<< 直近に入荷した子達の在庫状況と補充等について。(Workersバルカラーコート・KUONサコッシュ) | main | 明日17日より、25日までおやすみいただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。 >>
2018.10.15 Monday

ル・ボナーさんのデブペンケース、ブッテーロバージョンが待ってましたの入荷です!!

0

     

     明後日からCIRCLEは秋休みをいただきますが、ちょっと今月は休みなく動きすぎた感もあるので、ゆっくり休めたら良いなと思っています。

     

     その代わりに、お休み前とお休み明けはもうエンジン全開でバリバリ動こう!ということでバリバリ。

     

     今日も朝から検品の鬼と化し、その後は撮影の鬼と化し……とオープン前からどたばたと。

     

     大変お待たせをいたしました!!本当に待ってくださっていた方がかなり多いであろう子達、入荷です。

     

     ルボナーさんより、デブペンケースのブッテーロバージョンが仕上がってまいりました!

     

     

     事前にご予約的にお声をいただいていたお客様には、すでにメールやお電話にてご案内をしておりますが、もしかしたらあまりの多さに連絡漏れがあるやもしれません……。

     

     連絡来てないよ!ということがありましたら、何卒ご一報賜れますと幸いです。(オンラインシステムのメッセージでお名前等なく、入荷時期だけお伝えしている場合などは特にご連絡は行っていませんので、あしからず……)

     

     と、それだけお問い合わせも多く、お待ちくださっていた方が多いデブペンケース。

     

     ブッテーロバージョンはまた色とりどりに、良い塩梅で出来上がってます。気がつけば、半年以上はゆうに期間が開いていますね。

     

     

     シュランケンカーフバージョンの柔らかさや発色とは、また異なるブッテーロの質感。

     

     全体にハリがあり固めで、発色は鮮やかさがありつつも落ち着いた色合いも多い。

     

     

     シュランケンカーフはそのしなやかさや柔軟性、そして水気や傷への強さが特徴的。

     

     対してブッテーロバージョンはと言えば、逆にぐっと剛性のある感じとハリ感、そして豊かなエイジングがやっぱり特徴で。

     

     

     どちらが優れているとかそういう話ではなく、どちらの素材が自分のスタイルに合うか、という違い。

     

     でもブッテーロバージョンはそのエイジングの深さからか、老若男女たくさんのお客様にまたお声いただけています。

     

     

     ブッテーロなので、もちろん傷がついたり水染みがついたりということもあります。でもそれも含めて長く使い込んでいくことで、豊かな艶が生まれ、透明感と奥行きある表情に育つ。

     

     もともとブッテーロにはトラや血筋などの個体差もあって、そういうのも味わいに繋がる。

     

     今回もCIRCLEでは、店頭ではもちろん在庫あるうちは見比べていただけますし、オンラインショップでは一つを画像撮って一つをアップ、という具合で展開となります。

     

     お休みの間も、少しずつ更新はできるように画像は事前に整えて準備しておこうと思っています、はい。(無論、営業している時よりもスパンは遅くなりますが、ちょっとでもご覧いただけるように)

     

     

     では、ブッテーロバージョンのデブペンケースも概要をご案内です。

     

     今回はなんだか色が個人的に良い具合のチョコ感だったので、チョコでサンプルを。

     

     基本的な形はシュランケンカーフバージョンと同様、しっかりしたサイズで容量ばっちりなペンケース。

     

     

     はじめはぐっとハリがあって、丸みのある形もカチっとしている。

     

     使い込んでいくとブッテーロも柔らかさがでてきて、よりどことなく丸みを帯びた感じに変わっていく。

     

     

     外側はシンプルに、余計な飾りはありません。

     

     ブッテーロは表面に血筋やトラが入ったり、あるいは製作中にも小傷などはどうしても入ってしまいます。

     

     そのあたりはご理解賜れますと幸いです。天然の良い革を、しっかり手作業で作っている証。

     

     

     はじめはマットな質感だけれど、これがギラっと良い輝きに包まれるようになる。

     

     

     引き手ももちろん、ブッテーロ。

     

     

     ファスナーはYKKのエクセラファスナーでがっちり。

     

     はじめよりも、使い込んでいくとなおファスナーの滑りはよくなっていきます。

     

     

     ファスナーを開けると、こんな具合で中もシンプルに広いスペース。

     

     ここも、使い込んでいくとより開きやすくなる。

     

     

     ブッテーロの床面は芯通しの染めによって、淡く色づいています。

     

     表ほど濃い色にはならないけれど、基本的に表に沿った淡い色になります。

     

     

     ルボナーさんの刻印は、素押しで渋く。

     

     この感じ、個人的に結構好きだったりします。

     

     と、こんな具合のデブペンケース。もうボナーさんの製品の中でもなんどもご案内しているので、アレですが。

     

     でもやっぱりこのペンケースはバランス良いと思う。使いやすさと、革の質感と、味わいと。人気になるのが頷けるケースです。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ ブラック(グレーステッチ) ¥12,000+税

     

     では、今回製作の各色をご案内です。まずは、これは欠かせないブラック。

     

     ブラックは今回、ステッチ違いで2種類作られました。こちらはグレーステッチ。

     

     グレーステッチはブラックにステッチがぐっと溶け込む感じに近くて、シックな良さ。

     

     

     ブラックは使い込むとより黒さを感じるようになる。

     

     

     光沢感や透明感を感じていただきやすいカラーです。

     

     

     ステッチのちょっとアクセント。床面は薄めのグレーっぽい感じ。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ ブラック(赤ステッチ) ¥12,000+税

     

     続いては同じくブラックですが、今度は赤ステッチのバージョン。

     

     ステッチカラーが変わるだけで印象はガラリと変わります。

     

     レッドのステッチがコントラスト美しく、シックなだけでなくちょっと華やかに。

     

     

     ブラックはグレーもレッドも、ステッチそれぞれでお好み分かれる。

     

     同時に作ってくれたのって久々なような、そんな気が。

     

     

     ぐっと深いブラックに、鮮やかな赤。

     

     

     でも派手な印象にはなりません、ステッチの量が程よいのでアクセントというくらい。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ ネイビー ¥12,000+税

     

     続いてはこちらも昨今の革人気では欠かせません、ネイビー。

     

     ブッテーロのネイビーはしっかり深い色味で、パッと見るだけだと黒に近くも感じる。

     

     でも光の当たるところでしっかり見るとやっぱり青みがあって、ブラックよりも淡い感じのカラー。

     

     

     ネイビーにはブルーのステッチが定番で入ります。

     

     

     使い込んでいくと、こちらもツヤ感がしっかりわかりやすい色味。

     

     

     床面はほんの少し青っぽい感じもわかりますね。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ チョコ ¥12,000+税

     

     さらに、サンプルでもご覧いただいていた、チョコ。

     

     茶系の色はエイジングの面白さではやっぱり外せない。

     

     今回のチョコ色は、なんだかその名の通りすごくチョコっぽい感じがする。

     

     

     ブッテーロは色が安定している方な革だけれど、それでも少しロットでぶれることもある。

     

     それもまた革の面白さ。

     

     

     今回のチョコ感、個人的に気に入っている。

     

     

     美味しそうな感じのするチョコ色です。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ キャメル ¥12,000+税

     

     そしてお次は、ここのところ若い世代からものすごい人気のお声をいただいている、キャメル。

     

     色味の経年変化がぐっと楽しみやすいからか、キャメルのお声は前回ロットあたりからかなり勢いが。

     

     今回もたくさん在庫はいただいているけれども、やっぱり動きは早い印象。(15日17時30分追記:えー、早々に連続してお声をいただいていて、かなりたくさんいただいたつもりなのですが、本日入荷分はあと数個になりました。次回入荷分はCIRCLEのおやすみ明けにちょっともらえる予定です。ご了承くださいませ。)

     

     

     ボナーさんはキャメルにはグリーンのステッチ、というのも素敵。

     

     

     薄い色合いな分、もちろんムラ感も見えやすいですし、トラや血筋も見えやすいこともありますが、それも経年変化していくとまた素敵で面白いわけです。

     

     

     今回も真っ先に無くなっていくのでしょうか、どうでしょう。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ パープル ¥12,000+税

     

     今度はちょっと色味がガラリと変わって、パープル。

     

     パープルはロットによる色の差がかなり激しい、と思っています。ワインっぽい時もあったり、薄い時もあったり。

     

     今回はいわゆるパープル然としたパープルで、これまた綺麗。

     

     

     チョコと同様、今回のパープル感も好き。

     

     

     バイオレットと言っても良い感じするけれども、なんだかブッテーロの紫はパープルと呼びたくなる発色。

     

     

     床面も淡いパープルでこれも美しい。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ ワイン ¥12,000+税

     

     そしてパープルよりもしっかり赤みがある感じの色で、ワイン。

     

     ブッテーロと言えば!の代表的な色味の一つでもあるように思います。

     

     ワインも色のブレはちょっと大きめだけれど、今回はワインらしいワイン感。

     

     

     この絶妙な赤みと落ち着いた空気が良い。

     

     

     使い込んでいくと、なおぐっと深い味わいに。

     

     

     床面も淡いワイン色になっていて、綺麗です。

     

     パープルとは似ていてもやっぱり全然違う色。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ グリーン ¥12,000+税

     

     そして、この色はブッテーロでは欠かせません。CIRCLEとしても絶対欠かせません、のグリーン。

     

     毎度とっても人気で、たくさん在庫をいただきつつもとっても早くに完売していってしまう。

     

     グリーンの革の小物ってそう多くないけれど、やっぱり素敵だと思うのです。

     

     

     グリーンははじめよりも使いこんだあとの方が、断然綺麗。

     

     

     デブペンケースでは不動の人気色、という感じもあります。

     

     

     中も淡いグリーンで素敵。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ オレンジ ¥12,000+税

     

     続いては、ちょっとシュランケンカーフでもブッテーロでも、じわじわ店主のブームが来ているオレンジ。

     

     ブッテーロのオレンジの発色、好きなのです、明るくてでもしっかり濃さもあって。

     

     元気が出てパッと華やぐカラー。

     

     

     これを使い込んでいくと、熟れた柿色のような、とっても渋く美しい色合いに。

     

     

     オレンジ色は差し色としてもとっても綺麗。ブッテーロのオレンジで大きなカバンとなるとちょっと勇気いるけれど、小物だととっても使いやすい。

     

     

     この発色からの豊かなエイジングは楽しいです。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ ブルー ¥12,000+税

     

     続いて、ここしばらくでやっとボナーさんでも定番的になってきた、ブルー。

     

     ブッテーロのブルーはしっかりはっきり青く、そして落ち着きのある青み。

     

     ブルーがデブペンケースに加わってから、やっぱりとても人気カラーに。

     

     

     ブルーがここ数年まで作られなかったのが不思議なくらい、しっくりくるわけです。

     

     

     長く使い込んでいくと、艶やかな青みあるネイビーに育っていく。

     

     

     イタリア系の青い色はよく茶色くなりがちだけれど、ブッテーロはしっかり使っていれば茶色っぽくはならず、青みが深くなりネイビー感に繋がっていくのも魅力。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ レッド ¥12,000+税

     

     そして最後にイタリアと言えば!な発色のパキっと美しいレッド。

     

     このカラーもブッテーロでは欠かせない明るい色味ですね。

     

     

     レッドもはじめはマットな質感だけれど、使い込むとつやっつやになる。

     

     

     色味は深くなり、渋い印象がプラスされていく。大人の赤に育つ。

     

     

     床面もほんのり赤い感じが素敵なのです。

     

     

     と、このようにズラっと11色並びました!!

     

     店頭でぜひカラフルな世界をまたお楽しみくださいませ。

     

     そしてオンラインでも展開は始めましたので、ぜひお楽しみを。一つ売れたらソールドアウトの表記になりますが、在庫があるうちは画像の準備が整い次第また在庫更新、という具合になります。ご了承くださいませね。

     

     そしてまた、ブッテーロバージョンだけでなく、シュランケンカーフバージョンも7色あり、今はデブペンケースがまさかの18色。

     

     いやこれはすごいですね。デブペンでこの色数は、きっと過去最多。

     

     ぜひ、お好みとスタイルに合わせて、それぞれお楽しみいただけたら幸いです!!

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんのバッグ、小物の在庫状況について。
      CIRCLE青山 (10/19)
    • ル・ボナーさんのバッグ、小物の在庫状況について。
      小林 (10/18)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      CIRCLE青山 (08/09)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      Tai (08/08)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      CIRCLE青山 (06/06)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      頑張ってくださいね! (06/06)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM