<< Circus of Happinessのブライドルショルダーバッグについて その1 | main | Circus of Happinessのベーシックシャツについて その5 >>
2014.06.21 Saturday

Circus of Happinessのブライドルショルダーバッグについて その2

0


     ようやく完成した、Circus of Happinessのブライドルショルダーについて、続きです。

     ブライドルレザーの持つ革の風合いや面白みを全体で愉しんで頂きながら、重くなり過ぎずに使って頂こうと、独特の形状に仕立てたショルダー。

     内部とショルダーストラップなどについて、さらにご案内いたします。
     

     ふっくらと丸みを帯びながらも、内容量はしっかりと確保が出来るように。そしてまた内側に触れているときも心地よくあるように、内装については考えました。



     まずは、内装の素材。職人からは「これだけ質のいいブライドルなら、裏地とかつけなくても十分じゃないか」と言われながらも、でもやはりさらりとふわりとした手触りの裏地をつけたかったのです。

     コットンやナイロン、もちろんスエードなどの革も検討して、強度だけでなく心地よさを重視した結果、選んだ素材はボンセーヌという人工皮革。

     平たく言ってしまうと高級なスエードをイメージして作られた化学繊維生地。

     そう聴くと「なんだ……革じゃないのね」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、この生地はそこらのスエードよりもよほど手触りもよく、毛並みもしっかりとしていて、そして綺麗。

     それもそのはずで、海外を含めたいわゆる高級内装として、このボンセーヌは使用されています。本物の革を超える生地として開発された人工皮革は、あなどれません。その分、価格もあなどれないので、もしかしたら革を使った方がコストが低いのでは……というほど。

     柔らかな風合い、化学繊維なので水分にも強く、それでいて本物のスエードのごとく手で撫ぜると毛並みの跡が見えるほど。

     内装に用いる素材として、申し分のないものでした。選んでいるカラーはまた独特で、グレーと茶の中間のような、ブラウングレー。汚れがある程度目立たず、それでいて中の視認性も悪くない、ほどよい明るさをもった色味です。



     フラップを開けると、中はとってもシンプルな構造なのです。メイン室がドーンと大きく広がります。

     全面に裏地をつけていて、しっかりと隅で縫い込んでいるので、ギリギリまで容量を多くしています。



     よく開く口の部分には、少し薄くしたブライドルレザーを補強として生地を挟むようにして縫い付けています。



     そしてそれは、フラップのついている側も同様に。

     このパーツをつけると縫製がやや大変になりますが、バッグ強度を考えると欠かせない部分。

     ただし、口の横に関してはマチを程よく柔らかく開閉できるように、レザーはつけていません。



     マチがガチガチに固い鞄、というのもなんだか使いづらいですしね。

     そしてまた、中には片マチ仕様にした大きめのポケットを一つ設けています。

     こちらも内装と同じ生地を使いながら、ややコシを出すために中には芯材を入れています。



     そして、ポケットの端にはCircus of Happinessのタグが。

     くるんと巻いて挟み込むようにして取り付けています。



     中は見た目よりも意外と広々です。ボトムに向かって広がる形なので、容量しっかり。

     長財布、文庫本、てぬぐいなんてだけでは、まだまだスカスカと。

     デジカメ、手帳、キーケースにさらに温度調整のためにシャツをぐるぐるにしたものを入れても、大丈夫でした。



     中のものを取り出す際にも、内生地の感触は非常に心地よく、妙にラグジュアリー。

     でもバッグは内装も大切だと思っています。手を入れた時の充実感が違うと言いますか……。

     内装に力を入れないバッグや小物も、巷には多く見かけますが、それではつまらない。

     出来るだけ愉しく面白いことがしたい、そんな想いでCircus of happinessの製品はつくります。



     内容量をしっかりさせているのはもちろん、ここのマチがしっかりある、というのがポイントでもあります。

     軽さもあり、内容量が少ない時にはほどよくつぶれてくれる、ある意味では生地だからこそ出来る良さ。



     それでは、次にストラップ部分を見て参りましょう。ショルダーストラップはかなりしっかりとした丸カンと、ちょっと独特な形状のレバーカンでつなげています。

     あまり見ない形ですが、とってもソリッドな形状をしていて珍しいもの。

     あえて回転したりせずかっちりと止まる固定カンを使用しています。その方が、金具そのものが丈夫になりますし、不具合が起きづらいので。



     ショルダーストラップは30mmと太くしっかりとした幅に仕立てています。厚みもものすごくがっちりと、普通では考えられないほどのベルトです。

     あまりにしっかりと作ろうとしすぎて、バッグ職人ではここの部分だけは縫い上げられず、この部分のみはベルト職人にお願いをしながら縫い合わせることに。

     表にも裏にも基本的にはブライドルレザーを張り合わせています。がっちり、しっかり。



     バックル部分で長さを調節出来るようになっています。短くすると93センチほど、そこから5cmおきに6段階で調節でき、最長では123センチほどになります。

     穴の形はこちらはシンプルに丸形。そしてバックルはやはり真鍮無垢のものを用いています。



     裏側はこんな風に。裏表いずれもブライドルレザーにしたのは、しっかりとしたベルトのコシが欲しかったことと、革の様々な質感を、長い目で見てしっかりと愉しんで頂きたかったから。なので、初めはバツンととっても固いです。

     長く使い込んでいくことでその固さが徐々に柔らかくなり、みっちりと強いベルトになります。革の味を存分に愉しめます。

     そのかわり、少しご注意頂きたいポイントも出て参ります。
     ブライドルレザーを初めとして、きっちりと優秀なタンニンためしを施した革は、自然の風合いを残しながら鞣し、染色をしていくために、強く擦れたり、水に濡れたりした状態ですと、色落ちや色移りが起こることがあります。

     ブライドルレザーの場合、はじめの浮き出ているロウの成分などが落ち着くまで、やはり色落ちの可能性が出て参ります。使い込んでいくと落ち着くものではありますが、お使い始めのうちは、淡い色のお召し物などでご使用の際や雨や汗などには、どうぞご注意下さいませ。

     と言っても、出来るだけ気軽に使って頂きたいのは正直のところ。そんな革の特性も革らしい革である証拠。是非、愉しんでみて下さい。



     バックルより先の部分には、一部ボディと同じジョージアで仕立てたテープを用いています。

     これは軽さを出すことも理由としてはありますが、ショルダーベルトの曲がる自由度を高めるためです。

     もともと丈夫なジョージア生地ゆえに、信頼してベルトを仕立てられました。



     ところでこのショルダーベルト、厚みはこのように。なかなか珍しいことですが、5mm以上の厚みを持たせています。この質感はかなり素敵です。

     そしてまた、ベルトを初め今回のブライドルショルダーは、コバ面を基本的には色を入れずに素磨きで磨き上げています。

     それゆえ、革の本来の色である状態で革の層が見えてきます。しかししっかりと磨きこんでいるので、感触はツルリと。これだけ革を磨けるのは日本の腕の立つ職人ならでは。



     こちらはネイビーの断面。ほんのり床面の色もついていて、層が分かりやすく見えます。



     そしてブラックの断面。ブラックは断面も随分と黒い具合。きっちりと磨いてあるので、どことなくぬめっとつるっとした感触が、心地よいです。



     そしてそして、ストラップは両側とも金具で接続しているので、ストラップを完全に外してしまうことも出来ます。

     そのために実はハンドルはつけているわけでもあり……



     このように手持ちバッグとしてお使い頂けるように、としています。実はこの形で持って頂くのもすごく素敵なのです。

     フラップもしっかりと金具で留まるように出来ているので、手持ちでもフラップが安定して持ち運べるように出来ています。

     どことなく、アンティークっぽい雰囲気が漂い、この状態も良い。

     女性の方などでも、綺麗にお使い頂けます。


     ……と、こんな風に、ショルダーバッグとして使って頂くもよし、手持ちバッグとして使って頂くもよし、それぞれの愉しみ方で、ブライドルレザーと他素材の醍醐味を味わって頂ければと思います。



     Circus of Happiness ブライドルショルダー ¥50,000+税

     店頭にて、三色それぞれご覧頂けます。また、オンラインショップでも展開しておりますので、どうぞご覧下さいませ。



     CIRCLE
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM