<< KUON(クオン)の18AW、たくさんの方がお愉しみくださり、ありがとうございます。(在庫状況ご案内) | main | KUON(クオン)のヴィンテージ襤褸裂き織りカーディガンについて。 >>
2018.09.15 Saturday

KUON(クオン)の古布唐草・グリーン裂き織りカーディガンについて。

0

     

     秋に入ったと思ったら、どうにも晴れ間が出ることが少なくて、綺麗な太陽が恋しいなぁと思うこの頃ですが。

     

     CIRCLEの店内はめっきり秋冬の空気になってきました。

     

     秋になるとアパレルがまたいろいろ楽しいのはもちろんですが、やっぱり革製品も楽しくなるころ。

     

     そろそろ、革ものの入荷も来てくれたら良いな、と思ったり。

     

     さて本日は、KUONさんからのすごい子をご案内。

     

     キャップやベルトでも用いられた、古布唐草を用いたグリーン裂き織りにて、カーディガンの到着です。

     

     これは、すごい。

     

     

     裂き織りのカーディガンと言えば、KUONさんではシグネチャーラインとして襤褸と共に、シーズンによって様々な空気のカーディガンを作ってきました。

     

     CIRCLEでも何着もこれまでにお願いをして、ヴィンテージ裂き織りのものや、襤褸浴衣で作ったネイビー裂き織りや、お客様からのオーダーで裂き織りをいろいろ検討して作ったことも。

     

     今回のグリーン裂き織りのカーディガンもその流れ。

     

     ある種18AWシーズンとしての扱いなので、準シグネチャーという感覚でもありますが、これがまた独特なオーラを放つ。

     

     

     KUON 古布唐草グリーン裂き織り カーディガン Sサイズ ¥180,000+税

     

     全体的な形はこれまでのシグネチャーカーディガンと基本は同様。

     

     ちょっとサイズ感などが変わり、SサイズではありますがS〜タイトMといった感じの大きさになりました。

     

     グリーン裂き織りの表情が極めて複雑で、豊か。

     

     渋さを感じることもあれば、色の美しさを感じることもあり、独特な存在感あるカーディガンに。

     

     プライスに関してはちょっとリーズナブルになった。単純に古布の価格推移だったり、KUONさんの製作背景によるところだと思うけれど。いずれにしても、少し着やすい感じに。

     

     

     色とりどりのグリーンと、ホワイトもまたトーンが様々。

     

     細かく柄が切り替わるそのさまは、本当に新たな迷彩柄を生み出したかのよう。

     

     でもその雰囲気は美しく、抽象画的なアートのようにも思える。

     

     裂き織りはそれが面白い。

     

     

     古布である唐草風呂敷を裂き、それを横糸としながら織りあげていく。

     

     そもそもの古布自体が様々な時間を経て今に残っているから、グリーンと言えども色合いが本当にいろいろ。

     

     明るい緑もあれば、深い緑もあれば、グレーがかったものもあれば、ちょっと青みがかったものだってある。

     

     そういった全てが入り混じって出来る表情は、唯一無二。

     

     もちろん、二つとして同じものは存在しません。

     

     

     しかもKUONさんのこのカーディガン、コレクションに出ていたものは別として(あれはたぶんLサイズとか)、国内での生産はCIRCLEのオーダーのみになったそうな。

     

     つまるところ、海外は置いておくとして、日本国内でグリーン裂き織りのカーディガンはこの1枚。(もともと多くを作れるものではないから、海外もそう多くないはずだけれど)

     

     なんともまぁ、特別感溢れる一着として届いた。

     

     そりゃそうか、とも思う。KUONさんを取り扱う店舗は全国で言えば増えていても、普通にシグネチャーライン的なものをボンと頼み続けているのはCIRCLEくらいのもので。

     

     この特別感は他に絶対に無いからオーダーするけれど、お店としては価格も価格なので勇気がいるのだろうな、と思う。

     

     

     ともあれ、このグリーン裂き織りの面白さ。

     

     見れば見るほど、様々なグリーンで構成される。

     

     ホワイトの柄部分だって、時間経過による色の変化があるから、一定ではなく様々なトーンが。

     

     

     唐草風呂敷を一枚ずつ裂いていって紐状にし、そこに淡いイエローとブラック系の糸を交差させて、裂き織りへ。

     

     言葉にすれば単純かもしれないけれど、それはひたすらに時間と手間がかかる仕事。

     

     長い時を経てきた素材を、改めて生き返らせるような、そしてさらに新しい魅力をプラスするような仕事。

     

     KUONさんはアップサイクル、という言い方をするけれど、裂き織りはまさにそのアップサイクルの古くからある日本の形、だと思う。襤褸も同様。

     

     

     グレーっぽい緑の色が入るのが、個人的に好き。

     

     ただの緑な感じではなく、奥行きと陰影が生まれる。

     

     

     唐草と言っても、その姿はもうどこにも無い。

     

     あるのは新しい存在のランダムな色と柄。

     

     この計算できない動きは、やはり面白い。

     

     

     カーディガンなので胸の開きも重要。

     

     綺麗な空き具合で、下にはカットソーでもシャツでも。

     

     

     首回りなどのパイピングは茶色。これがまたよく似合う。

     

     

     かなり細かな起毛したコーデュロイのような感覚。

     

     これまでのものよりも目がさらに細かくて、さらっとした肌触り。

     

     

     ボディはふっくらとゆとりあるフォルム。

     

     ズドンと大きいわけでなく、ふわっと軽やかに羽織る感じ。

     

     KUONさん独特なカーディガン。

     

     グリーン裂き織りはそれほど硬さはなくて、しなやか感あるのでそれもまた良い感じ。

     

     

     フロントはボタンでの開閉。

     

     もうこういうアングルで見ると、やっぱりアートな裂き織り。

     

     

     ボタンはホーンボタンで、ちょっとヴィンテージっぽい感じに加工されているボタンで。

     

     

     腰部分にはポケットが。

     

     

     実用でももちろんですし、手をぎゅっと入れて佇んでも素敵。

     

     

     裾はフラットな感じで、前部分だけ動きやすくカーブ。

     

     

     アームホールや腕は比較的タイトめ。

     

     キュッと要所を締めることで、ぶかっと大きいスタイルにならず、綺麗に見える。

     

     

     袖ももちろん表情豊か。全身で裂き織りの風合いを感じられる。

     

     やっぱりそれなりにしなやかなので、腕も動かしやすいです。

     

     

     袖先はボタンは一つで開閉可能。

     

     パイピングももちろんされているので、肌触りも良い。

     

     

     右腕と左腕だって、表情はまるっきり同じではない。

     

     

     全ての部位で、同じ部分は二つとないのです。

     

     

     他に無い唯一無二なことが良い、とそれだけでは当然ないけれど、でもやっぱり特別感はあるわけで。

     

     さらに着込んでなじませていくことで、自分だけの一着に育っていく。

     

     

     前を開けると、中はコットンで総裏地。

     

     白ではなくベージュっぽい感じの色合いで、柔らかいコットン。

     

     

     袖裏まで全て裏地なので、暖かさもしっかり。

     

     

     内側の裾部分にも、裂き織りはあしらわれていたりします。

     

     

     これまでの裂き織りカーディガンともまた異なる趣がある。

     

     

     後ろ姿もとても美しく。

     

     

     やっぱりグレーっぽいグリーンがあることで、この裂き織りは全体が良い塩梅なのだよな、と感じる。

     

     

     一見すると派手に見えるやもしれないけれど、これが羽織ると全然派手じゃ無い。

     

     すっとボトムはほぼなんでも合わせやすくて、羽織るだけで渋く良い雰囲気が出る。

     

     軍パンばかりは色の兼ね合いで合わせないかもしれないけれど、黒系茶系グレー系、同じ系統の色以外はなんでもござれ。

     

     

     それこそKUONさんの泥染パンツやコーデュロイパンツなんかも合うでしょうし、シンプルにジーンズでも良い。

     

     藍染系のパンツも素敵でしょうし、グリーンってやっぱり便利です。

     

     

     真ん中で生地切り替えのラインが入り、左右対称と思いきや、もちろん対称になることは素材的にありえないので、細かく動きが違う。

     

     

     秋冬だけでなく、春にも綺麗に着ていただける色だと思います。

     

     

     世界的にみてもきっと数着。

     

     日本ではコレクションのものを除けば、ただ一着のカーディガン。

     

     どんな方が袖を通してくださるだろう。

     

     

     正直、今シーズンの裂き織りカーディガンはやたら価格的にお得感がすごい。

     

     安いと言える絶対価格ではないけれど、生地にかかっている手間や時間、そしてそもそもの古布、製作は一着ずつ手裁断での熟練の職人でと思うと、これで良いのか、と思ったりする。

     

     今シーズンはヴィンテージ裂き織りのタイプもMサイズで一着だけ近々ご案内しますが、そちらはこのタイプよりもやはり高い。

     

     本来はそっちの価格じゃないの?と思ってしまうのだけれど、まぁこの価格で頑張るというのだからありがたく。

     

     

     どうぞ、お楽しみいただけたら幸いです。

     

     きっと他にはない愉しみを感じていただけると思います。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM