<< KUON(クオン)さんから再生産で届いた、袖・市松二重織ロングTシャツについて。 | main | Workers(ワーカーズ)の新しい柄、レジメンタルのタイクリップについて。 >>
2018.10.31 Wednesday

FABRICさんにお願いして製作してもらった、素敵なレザークッションについて。

0

     

     11月に向けては少しゆったりするかな……なんて思っていたら、なんだかんだと入荷のラッシュは10月末も続いていて、11月も結局盛りだくさんになりそうなCIRCLE。

     

     いろいろな愉しみをご提案、お届け出来るのはとっても嬉しいと思いながらも、「さすがにちょっと今年やりすぎだろうか」と思わなくもないこの頃。

     

     でも小さなお店って立ち止まったら終わり、という気がしています。現状維持、を考えても終わり。

     

     いつでも「さらに何かないか」と上昇思考でいて初めて、やっと維持が出来るくらいなものではないか、と。

     

     なので、CIRCLEは常にそんな風に動いていたい、と思います。

     

     さて本日は、まさにそんな「何か出来無いか」を良い感じに作っていただけた、FABRICさんのレザークッションをご案内。

     

     ありそうでなかなかない、ちょっと贅沢なクッションになりました。

     

     

     以前にブログの中で、ほとんど言及はしないで画像だけでサンプルをご覧頂いたことのある、レザークッション。

     

     革の都合で少し時間がかかっていたけれども、良い具合で出来上がって参りました。

     

     

     なぜ急にレザークッション??という感じもあろうかと思いますが、そこはもう一種の愉しみ。

     

     FABRICさんとはよく「鞄でもお財布でも小物でもなくて、何か違う角度の面白い革製品出来無いものか」と話をしていました。

     

     そんなこんなしているとFABRICさんから、こんなクッションどう?とお話をいただき、CIRCLE店主としても「おぉこりゃ素敵じゃありませんか」とトントン拍子。

     

     でも結局ちょっと展開や製作の上でわがままはまたいろいろ言わせてもらって、そのわがまま仕様でまずは5色の展開となりました。

     

     

     クッションって、もちろん基本は布地のクッションカバーとかで、中にクッションの中綿入って……ですよね。

     

     中にはソファーとかと合わせてレザー製のものももちろんありますが、いわゆるバッグや小物を作るような高級皮革でクッションって、なかなかそう無いように思えて。

     

     だからこそ面白いよね、というのがCIRCLE店主もFABRICさんも思ったこと。

     

     好みも分かれるでしょうし、そりゃものすごい売れる!!みたいな製品ではたぶん無いと思いますが、そういう洒落感ある愉しみの製品もまたあって良いじゃありませんか。

     

     

     ということでまずは、クッションどんな風に出来上がっているの?という概要をご案内。サンプルでは、ゴールド(キャメル)を見ていきましょう。

     

     全体がもう、パッツンとむっちりしてて、それが可愛いクッションなのです。

     

     

     全体の大きさは、中のクッションが入った状態だとだいたい34cm四方の四角です。

     

     ふくらみがグンとしっかりなので、縁の部分はキュッとすぼむ部分もありますが、だいたいそんなサイズ。

     

     クッションとしてはギュッと抱きかかえられるような大きさで、大きすぎずいろんな場面で楽しめるくらい。

     

     

     ソファーの上はもちろん、椅子の背中に持たれても良いですし、単純にインテリアとしてもきっと素敵。

     

     個人的にはやっぱり抱きかかえるのが落ち着くよね、とか思ったりしますが。

     

     

     おもて面はなんとも贅沢に、ドイツはペリンガー社のおなじみシュランケンカーフ。

     

     クッションにシュランケンカーフなんてなんと!!という感じもするけれども、だから面白い。

     

     でも実際問題、汚れにも水気にも強いですし、発色も豊かで素敵というのは本来こういう家具というかクッション等の雑貨にもシュランケンカーフは向いている。

     

     向いていないポイントとしては革単価が高すぎるよというところと、シボの個体差が大きい、という部分でしょうか……。(だからきっと、こういう雑貨がないんだろうなとは思う)

     

     

     周囲はパイピングになっていますが、もちろんここもシュランケンカーフ。

     

     手触りももちろん良いですし、年月が経ってもしなやかで良い風合いを楽しめる。

     

     

     ひっくり返して裏面は、今度は異なるレザーをあしらいコンビになっています。

     

     全面シュランケンカーフ、というのもそれはそれで贅沢ではあるのですが、あまりに高すぎでもアレだなと思いますし、異なるこちらのレザーの質感がまた実は気持ち良いのです。

     

     

     裏面に用いているのは、国産のヌバックレザー。

     

     牛革の銀面を擦ってサラサラに毛足短く起毛させた状態、ですね。

     

     これが触り心地サラサラで気持ちよく、ぎゅっと抱いた時の質感がね、とても良いわけです。

     

     

     両面で違うレザーにすることで、一つで状況に応じて二つの質感を使い分けられるのも良いところ。

     

     基本的にはヌバックレザー部分はベージュというか、淡い色味にしています。(後ほどカラーをご案内いたしますが、濃いめのシュランケンカーフにはわがままで違う色を配しています)

     

     

     ヌバックレザーはシュランケンカーフと比べると、どうしても水気や汚れには少し弱い。

     

     それは心配だなということで、ヌバックレザーには撥水加工が施されています。

     

     もちろん、さらに気になる場合はヌバックやスエード用の防水スプレーとかしても良いかもしれませんが、まぁひとまず加工はしているので気軽に使っていただきたいなと思っています。

     

     

     こちらの面でもパイピングのシュランケンカーフがちょっとアクセントになって素敵。

     

     

     で、4辺のうちの一つの部分が、こうして袋っぽい感じになっていて。

     

     中にはファスナーが。

     

     

     FABRICさんのネームはここにひっそりと。使っている時は基本見えません。

     

     

     ファスナーを開けると中にはバツン!!と柔らかいけれどしっかりサイズのクッションです。

     

     中身を出せるので手洗いなどで洗うこともできますし、あるいは大きさが合えばお好みのクッションを中に入れてもらってももちろん良い。

     

     かなりふっくらしたのを入れる仕様になっているので、ファスナー閉める時はぎゅいぎゅい押し込みながら閉めてください(笑)。

     

     それくらいの方が、ぱつんとして可愛いんですよね。

     

     

     クッションカバーの裏側は、赤のコットンで裏地がついてます。

     

     なのでクッション中身の出し入れもスムースにしやすいです。

     

     

     なんで赤なんだ、というのはCIRCLE店主もアレなのですが、サンプルの時点でもう赤をFABRICさんがあしらってくれていたので、そこはもう赤で内側も綺麗に目立つしいいかな、と。

     

     CIRCLE店主が赤好きだから、もしかしたらそれで選んでくれたのかもしれない。

     

     

     取り扱い注意も付いておりますが、まぁもちろんアルコールだとかそういうのを避けて、ということで。

     

     

     バッツーンとした感じがかなり気に入ってます。

     

     なかなかありそうでない、贅沢なクッションをぜひお愉しみいただけたらな、と。

     

     ちなみに、価格も頑張りました。始めFABRICさんと出てきた価格から「いや、それじゃちょっといやです」とわかりやすいワガママを言って、希望価格に収めました。(もちろん、そのためにCIRCLE側もリスクいろいろをアレしてます)

     

     

     中のクッションが入っていないと、もちろんレザーカバー部はぺったり。

     

     この状態ですと35cm四方、という具合です。

     

     

     で、中身のクッションは納品時多くはこんな具合で真空の袋に入ってます。

     

     店頭分やある程度の個数はクッションを出して、カバーに封入していますが、ある程度の個数は封入していない状態で在庫をしております。

     

     封入している個体はその状態でお渡しさせていただきますし、封入していない個体はカバーとクッションを別の状態でお渡しさせていただきます。(店頭でもオンラインでも同様)

     

     真空の袋から出していただいて、空気ももふもふ含ませて戻してもらって、それでカバーの中にギュイギュイ入れてあげてください。

     

     

     シュランケンカーフはもちろん個体差があります。

     

     なるべくトラやシワは少ない方が良いなぁ〜なんてことも言いつつも、でも当然ですが入ります。

     

     シュランケンカーフもある程度効率よく裁断することで価格もなるべく抑えて、という側面がこちらのクッションでもありますので、そのあたりの個体差はどうぞご理解いただけますと幸いです。

     

     言ってしまえばMou-Toteと同じ様な具合で、「シボ感やシワ感の個体差に神経質な方」にはこちらのクッションも向いていません。トラやシワ感もシュランケンカーフ本来の表情で、質感です。そこも愉しみの一つ。

     

     その点はご理解の上、お楽しみいただけたら幸いです。

     

     オンラインショップでもこちらに関しては代表画像にさせていただくので、一つ一つ更新、ではありません。何卒、よろしくお願い申し上げます。

     

     

     ヌバックの面ももちろん個体差は若干ありますが、まぁシュランケンカーフに比べるとそこまで見える感じもないかな、という具合です。

     

     

     FABRIC シュランケンカーフ・国産ヌバックレザー コンビクッション トープ ¥20,000+税

     

     それでは今回の5色をご案内して参りましょう。

     

     まずはサンプルでも始め作られた、トープ。やっぱりこの色味はシュランケンカーフ雑貨では外せませんね。

     

     

     クッションになるとまた独特な優しい色合いが良い感じに。

     

     

     家の中に溶け込む感じ、のクッションになるでしょうか。

     

     

     裏面のヌバックはグレージュ系の色味です。

     

     

     FABRIC シュランケンカーフ・国産ヌバックレザー コンビクッション ジーンブルー ¥20,000+税

     

     続いては明るい色もやっぱりあると素敵だな、とジーンブルー。

     

     インテリアとしても綺麗に映えてくれるこのカラーはやっぱり素敵。

     

     

     ジーンブルーの発色はきつすぎないのが良い。

     

     

     むっちり感すごいですね。これが魅力。

     

     

     裏面はこちらもグレージュ系なヌバックです。

     

     縁取りっぽくブルーが見えるのも綺麗。

     

     

     FABRIC シュランケンカーフ・国産ヌバックレザー コンビクッション ゴールド ¥20,000+税

     

     そしてサンプルでご覧頂いていた、ゴールド。

     

     どことなくクッションをイメージした時に、すっと馴染みある感じに思えたカラー。

     

     

     こちらもなんとなく家具などに溶け込む系の色味、な気が。

     

     

     色とりどりで並べても可愛いように、と今回の5色はまず選びました。

     

     

     裏面はやはりグレージュ系ヌバック。

     

     

     FABRIC シュランケンカーフ・国産ヌバックレザー コンビクッション バイオレット ¥20,000+税

     

     続いては濃いめの色味もやっぱり欲しいですよ、ということでまずバイオレット。

     

     シュランケンカーフの濃いめで上品なバイオレットは、こういう雑貨にするのにも非常に良い色だと思います。

     

     

     ケバくなく、大人っぽいカラーなのでクッションでもシックな空気。

     

     

     男女問わず楽しんでいただけるクッションラインナップ、を目指しました。

     

     

     濃いめの色味は裏面のヌバックの色を変えてもらっています。

     

     バイオレットは表に合わせて、やはりバイオレットで。

     

     色の濃いめのヌバックは色落ちなど起こってもいやなので、撥水加工に加えて、色止め加工もかけてます。

     

     

     FABRIC シュランケンカーフ・国産ヌバックレザー コンビクッション ネイビー ¥20,000+税

     

     そして濃いめの色味をもう一つ、ネイビーです。

     

     パッと見るとかなり黒に近いですが、しっかりネイビー。ステッチはブルーでなく同色で入れているので、なおシックな感じ。

     

     

     やっぱりこれくらいぐっと濃い色も良いですよね。

     

     

     今回は5色展開となっておりますが、もしこういうクッションが良いお声たくだんいただけたら、その都度いろいろなカラーが作れたら楽しいなぁと思っています。

     

     

     ネイビーは裏のヌバックもネイビーに。

     

     こちらもやっぱり撥水加工だけでなく色止め加工もかけてもらってます。

     

     

     と、こんな具合で5色でズラリ!のレザークッション。

     

     こういう革の愉しみも素敵じゃないか、というある種の提案でもあり、CIRCLE店主の愉しみでもあり。

     

     今回は各色ちょっとずつ作りました。店頭とオンライン、それぞれで並びます。

     

     どうぞ、お楽しみいただけたら幸いです。

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM