<< Workers(ワーカーズ)さんのマウンテンジャケット、非常に便利に使えるアウターさんです。 | main | KUON(クオン)の古布唐草・グリーン裂き織りのキャップについて。(6パネル・5パネル) >>
2018.09.11 Tuesday

Workers(ワーカーズ)の素材感素敵なメイプルリーフジャケットについて。(ガンクラブ・フランネル)

0

     

     今年のこれからと来年へ向けてのいろいろと考えながら動いているのですけれど、結構楽しくなりそうな気配が。

     

     でもその分なんだかやらなければならないことが山積みで、処理能力の限界を感じつつありますが、そういう時こそ力を伸ばすチャンスということで限界を越えられるように頑張ります。

     

     ミスや不備などが出てしまったりして申し訳ないことがございますが、もっとそういったことも無くしていけるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます……!!

     

     本日は、昨日に引き続いて、さらにWorkersさんの18AWの素敵な子を。

     

     昨日とはぐっとまるで空気感の異なるジャケット。カジュアルでも、ビシっと決めたい時、ありますよね。

     

     

     Workersさんのジャケットと言えば、代名詞的なものはラウンジジャケットかもしれません。

     

     コットンの一枚で気軽にざっと羽織れて、カジュアルシーンにとっても便利なジャケット。

     

     今シーズンももちろん製作してくれて、グレーサージもブラウンコーデュロイもかなり良い塩梅。(あと少しだけ在庫ありますが)

     

     でもラウンジジャケットとは別に、秋冬シーズンはウール系のよりシックでビシっとした感じのジャケットも作ってくれる。

     

     

     今年は、メイプルリーフジャケット。

     

     ウール系のジャケットとしては、Workersさんの中では定番というか準定番というかそんな具合のかたち。

     

     でも今年はなんだか素材感がまた良いのです。

     

     

     カジュアルにもちろん羽織って気持ちいいのですが、ビシっと決めたい時もある。

     

     そんな時にかなりちょうど良い感じの仕上がりに。

     

     もちろん保温性もしっかり、という秋冬感さらに強いジャケットです。

     

     

     Workers メイプルリーフジャケット ガンクラブチェック ¥40,000+税

     

     CIRCLEでは2種類をご用意となりますが、まずはウールのガンクラブチェック。

     

     このガンクラブチェックはまさにここのところの良い流れ。

     

     シックだけれどよく見ると柄が綺麗に見えて、洒落感溢れるウール。

     

     

     色合いも濃いめのグレーがベースになっていて、秋冬シーズンにもちろん着やすい。

     

     アウターとしてもバリバリ寒い時期まで着られますし、もちろんコート羽織れば真冬のがっつり寒い時だって。

     

     って、そういう機能性もあるわけですが、今回のメイプルリーフジャケットはなんだか形の仕上がりもすごく良い雰囲気なんですよね。

     

     

     しっかり感はりつつも、軽やか。

     

     素材と形の感じが特に合っている。今年はWorkersさんもKUONさんも、その相性みたいなものがドンズバで綺麗な気がして。(いやもちろん、毎年良いのですが、今年は特にというか)

     

     

     大人な空気出しつつ、でも気軽に着たいジャケットとして、きっと大活躍。

     

     

     素材のウールはなんとペルーの羊さん。

     

     ペルーの山岳地帯は環境的には過酷っちゃ過酷ですから、羊さんの毛もガリっと気持ちいい硬さがありつつ、それでいてカールが強めなので弾力感もある。

     

     そんなペルーのハイランドウールをガンクラブチェックのツイードに。

     

     ガンクラブチェックは千鳥格子的な雰囲気に近いけれども、濃淡ある色合いで作ったチェック。

     

     これが渋くてかなり好き。構成色が濃いめのグレーとさらに濃いグレーでチェックになっているから、遠目ではシンプルに見えつつ、近づくと生地の立体感があるように見えて、素敵なのです。

     

     

     柄の細かさも程よいのかな、と思います。

     

     これが大きすぎると、どうしても柄としては大味になって、それはそれで似合うアイテムももちろんあると思うのですが、このジャケットにはこれくらい細かい雰囲気の方が、上品で良い。

     

     

     正面から見たこのキリリとした顔。

     

     

     襟周りは大きすぎず小さすぎず、スマートに。

     

     

     ノッチドラペルはやはり日常的に着やすい。

     

     

     左側にはフラワーホールというかボタンホール開いているので……

     

     

     ラペル裏のボタンで止めて、ブルゾンっぽく襟を立てて着ることもできます。

     

     寒い時は地味に便利だったりして、店主はこのディテールは大好き。

     

     しかしながら、今回のこのメイプルリーフジャケットではブルゾンっぽく着るよりも、やっぱりジャケット然として着た方が雰囲気は断然良いと思っている。(好みの問題)

     

     

     ボタンは段返りの3つボタン。

     

     この段返り含めたボタン周りのバランス加減が上手。

     

     とてもスマートに綺麗に見える。

     

     

     ボタンも表情ある形をしていて、ほどよいアクセント。

     

     

     段返りなので、基本は真ん中のボタンだけを留めて着る具合。

     

     一番上のボタンは留められるけれど、こうしてボタンホール真ん中部分あたりでラペルが折れてくれるのが良いバランスにパターン組まれてます。

     

     ボタンホールも一番上だけは、こうしてかえった状態で縫い目が綺麗に見えるようにステッチ入れる方向を逆にしてたりする。

     

     細かいことだけど、その細かい部分が全体の美しさを作ってくれる。

     

     

     左胸にはポケット。

     

     まっすぐすっとした形が、今回の見栄えにぴったり。

     

     

     右腰には小さめなフラップポケットと、大きくポケット。

     

     

     左側には大きなポケットで。

     

     

     なんでしょう、今年のメイプルリーフジャケット、肩から身頃への流れがシュっとしていて好き。

     

     着るとなおそれは体感できて、フィット感がさらに良くなっているような感がある。

     

     

     裾まわりのこのラウンド具合は、Workersさんお得意の綺麗さ。

     

     動きやすさにも関わってくるので、このカーブ具合は大切。

     

     

     肩周りは狭すぎず、しっかり中にシャツやセーターを着ても動きやすい感じ。

     

     

     ガンクラブチェックのこのツイード、見た目よりも厚すぎず固くない。

     

     ウールらしいザリっと感は気持ちよくありつつ、でもすごくしなやかで軽いです。

     

     

     単純に軽くて動きやすいのは嬉しいし、もちろんウールで暖かいのも嬉しい。

     

     袖は本切羽とかでなく、今回はシンプルにボタンついているだけ。

     

     なので袖の直しは比較的しやすいので、細かく調整したい方はそれも良いかもしれません。

     

     

     もちろん、袖裏にはキュプラが。

     

     袖通りは秋冬ジャケットは特に大事です。

     

     

     ボディ裏はブラックのコットンで総裏。

     

     ウールだけでなく裏地もしっかりなので保温性さらに良く。

     

     

     着心地という意味でもやっぱり良いです。

     

     

     腕部分からはキュプラに裏地は切り替わる。

     

     

     内側胸元には内ポケット。

     

     

     右左いずれもしっかりついてます。

     

     

     今回はサイズ36と38で入荷してもらっています。

     

     36はちょっとだけゆったり目Sくらい。38はちょっだけゆったり目のMくらい。

     

     でも秋冬だと中にシャツだけでなくベスト挟んだり、セーター着たりもするでしょうから、そういう意味では通常Sの方は36で、通常Mの方は38でというフィット感で良いかな、と。

     

     

     後ろから見てもこの柄の素敵さ。

     

     

     シックで大人な柄のジャケットって、着ていて楽しい。

     

     

     もちろん、この上からさらにコート羽織る時にも、ちょっと柄が見えたりするのも良くて。

     

     

     ガンクラブチェックが展示会で並んでいた時は真っ先に、「あ、これは嬉しいので入れます」とオーダー宣言。

     

     

     着込んで行くとさらにウールはふっくら感も出てきますし、しなやかさも増していく。

     

     

     後ろはセンターフックベント。

     

     アメリカントラッドですね、まさに。

     

     

     動きやすくそして見栄えも良く。

     

     額縁仕上げでしっかり丁寧に。

     

     

     後ろから見ても、こうフィット感良い雰囲気がわかりやすいのでは、と。

     

     メイプルリーフジャケット、パターンがまた変わったのかな……いずれにしても着心地良いから嬉しい話で。

     

     変わってても変わってなくても良いものは良いのだけれども、一応明日またちゃんと聞いてみよう、そうしよう。(明日はWorkersさんの展示会に行きます)

     

     

     と、こんな具合で柄ウールジャケット、今年も素敵です。

     

     

     Workers メイプルリーフジャケット コットンフランネル ¥38,000+税

     

     そしてもう一つは柄ものではなく、シンプルに少し明るさもある綺麗なグレー。

     

     いやー、綺麗で上品な表情のウールですね、と思いきやこれは厚手のコットンフランネル。

     

     これ、展示会で見るまでは「あー、コットンか〜、うーん」なんて思っていたのだけれど、展示会でいざ見ると「このコットンフランネル、ウール感あってすごく良いじゃないか」ということで大好きに。

     

     先ほどのガンクラブのウールに比べるともちろん重さは少し出るけれど、それはそれでがっしりしていて気持ち良い風合いでもある。

     

     

     秋冬のジャケットでウールフランネルとかはもう定番なわけですが、コットンフランネルでこのウールっぽい表情のものってあんまりない気がする。

     

     形は先ほどまでのガンクラブと同様。

     

     

     スッキリしていて上品に、でも肉厚感は見るからに感じられて、そのぐっと詰まった肉感がこちらは面白い。

     

     

     でもやっぱり今年のメイプルリーフはなんだかスッキリ、さらにスタイリッシュな。

     

     

     コットンフランネルは、尾州は一宮で織ってもらったものだそう。それを聞いて、納得する。

     

     一宮はCIRCLEでも大江洋服店でおなじみの地域なのですが、ウールの織りはもう本当にめちゃくちゃに上手い。

     

     某海外メゾンなんかも一宮でウール織ってもらったりしているのだけれども、ウールだけでなくコットンももちろん織れる。

     

     そこで起毛感あるコットンを織ると、なぜかどこかウール感が感じられる、という。

     

     不思議なように思えて、でもやっぱり織る時のテンションの兼ね合いや仕上げの仕方などもろもろで、きっと違いがあるのだろうなと思っている。

     

     

     生地ってだから面白い。原料が一緒で構造が一緒だとしても、それを織る機械や仕上げでまるで違うものなる。

     

     逆に原料や構造がまるで違うのに、織る機械や仕上げの兼ね合いで「どこか他の素材に似た風合い」になることもある。

     

     CIRCLE店主も日本だけでなく海外でも山ほど生地を見ていて、それを強く感じている。

     

     だからこそその国らしい雰囲気だとか空気はやはり出るし、もっと突き詰めればその地方(地域)の雰囲気や空気ってあるんですよね。やっぱり。

     

     

     って、ジャケットの紹介に戻りましょう(笑)。

     

     正面からの顔はどことなくふっくらした感じも。生地厚によるふわっと感。

     

     

     コットンですけれど、がっしりしっかり暖かいです、これ。

     

     

     襟周りもいつでも着やすいサイズ。

     

     

     こちらもやはりフラワーホール、開いてます。

     

     

     ボタンもついているので、襟を立ててブルゾンっぽく着るのも良いです。

     

     

     正面の段返り3つボタン。

     

     

     ボタンの表情は無地のジャケットではなおさら大事。

     

     

     段返りといえばCIRCLE店主はやっぱり某BBさんを思い出す。

     

     やっぱりアメリカントラッドな空気。

     

     

     胸ポケットにペン挟むのもね、良いですよね。

     

     やっぱりパーカーかなぁ(今はアメリカじゃないけれど、ぜんぜん)、シェーファーの線も捨てがたい(ぜひシュノーケルの頃にしたい)。

     

     

     腰ポケットもどことなくしっかり感。

     

     

     しっかり厚手なコットンフランネル。

     

     でも、固くて動きづらいとかはありません。しなやかさはちゃんとある。

     

     

     スッキリしたフォルムで、良い感じ。

     

     

     コットンフランネルバージョン、この裾まわりのラインがなおさらシュワっと綺麗に出て気持ちいい。

     

     

     肩は適度にゆとりあるので、ちゃんと下にいろいろ着られます。

     

     

     無意味に触りたくなる、気持ち良さ。

     

     

     袖はボタンふたつ。

     

     

     裏はキュプラですべり良く。

     

     

     ボディはコットンでしっかり裏地。

     

     

     冬は暖かく過ごしたいですからね。

     

     

     まだまだ今は暑いですけれども、もう冬支度できるものも並びます。

     

     

     内ポケットもスマートに。

     

     

     スッとここから取り出す時に綺麗な方が良いですもの。

     

     

     こちらも36と38で入荷しています。

     

     

     後ろ姿のキュッとした引き締まった感。

     

     

     このフランネルは面白い表情です、無地なのに。

     

     

     着込んで行くとさらに表情は良くなっていきそう。

     

     

     長く着込んでクタクタになったらまた、それも素敵でしょうね。

     

     

     ウールとコットン、いずれも素敵な塩梅で、キャラクターが違う面白さ。

     

     

     どちらも気軽に羽織りつつ、シックにバシっと決めてください。

     

     

     仕上げ、綺麗ですし。

     

     

     ジャケットって良いよね、と感じさせてくれます。

     

     

     Workersさんはやっぱりジャケット上手だと思う。

     

     って、毎年言ってる気がするけれども、見るたびに思うのです。

     

     

     ガンクラブチェックのスタイリング。

     

     シンプルに合わせてぐっと綺麗。

     

     

     後ろからの感じ、素敵ですよね。

     

     

     コットンフランネルも良い風合い。

     

     もちろん、中にシャツのシンプルさでも素敵です。

     

     

     こうしてみると、センターフックベント、やっぱりデザインとして効いてきますね。

     

     

     と、昨日とはまるで違った雰囲気でまたこれもシックなジャケット。

     

     素材感がそれぞれ素敵な子達です。

     

     ぜひ、お楽しみくださいませね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM