングコート。

     

     ざっくりラフに、バサっと羽織って闊歩してください。

     

     こんな素敵な麻のコートをカジュアルに着てる人、そういないはずですから。

     

     

     と、こんな具合で間違いなく素敵な一枚に仕上がってくれました。

     

     ぜひ、他にはないこの質感、お楽しみいただけたら幸いです。

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM