<< 11月のCIRCLEの営業予定について。(2018年11月) | main | ル・ボナーさんのビジィーリュック、素敵な空気でどーんと入荷です!! >>
2018.10.28 Sunday

Circus of Happinessのドラーロシリーズ、新しく二つ折りウォレットが仲間入りです!!

0

     

     昼と夜の寒暖差がかなり激しくなってきて、「あぁ、季節は確実に進んでいるんだな」と感じている今日。

     

     秋花粉にも盛大にやられ始めているこのところの店主ですが、それも秋は好きなのでもっと満喫したいな、と思っています。

     

     冬は12月になってから来てくれれば、それでいいかな……なんて。

     

     さて本日は!!

     

     今年の新作としてリリースが出来て嬉しい、Circus of Happinessのお財布をご案内。

     

     これまでCIRCLEには、いわゆる一般的な「二つ折り財布」がありませんでした。

     

     Circus of Happinessのドラーロシリーズより、そんな二つ折り財布、仲間入りです。

     

     

     二つ折り財布と言えば本来、革小物としては超がつくほどのど定番で、どの革小物ブランドさんでもまず製作しているでしょ、というものなわけですが。

     

     不思議とCircus of Happinessでもルボナーさんでも、二つ折り財布(小銭入れ付き)というのをラインナップしていなくて、CIRCLEではお客様から「普通の二つ折りは何故ないのか」と言われつづけて数年。

     

     ようやくと言いますか、ついにと言いますか、「これなら素敵だな、うん」と思える二つ折り財布を製作して並べることができました。

     

     

     小銭入れ付きの二つ折り財布って、言い方はアレなのですが、もう基本的な形が完成されているお財布に思います。

     

     基本的な部分はもういじりようがなくて、それでいて素材感で個性も出しづらく、ともすればディテールを作りこんだり、クオリティを良い感じにしても、パッと見ると「どこにでもあるような財布」になりかねない。

     

     そんな意味合いもあって、Circus of Happinessではこれまで二つ折り財布をCircus of Happinessで作る意味があるだろうか?と煮え切らなくて作っていなかった。(それはきっと、ルボナーさんも同じようなことを感じているのでは、と思うけれど)

     

     でも、今年はそこに少し心境の変化もあって、「二つ折り財布を作ってみよう」となった。

     

     

     いざ形を考えていくと、やっぱり二つ折り財布って形は完成されすぎていて、基本的にはいじりようがない。

     

     余計なパーツをつけたり、過剰な機能性をもたせたり、その逆で最低限にそぎ落としたり……というくらいのやれることになってきて、どんな二つ折り財布にすればCircus of Happinessとして楽しんでもらえるだろう、と難儀でした。

     

     けれども、しばらくいろいろ考えてサンプルを作ったりしていると、回り回って、逆にシンプルな発想に。

     

     「むしろシンプルに綺麗に、これなら使いたいなというものを作って、そこから個性なんてものは滲み出てくれればそれでいいなんじゃないか」と。

     

     そんなわけで、ちょっとだけ特殊な部分はあるけれど、基本的にはシンプルに綺麗に、そして革を贅沢に用いた二つ折り財布になりました。

     

     

     二つ折り財布って長財布よりもちょっと安い、なんとなくそんな風なイメージで括られやすいけれど、「これなら素敵だな」と作っていくと全然そうではなかった。

     

     長財布と同じくらい革を使うし(それは、そういう仕様にしたからではあるが)、手間で言えば長財布よりもちょっと複雑になるし、思いの外コストがかかるお財布になってしまった。

     

     でも、その価格に負けない良さみたいなものがしっかり出てくれた気がして、その仕様で製作とあいなりました。

     

     きっと、二つ折り財布がお好きな方には、良い具合に楽しんでいただけるものになった、と思っています。

     

     

     それではどんな二つ折り財布になったのか、オレンジをサンプルにご覧いただきましょう。

     

     こうして見ると、極めてシンプルな二つ折り、ですよね。

     

     

     まず、おもて面の革はドラーロシリーズというだけありまして、イタリアはワルピエ社のドラーロ。

     

     ワルピエ社を代表する牛革のブッテーロに型押しを施して、表面をさらに綺麗に見えるようにグレージングを施した皮革。

     

     型押しというと始めの綺麗さがピークで、エイジングもなかなかしない革が多い。

     

     けれどドラーロは元がエイジング美しいブッテーロなので、しっかり色合いも深くなり、使い込むことで透明感が増し、美しい光沢感が出てくる。

     

     

     それでいて型押しにの圧力と熱によって革表面が引き締まり、なおかつ凹凸感が少しあることて、スムースなままよりも傷に強くなり、ちょっとした爪傷などはもはやまるで目立ちません。

     

     少し傷がついても、そこはまたブッテーロの優秀な復元力で、撫でて使っているといつの間にかちょっとした傷なんてまるでわからなくなる。

     

     ドラーロという皮革は、とても革小物向きの皮革だと感じています。

     

     楽に使えて、それでいてエイジング、革の味わいもしっかり愉しめる。

     

     昨年くらいから大手さんとかでもドラーロを使うところは少しずつ増えてきた。Circus of Happinessでは日本に入ってきてすぐから使い始めていたから、「そうでしょ、これやっぱり良い革でしょ?」とどことなくそこは自慢げに感じている。

     

     

     大きさは縦が約8.2cmほど、横が11.5cmほど。

     

     一般的な二つ折り財布と比べると、わずかにスマートに作っています。

     

     すっきりスタイリッシュに見える細さににて、ポケット等にも収まりが良い。

     

     もちろんこの大きさでしっかり万札も綺麗に入りますし、小さすぎて困るなんてほどじゃありません。

     

     

     革の厚みなどはもちろん細かく調整して、ゴツすぎず、でも柔過ぎずのバランス。

     

     内装にも贅沢に全面ブッテーロを使っているので、始めはこんな風にふわっと開いてます。

     

     ちょっと使っていくとこのハリも収まり、ぺたんとした感じで使える。

     

     正直、始めはこんな風にふわっと始め革の張力で開くくらいの方が、二つ折り財布としてはしっかり良い革できちんと作っている証だ、と思っています。

     もちろん、もともとくったりとした革や、柔らかさが特徴の革の場合は別として。

     

     

     厚みはシンプルにすっと閉じていると、だいたい2.5〜2.7cmくらい。

     

     極端に厚い感じでもなく、かといってペラペラな感じでもなく。

     

     スッキリと使いやすい程度の厚さかなと。

     

     

     コバ面は顔料は用いずに、ドラーロとブッテーロの風合いを生かして、素磨きで仕上げています。

     

     色も綺麗に出ていて、しっかりつるっとした感触が気持ちいい。

     

     

     それでは中を見ていきましょう。開くとどーんと内装は全面ブッテーロ。

     

     ブッテーロやドラーロを用いたお財布も増えてきたけれども、結構多くは「おもて面はブッテーロだけれど、中は違う革だったり生地も使ったり」という。

     

     それがダメというつもりはないけれども、せっかくなら内装もぐぐっと贅沢に、思い切り良い革を味わいたいじゃないですかね、ということでブッテーロしか使ってません、内装。

     

     パッとおもてに見えない裏張り部分も他の皮革を使ったりせず、徹底的にブッテーロ。

     

     Circus of Happinessの他の小物たちと同様ですが、やっぱりこの仕様って気持ちいい。贅沢だけれど、気持ちいい。

     

     

     まずは札入れスペース、ここはもちろん広くしっかり幅があるので安心。

     

     中はもちろんぎっちりブッテーロ総貼り。

     

     見た目も良いし、お札の出し入れもスムース。

     

     

     中の反対側ももちろんしっかり。

     

     

     札入れは中に仕切りがあしらわれていて、2室構造になっています。

     

     

     仕切りも当然ですが、ブッテーロを二枚貼り合わせて作ってます。

     

     

     もはや長財布を作っているんじゃないかってレベルで、内装に革を使っています。

     

     実際にデシ数(革の単位)でいくと、長財布と全く変わらない。

     

     

     仕切りなのですが、実は片方だけ端っこまでではなく、ほんのわずか短くしています。

     

     こうすることで小銭入れの付いている側のコバを余計に厚くせず、なおかつ仕切りが少しフレキシブルに動きやすくなるので、お札の配分などに柔軟に対応しやすくなる。

     

     

     試しにもちろんお札を入れてみています。

     

     こうしてみると、二つ折りってお札に対して札入れの長さはかなり余裕あるんですよね。

     

     

     万札を10枚ちょっと入れてみていますが、全然余裕。

     

     

     もちろん、仕切りのどちら側でも万札がしっかり収まります。

     

     スマートな大きさにする分縦の高さは低めな二つ折りですが、お札がはみ出るような低さではありませんのでご安心を。

     

     

     そして左側にはカードポケット。

     

     カード棚はシンプルに3段。

     

     このカードポケットに関しては中面だけは、覗くと革の床面は見えます。

     

     ここも裏貼りできなくはないですが、裏貼りすると余計にカードポケットが硬くなって収納がしづらく、なおかつさらに革量が増えて余計に高くなってしまう。

     

     

     左下に、さりげなくちょこんとCircus of Happinessのロータスロゴ刻印。

     

     

     こんな具合でプラスチックカードが綺麗に収まります。

     

     

     で、このカード棚の裏面はもちろんブッテーロ総貼りなのですが、こんな風にあおりポケットになっています。

     

     革の張力を生かして、ここにカードやもろもろを挟み込んでおける。

     

     

     こんな具合、ですね。もちろん1枚だけではなくて複数枚挟むことも可能。

     

     

     続いて反対側には、フラップ付きのコイン室。

     

     

     しっかりしたサイズのある、小銭スペースです。

     

     もちろんブッテーロを贅沢に。

     

     

     ホックにはYKKシュトッコの、とっても強いホックボタン。

     

     これCircus of Happinessでは基本使っているけれど、やっぱり圧倒的に強い。

     

     ばちばちたくさん開け閉めしても、全然ヤワにならなくて、パキっと心地よく閉まる。

     

     そりゃ普通のホックボタンよりも高いけれども、この心地よさと強さはとても魅力的。

     

     

     まだまだ使うブランドさんは少ないけれど、きっとこのホックもそのうちいろんなところが使うようになるだろうな、と思っています。

     

     

     小銭入れ部分はもちろんマチ付き。

     

     

     で、小銭スペースの中もブッテーロをあしらっていて、小銭もスムースに出し入れしやすい。

     

     

     ただし、マチ部分だけ裏は貼らずに床面を見せています。

     

     ここもサンプル時は革を張っていたのだけれど、そうするととっても立派に見える反面、マチサイズのわりに革が硬くなりすぎてしまって、開きが固く違和感があった。

     

     なのでここはあえて裏をつけずに床面を見せることで、マチの開きをスムーズにした。

     

     

     小銭はじゃらじゃらたっぷり。

     

     今これで25枚くらい様々なコインを入れていますが、まだ余裕ありますね。

     

     

     小銭入れてフラップ閉めてもこのスマート感。良い美しさです。

     

     

     そしてさらに、ここがちょっとこの二つ折り財布の特徴的な部分。

     

     まさかの、小銭入れの裏部分もカード部同様のあおりポケット仕様。

     

     これって普通はあまり見かけない。こちら側は基本縫ってとめて、上か横からカードが入るようにだけするものが多い。

     

     正直、Circus of Happinessでも始めはその予定だったのだけれども、サンプル製作時に職人サイドがまさかの縫う手順を忘れて、イレギュラーであおりポケットで仕上がった。

     

     そのサンプルを手にしたら「あれ、こっちもあおりポケットになると、これはこれでかなり便利じゃないの??」とCIRCLE店主も職人も感じた。

     

     じゃあむしろ、強度も問題ない具合だったから、こっちもあおりポケット仕様に正式にしよう、と偶然の産物。

     

     いやしかし、偶然とはいえこの二つ折りウォレットの特徴的な部分にもなり、さらに単純に便利になってとても良い結果。

     

     

     そんなわけで、こちらにもすっとカード等を挟み込めます。

     

     

     で、これの何が便利かというと、カード棚と小銭入れの後ろがどちらもあおりポケットになることで、こんな風にここにもお札を挟めたりする。

     

     もちろんお札ではなくて細長いチケットだったりしても挟めて、実に便利。

     

     

     なかなかありそうで、他にはなかったこの感じ。

     

     二つ折りウォレットの使い方がさらにフレキシブルに、柔軟性高く素敵になった。

     

     

     と、機能性としてはこんな具合で、二つ折りウォレットとして十二分に容量あり、さらに機能的。

     

     でも魅力は機能だけではなく、やっぱりこれだけ贅沢にブッテーロを用いたところにあると思う。

     

     

     お財布は、内装にこそたっくさんの革を使います。

     

     正直中の革をブッテーロでなくもっと安価な革にすれば、価格もぐっと相当抑えられた。

     

     あるいは、目立つところはブッテーロにして、札入れの中とかパッと見えない部分だけ色を合わせた他の革にするだけでも、かなり価格は変わる。

     

     でもそれをあえてせずに、全部ブッテーロを貫いた仕様。

     

     こういう贅沢さがあっても良いじゃないですか、うん。お財布は長く、そしていつもたくさん使うものなのですから。

     

     

     おもてのドラーロ、中のブッテーロ。

     

     それぞれの経年変化を味わっていただけるのもやはり魅力ですね。

     

     

     ポケットに入れたりしながら、ぜひお楽しみいただけたらと思います。

     

     

     さてそれでは、カラーバリエーションのご案内。こちらも他の小物同様、6色での仕上がり。

     

     ブラック・チョコ・キャメル・ネイビーブルー・グリーン、オレンジです。カラフルで素敵。

     

     

     Circus of Happiness 小銭入れ付き・二つ折りウォレット ブラック ¥33,000+税

     

     まずはお財布にはもちろん欠かせない、ブラック。

     

     ぐっと引き締まった色合いと表情が、シックで大人な印象。

     

     

     ドラーロの型押し感は心地よく、使い込んでいくことでなお美しく育つ。

     

     

     ブラックはより黒さを増し、透明感の強い光沢に包まれるようになる。

     

     

     ビジネスでもプライベートでもやっぱりブラックは定番。

     

     

     内装のブッテーロもばっちりブラック。

     

     

     ステッチもブラックで統一です。

     

     

     上質感光るブラック感。

     

     

     Circus of Happiness 小銭入れ付き・二つ折りウォレット チョコ ¥33,000+税

     

     続いては経年変化と言えば茶系は欠かせない、チョコ。

     

     色合いのムラ感もまた美しく、魅惑的なカラー。

     

     

     艶の変化や色の変化がまた楽しい。

     

     基本は濃くなっていく方が多いけれど、ムラ感が増していって独特な美しさになる方も。

     

     

     チョコ色、ダークブラウンといっても良いか。

     

     

     光の当たり方で濃さもまた違って見える。

     

     

     で、このチョコ色のみですが、内装はブッテーロではなくブッテーロのちょっと油多いバージョンのマレンマを使っています。

     

     ドラーロは型押しされる分、ちょっとブッテーロよりも色が濃くなる傾向にあります。

     

     そうすると、通常のブッテーロのチョコを内装に合わせると、ちょっと明るく感じすぎて違和感が強かった。

     

     なので油が多めで色が濃くなるマレンマにしています。

     

     

     ある意味では、チョコだけの特権的な感じか。

     

     

     まぁでも、同じワルピエ社のスムース皮革で、基本は油量の差くらいなものなので、使い勝手などはもちろん一緒です。

     

     

     Circus of Happiness 小銭入れ付き・二つ折りウォレット キャメル ¥33,000+税

     

     そして茶系といえばこの色も必須です、のキャメル。

     

     今回のドラーロのキャメル、ちょっとだけ色濃いめな感じ。

     

     なんというか型押しの温度が少し高めだったようなニュアンスで、色の濃淡が強い。

     

     

     これはこれでまた綺麗なキャメルで、がっしり感があって良い。

     

     

     もちろん使い込んでいくと、さらに深く濃く色づいていく。

     

     

     最近キャメルが好きだから、なお気分な店主。

     

     

     内装はブッテーロのキャメルです。ほどよい明るさでまた綺麗。

     

     

     ノーブルなかんじのする茶色。

     

     

     もちろん内装の色の変化も味わってくださいね。

     

     

     Circus of Happiness 小銭入れ付き・二つ折りウォレット ネイビーブルー ¥33,000+税

     

     さらにお次は、ドラーロシリーズでとっても人気なネイビーブルー。

     

     始めは青みがしっかり目なブルー、で使い込んでいくと深く美しいネイビーに育っていく。

     

     

     イタリア皮革の中でも珍しく、ブッテーロやドラーロは使い込んでも青みが残ってくれる。

     

     茶色っぽくなってしまう青い革が多い中で、貴重な存在と美しさ。

     

     

     二つ折りでもやはりネイビーブルーは人気になるでしょうか。

     

     

     暗いところではかなりネイビー、明るいところでは結構ブルー。

     

     

     内装はブッテーロのブルーで。しっかり良い濃さ。

     

     

     やっぱりこの色味は美しいですね。内装ももちろん使い込んでいくと良いネイビーに育つ。

     

     

     良い発色です、さすがドラーロ・ブッテーロ。

     

     

     Circus of Happiness 小銭入れ付き・二つ折りウォレット グリーン ¥33,000+税

     

     さらにこちらのカラーもとっても人気で嬉しい、グリーン。

     

     グリーンのお財布って作るところ自体が少ないですものね。Circus of Happinessでは二つ折りでももちろん作りました。

     

     大人が使って綺麗なグリーンなのです、はい。

     

     

     こちらも育っていっても緑感がしっかり残ってくれる良さ。

     

     

     深く濃いグリーンへと変化していきます。もちろん、ツヤ感もぐっと上がって。

     

     

     とっても良い雰囲気出してくれてます。

     

     

     内装のブッテーロのグリーンも同様。この雰囲気の良さ。

     

     

     使い込んでいくことが、なお楽しみになる二つ折りです。

     

     

     始めよりも使っていった後の方が確実に雰囲気ある、ドラーロとブッテーロたちです。

     

     

     Circus of Happiness 小銭入れ付き・二つ折りウォレット オレンジ ¥33,000+税

     

     そして最後にサンプルで見ていただいた、オレンジ。

     

     とっても綺麗な発色で、使い込むと熟れた柿のように美しい濃いオレンジに育つ。

     

     

     オレンジ色の財布というのも珍しいやもですが、この二つ折り超綺麗で素敵。

     

     

     味だしがお好きな方にうってつけなカラーです。

     

     

     パキっと目を引く美しさと元気さ。

     

     

     内装のオレンジだって負けちゃおりません。

     

     

     非常に整った内装のこの空気。

     

     

     どのカラーもあまりに素敵すぎる。

     

     

     と、このように6色でズラリです。

     

     それぞれの色合いの良さが光ります。

     

     

     とてもシンプルで定番的な二つ折り財布だけれど。

     

     でも様々な面で、Circus of Happinessとしての良さが出せたと思う。

     

     

     ガシガシと使い込んでいただきたいものです。

     

     

     長財布にも負けない、魅力的な二つ折り、できました。

     

     ぜひ新しい仲間をまたお楽しみいただけたら幸いです!!

     

     

     

     

     CIRCLE

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      masa (12/15)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      CIRCLE 青山 (12/13)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      KC (12/08)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM