<< Circus of Happinessの新しい25mm幅ナローベルト、素晴らしい仕上がりです。(ドラーロブッテーロ・サドルプルアップ) | main | KUON(クオン)さんからの嬉しいリストック在庫、入荷が出来たのでご案内です。 >>
2018.09.08 Saturday

KUON(クオン)の手刺し子ステッチ・スウェットフーディーについて。

0

     

     北海道地域への荷受停止となっていましたヤマトさんですが、一部地域を除きましては荷受再開という流れとなり、明日より通常通りに発送等も行うことが出来るようになりました。

     予想以上に早い対応に、改めてヤマトさんってすごいね……と感じた今日。

     

     とはいえ、到着までにいつもよりもちょっと長くお時間がかかってしまったり、遅れてしまうことはまだ引き続きあろうかと思います。

     

     ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます!

     

     さて本日は、KUONさんのあと少しずつ今月展開されていく18AWアイテムより、心地よいフーディーをご案内。

     

     スポーティーなスウェットフーディーではなく、デザイン的なファッショナブルなスウェットフーディー。KUONさんらしい色々が詰まってます。

     

     

     スウェットフーディーと言えば、基本的にはスポーティーだったり、あるいはぐっとカジュアルな存在。

     

     デザイン的な洋服というよりはシンプルにさっと着て過ごしやすい、というのが良さだったりすると思うのですけれど。

     

     KUONがフーディーを作ると、なるほどこういう風にファッショナブルに、デザインが入った面白さに仕上がるのね、と頷く一枚。

     

     

     デザイナー石橋氏が、どうしてもこのスウェット素材がいい!!とゴリ押しで使われたそうな、スウェット生地。

     

     ディレクター的には「それじゃ価格合わなくて利益きついんだって」と諭しつつも、揺るがず結局そのまま製作まで進んだという、なんともCIRCLE店主も気持ちはよくわかるものづくり。

     

     

     いずれも製品染めによって作られたブラック(というか墨黒)と、青みしっかり見えつつ濃いめネイビーの2色。

     

     とてもシンプルなように見えて、全然普通のフーディーではない良さがあるそれぞれ。

     

     

     KUON 手刺し子ステッチ スウェットフーディー ブラック(墨黒) ¥23,000+税

     

     まずはブラック(墨黒)からご案内。

     

     パッとハンガーで吊っている状態を遠目に見ると、ふわっとシンプルなフーディーにも感じられる。でも、そうじゃない。

     

     色合いも独特で、ブラックと言ってもぐっと濃く黒いのではなく、墨黒。

     

     濃いめのチャコールグレーのようなこの色合いがまた雰囲気ある。

     

     

     基本的にはゆったりとゆとりを持ったフォルムなのだけれど、不思議とズドンと大きな感じはしないパターン。

     

     Tシャツの上に、シャツの上に、アウターとして秋は活躍しながらも、冬場はもちろんコートインナー的にも。

     

     

     スウェットフーディーってデザイン的にはさほどいじるところが無さそうなのに、それをうまいことKUONらしい空気に仕立てている。

     

     

     ざっくり袖を通して、とにかく気持ちいい質感。

     

     肌寒い時期にふわっと着たくなる空気。

     

     

     コットン100%のスウェット生地。表面はなめらかにきめ細やかな肌さわり。

     

     どことなくポワンとした弾力感があって、クタっとした風合いというよりはもちっとしたハリも感じられる。

     

     

     で、裏面はがっしりしっかり起毛していて、ちょっと毛の短いボアフリースのようにも思える起毛感。

     

     肉厚感はそこそこありつつ、でも柔らかい。

     

     保温性もしっかりある具合で、秋冬の活躍シーンは非常に多いはず。

     

     

     このフーディーの魅力の大きな一つは、フードというか首回りと思う。

     

     ここがとても良く出来ている。

     

     正面からすっと見たときに、首元が綺麗にボリューム感が出る。

     

     

     だらんと垂れるでもなく、かといってギッチリと硬い感じになるでもなく、ポワンと膨らむこの首回りの感じ。

     

     

     フードそのものもどこか立体的な感じがして、ぺちゃんとしない。

     

     

     そしてさらに、フードの縁部分は手刺し子でアクセントとなるステッチも入って。

     

     そこがちょうど染めや洗濯をしていくことで、軽くパッカリングのように凹凸感が生まれて、良い膨らみある表情に。

     

     

     なんというか、素材の膨らみ感とフード周りのパターンが合っている。

     

     ボリューム感はしっかりあってポワっとするのに、しつこくなくスッキリしている。

     

     これがかなり絶妙なバランス。

     

     

     肩はあえてぐっと広く、ドロップショルダーのかたちに。

     

     

     ボディの身幅もゆとりをもたせて、ふわっと柔らかい風合い。

     

     

     お腹部分にはフーディーらしいハンドウォームのポケットがしっかり。

     

     

     モノを入れるというよりは、これはやはり手を入れる感じ。

     

     角度としても手を出し入れしやすい角度に。

     

     

     左右どちらもポケットで、真ん中も繋がってます。

     

     

     で、もちろんここも裏は起毛しているので、暖かいし気持ちいいし、と。

     

     

     ゆとりのあるボディは裾に向かってストンと綺麗に落ちていく。

     

     裾リブはスポーティーにきついリブではなくて、ゆるめ。

     

     でもこの生地の落ち方が良いのです。

     

     しっかりゆとりあるのに、ぶかっと余計なでかさを感じさせない。

     

     

     リブにも編み柄が少し入っていて、アクセントに。

     

     

     リブ裏はシンプルです。

     

     

     腕周りは下にシャツを着込んだりしても動きやすい程度のゆとりがしっかり。

     

     

     そして、肩をドロップさせて広い分、袖は短くしてます。

     

     

     袖リブももちろん編み柄入って、良い塩梅。

     

     

     ここのリブも決してぐっときついものではないので、下に着ているものなどをあえて見せながら着るのも素敵。

     

     

     後ろ姿でフードのふっくら感が伝わると思う。

     

     

     綺麗な膨らみ方なんですよね、フードが。

     

     

     フーディーはパーツが少ないからこそ、そういう一つ一つの形がとっても大事。

     

     

     うーん、吊っているよりもこのフーディーは圧倒的に体が中に入ったときの方が、良い雰囲気出るんですよね。

     

     

     それはフード始め、首回りはさらにそう。

     

     

     フードは中も表生地になっていて、スムースな質感。

     

     

     で、やっぱり手刺し子は地味にポイントに。

     

     

     墨黒の色合いはかなり合わせやすい。

     

     ジーンズなどにもさっと綺麗ですし、チノや軍パンとかにも良い。

     

     

     着込んでいくとなお、この色も変化をしていきますし、生地の風合いもさらに熟れていく。

     

     それが楽しみになる生地感。

     

     

     普通のフーディーとは、明らかに違う面白さがあります。

     

     でも着るときにはシンプルにさっと羽織って愉しめる、面白いフーディー。

     

     

     KUON 手刺し子ステッチ スウェットフーディー ネイビー ¥23,000+税

     

     そしてもう一色の濃いめのネイビーも。

     

     基本的なかたちや作りはもちろん、ブラックと同様。

     

     ネイビーの色味は暗いところではかなり濃紺、光が当たるとでもしっかり青みが見えてくるネイビー。

     

     

     全体でゆとりがあるのに、スタイリッシュに着られる不思議。

     

     石橋氏のパターンワークは、そのあたりがさらに上手くなっている気がする。

     

     

     フーディーがKUONから出る、と展示会で見たときははじめ、正直意外に感じた。

     

     おぉ、そういうアイテムも作るの?と。

     

     でも袖を通すと「あ、なるほど、これはKUONだわ」と強く納得した。

     

     

     アメリカンなスウェットとも違う。

     

     ヨーロピアンなスウェットとも違う。

     

     でもジャパンテイストなスウェットともやっぱり違う。

     

     こういうのがコレクション的なブランドの愉しいところだね、と感じさせてくれるスウェット。

     

     

     このスウェット生地は確かに気持ちいい。

     

     石橋氏が譲らなかったのはわかる。肌さわりもそうだけれど、なんだろう、やはりこの独特な弾力感。

     

     

     もちろん暖かさも大事ですしね。

     

     

     正面から見る顔は、やはり首回りの良さ。

     

     

     うまいこと立体的になるんですよね、良い。

     

     

     生地のたまり具合とかも、程よい。

     

     

     手刺し子があることで、このフードにも細かな凹凸が生まれるのがまた良いところと思う。

     

     

     着ると、もっといいんですけどね。

     

     

     個人的には下にやはりシャツを着込みたいけれど、もちろん長袖カットソーの上にふわり、というのも良い。

     

     

     寒い時期にポケットに手を突っ込んで、ぶらっとしたい。

     

     

     裏の起毛具合が、気持ち良いので、ぜひ。

     

     

     裾周りのこの独特なゆるさが、KUONらしいフォルムをうむ一つの要因。

     

     ここがぎゅっと締まってしまうと、全然違う。

     

     

     編み柄もシンプルで好き。

     

     

     ドロップショルダーはきっと好みが分かれると思う。

     

     でもこのフォルムは着るとかなり心地よい。

     

     

     袖も生地の弾力感が良くて気持ちいいのです。

     

     

     リブは短めなので折るとかはなくこのままが良いかな、と。

     

     

     ネイビーの後ろ姿、なんかすごく綺麗に撮れたと思うのですが。

     

     

     良い、フードの綺麗さがだいぶ伝わると思う。

     

     

     ふんわりふっくら、でも生地感しっかり。

     

     

     こういうフーディーのアプローチもありなんだね、と感じさせてくれる。

     

     

     上にジャケットを着ても良いし、カバーオール着ても良いし、ふわっとコートを着るのも良い。

     

     

     フードとフードが重なるとちょっとトゥーマッチに感じると思うので、上に着るアウターはフードないほうが良い気はする。

     

     

     手刺し子がボディと同じ色合いになるのがよかった。

     

     ここであまりにも手刺し子が目立ちすぎると、またそれも違うなぁと感じて。

     

     さりげなく陰影が出るから、良い。

     

     

     ブラックとネイビー、どちらも秋冬としては便利なカラーで、風合いも良い。

     

     悩ましいところですね。

     

     

     ネイビーも濃いめなので、以外と普通にジーンズとかでもアリという。

     

     ボトムスの合わせはどちらの色味も全く困らないと思います、はい。

     

     

     KUONさんからいただいている、スタイリングはシンプルに。

     

     やっぱりフードがポイントですよね。

     

     

     ドロップしたショルダーがむしろ心地よく見える。

     

     

     後ろから見たこの感じが、すごく良い。

     

     このフーディーの形の愉しさがしっかり出ているな、と。

     

     

     ネイビーでももちろんそれは同様に。

     

     

     素材の弾力感もどことなく伝わる。

     

     

     やっぱり良いアングルですね、これ。

     

     

     シンプルなのに、シンプルなだけじゃない。

     

     気持ちいいけれど、気持ちいいだけじゃない。

     

     デザインってやっぱり面白いね、と感じるフーディーです。

     

     ぜひ、袖を通してお愉しみくださいませね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM