<< Circus of Happinessの革小物、ちょっと在庫がまちまちになってきました。 | main | KUON(クオン)の手刺し子ステッチ・スウェットフーディーについて。 >>
2018.09.07 Friday

Circus of Happinessの新しい25mm幅ナローベルト、素晴らしい仕上がりです。(ドラーロブッテーロ・サドルプルアップ)

0

     

     2018年は日本にとって、とても厳しさを感じる年になっていると思います。現在進行形で。

     

     台風の影響にて、神戸方面の配送に少し遅れが生じています。また、地震の影響にて北海道全域への配送荷受が出来なくなっております。

     

     その間にもありがたいことにお声をいただいておりますが、通常よりもお届けに時間がかかってしまいまうこと、ご理解賜れましたら幸いです。

     

     厳しさを感じる年になっていても、元気でいられる地域ではできるだけ元気でいたいと思っている。日本によくありがちな、あらゆる面での「自粛ムード」のようなものはいらないと感じている。

     

     元気な地域は元気な地域としてやれることを目一杯やって、愉しめるところは愉しんでいて良いと思う。そうした動きからまた、被災地域の方にも何かできることがあったり、巡り巡って愉しみがまたなるべく早く伝わっていけば良いのだと思う。

     

     CIRCLEは小さいお店なので、大それたことは出来ない。だからこそそんな風に、やれることは全開で、暗くならずに動いていたいと頑張ります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

     

     さて本日は!!

     

     もうサンプルを仕立てていたのは、昨年秋のこと。長くかかりました、今回も。

     

     でも最高に素晴らしいものになりました。

     

     Circus of Happinessの新しい25mm幅ナローベルト。満足すぎる仕上がりです。

     

     

     

     

     

     昨年夏くらいから「こんな風に作りたいね」と職人と話はしていて、サンプルを製作していました。

     

     本当は今年の春、それこそCIRCLEの周年記念のころには完成させるつもりでいた、ベルトたち。

     

     なかなかこの作りを丁寧にやってくれる職人さんとの兼ね合いも合わないこともあったりして、ようやく秋前に仕上がり。

     

     でもね、待った甲斐もあろうってもんです。

     

     

     Circus of Happinessで一番初めに製作したベルトは、ブライドルレザーを表面に用い、裏面にはシンプルなイタリアンレザーを用いた、25mm幅のナローベルトでした。

     

     それはまだこんな風にCIRCLEが多くのお客様にご覧いただけるようになる前、まだまだ駆け出しのころ。

     

     とはいえ、たくさんのお客様がそのナローベルトの風合いを気に入ってくださり、ブライドルレザーがまだ良い価格で納得できるクオリティで愉しめる頃は製作できた。

     

     でも、ブライドルレザーがなかなか良い状況では無くなって、製作は終わりました。

     

     

     25mm幅という細さは、一般的なベルトの30mmや35mmと比べると、やはり細い。

     

     数字の上で見るよりも、実際に手にとって腰に巻くと、明らかに細い。

     

     しかしながら、その細さが絶妙なスタイリッシュな空気を生み出し、ぎゅっと絞って使う時も、あるいはゆったりつける時も独特な良い雰囲気を作ってくれる。

     

     なかなかありそうで、ない太さ。カジュアルにもビジネスにも対応できる、ナロー。

     

     

     店主はその25mm幅が大好きです。なので、ブライドルで作れなくなってからも、「いつか25mmをきちんとまた作りたい」と思い続けてきました。

     

     ようやく今年、その思いがしっかり形になりました。

     

     ブライドルレザーの時ともまたいろいろを変えて、より今また愉しく美しく感じられるベルトへ。

     

     時間はかかったけれども、素敵なベルトになりました。

     

     

     きっと、これだけいろいろな種類のベルトをオリジナルで作る個人店なんで言うのは、他にあんまり聞いたことがない。

     

     「ベルトってそんなに必要??」と聞かれたりもするけれど、そりゃただパンツを下がらないように止めるだけなら、一つあれば十分だと思います。

     

     でもベルトってそれだけじゃない愉しみがあって、革の愉しみもファッションの愉しみもちゃんと詰まっている。

     

     ふとした時に見えたベルトが、なんだかとりあえずのあり合わせ感あるベルトよりも、きちんとそのスタイルや雰囲気にあったベルトをしていると、「おぉ、なんだかかっこいいね」と正直思う。

     

     洋服同様、靴やスニーカー同様、カバン同様、アクセサリー同様。ベルトもそういう風に愉しんでもらえたら良いなと思うのです。

     

     今回のナローベルトも、そんな風にいろいろで愉しんでもらえる存在になったら嬉しい。

     

     

     Circus of Happiness 25mm幅ナローベルト グリーン ドラーロ・ブッテーロ ¥15,500+税

     

     今回製作したのは、全部で4種。それぞれをご覧いただきながらご案内。

     

     まずは、Circus of Happinessのお財布などの小物と同じく、イタリアはワルピエ社のドラーロとブッテーロを贅沢に用いたバージョン。

     

     やっぱりね、グリーンなんです、CIRCLEとしては。

     

     グリーンのベルトって珍しいよねとメッシュベルトの時も言われたけれど、そうなのです。他ブランドさんてあまりグリーンを作ってくれない。

     

     でもグリーンは便利で汎用性高く、味わいも出て素敵だし、実は良いベルトになる。

     

     

     ドラーロをベルトにすると、また独特な表情。

     

     使い込んでいくことでもちろん色合いは深く変化し、ツヤ感も柔らかく強く上がっていく。

     

     ナローであっても、その存在感はしっかり感じていただけるはず。

     

     

     ドラーロとブッテーロをここまで贅沢に使ってベルトは、そこまで多くないはず。

     

     きっと他にはない雰囲気を持つベルトになった、と感じています。

     

     

     バックルはもちろん25mm幅のもの。

     

     シンプルになめらかな形で、四角いけれど柔らかな丸みのあるフォルム。

     

     真鍮無垢のバックルのものに、つや消しのニッケルメッキを施しています。シックに、上品に。どんなシーンでも綺麗に使える。

     

     それでいて使い込んでバックルの表面がちょっとすれていくと、つや消しの部分がほんのり光沢出たりもして、地味にバックルの変化も愉しめる。

     

     

     真鍮無垢のままにしなかったのは、レザーとの雰囲気。

     

     ドラーロやもう一つのレザー、それぞれに対してニッケルの方がしっくり収まった。

     

     それでいて、スーツスタイルの時などにも使える上品さも出たように感じています。

     

     

     サル革がついて、もちろんここもドラーロ。

     

     

     バックルを止めている根革部分は、シュっと尖った形状に。

     

     またこの部分は手縫いのステッチで留めています。

     

     ブライドルレザーのかつての時には、ステッチを多めに入れていたのですが、今回のバージョンではもっとスッキリ上品に見せたかったので、ポイントでぎゅっと手縫いで絞る仕上げに。

     

     ステッチカラーは基本、本体の革色と揃えています。

     

     

     ドラーロの風合い。

     

     ピンとドラーロがハリ出る具合で縫製しているので、凹凸感はありつつもオーバーに見えない。

     

     適度なシボ感が感じられつつ、なめらかな質感。

     

     

     こうして曲げるとよりわかりやすいかもしれないけれど、表革と裏革の間にもう一枚革を挟み込んでいて、ぷっくりと肉盛りさせています。

     

     細いベルトになるとどうしても表情がのっぺりしがちなベルトって多いなと感じています。

     

     でもこうして肉盛りしてあげると、存在感がぐっと増し、革の風合いも圧倒的に良く感じられる。

     

     ボナーさんのベルトキーホルダーは革を挟まずに表裏の革の厚みでふっくらさせていてそれも素敵だけれど、こうした革を挟み込んだ肉盛りもやっぱりこれはこれで良いものです。

     

     

     ベルト穴は5穴。形はクラシックな空気がある涙型に。

     

     今回は穴のナンバーを振っていません。というのもドラーロの型押し上に刻印すると、ひとまず数字は見えるものの、どうしても薄くなる。

     

     その見え方があまり綺麗ではないから、それならシンプルに穴だけの方が良かった。

     

     穴の感覚は1インチ、約2.5cm感覚です。

     

     

     この穴から革の内側層を覗くと、間に革挟まってるな、と地味に見えます。

     

     まぁそれは、普段は見えない部分ですが。

     

     

     そして剣先はやはりシュっと尖らせて。

     

     やはりこの形が好き。巷には四角い剣先のベルトも多いけれど、なんだか野暮ったく感じる。

     

     もちろん四角いのがあえて似合うベルトもあると思うけれど、このナローベルトはやっぱり尖ってる方が。

     

     

     裏面のここに、サイズの数字を刻印してます。うっすら、見える感じ。

     

     今回はサイズ、ちょっと豊富になりました。

     

     30インチから2インチ刻みで、32・34・36・38インチまで。

     

     30インチがバックルピン先から5つの真ん中の穴までの長さで約76.5cmほど。32インチは同様に真ん中穴までで約81.5cmほど。

     

     34インチは同様で約86.5cm、36インチは約91.5cm、38インチは96.5cmほどとなっています。

     

     基本はお手持ちのベルトのピン先から、いつも通す穴までの長さを測っていただいて、それに違い長さで選んでいただければちょうど良い感じ。

     

     長く使い込んでいくと若干(1〜2cmくらい)は伸びることもありますが、そうなったらまた体へのフィット感はより良くなっていく感覚。

     

     

     で、裏面はこうして全面ブッテーロ。とっても贅沢仕上げになりました。

     

     もちろん裏面もエイジングしますからね、バンバン。

     

     

     夏場の汗が多い時期などで、濡れた状態の白いパンツ等に合わせると、初めのうちは色落ち少しすつることもあるかもしれないので、それだけはちょっとだけご注意ください。

     

     って、それはまぁどんなベルトでも基本革だったら全てに言えることなので、レザーベルトの一般的な感じの注意くらいで十分です。

     

     ベルトの裏真ん中には、ひっそりとCircus of Happinessのロータスロゴを空押し。

     

     

     使い込むのが楽しみになるベルトです、また。

     

     

     正直、サンプルよりもさらに空気感よく、良い雰囲気で出来上がった。

     

     ブライドルレザーのものもよかったけれど、いやはや今回の子達、負けず劣らずというよりもさらに良くできたような気さえする。

     

     またこうして25mmのナローを製作できてよかった。

     

     

     あ、コバ面は顔料等用いずに、磨きで仕上げています。

     

     使っていくとケバだったりすることはあると思いますが、その時は無色の革クリームを少しつけて、毛羽立ちを寝かす感じで磨いてもらうと、ピカピカに綺麗になります。

     

     もちろん、CIRCLE店頭でもメンテナンスは承りますので、そのあたりはご安心くださいね。

     

     

     Circus of Happiness 25mm幅ナローベルト ネイビーブルー ドラーロ・ブッテーロ ¥15,500+税

     

     続いてはもう一色ドラーロバージョンで、ネイビーブルー。

     

     やっぱり昨今のレザー色としては、ネイビー系は欠かせません。

     

     初めは青みの強いブルーっぽい色合いから始まり、そこから使い込んでいくとぐっと深いネイビーに育っていく。なので呼び名としてはネイビーブルー。

     

     これも雰囲気良いじゃないですか、爽やかさと良い存在感。

     

     それと、プライスは例のごとくやっぱりギリギリいろいろ計算して頑張れたかな、と思います。

     

     また今回のナローベルトは箱ではなくて、CIRCLEの巾着に入れてお渡しとなります。(ベルトを箱に入れるの、結構大きさ的にギリギリで、38インチとかになるとちょっともう入らなそうなので……)

     

     

     基本的な形状、作りはグリーンともちろん一緒。

     

     ネイビーブルーの色合いになるとまた空気は違って感じるけれど。

     

     

     良い風合いが出てるなぁと感じます。

     

     ラフに使い込んでも、傷や汚れをそこまで気にしなくてもドラーロは良いので、そこも素敵なところ。

     

     

     ネイビーブルーにもバックル、似合いますでしょ。

     

     

     手縫い部分はこちらも色を濃いめにほぼ合わせて。

     

     

     ドラーロの表情は、ナローの中でも良い塩梅。

     

     

     普通に丸穴よりも、ちょっと特別感あるような気がしている。

     

     

     シュっと、爽やかにスタイリッシュに。

     

     

     サイズの刻印は、使い込んでいくと薄く見えなくなっていくような感じがする。

     

     サイズ展開はもちろん30〜38インチで一緒です。

     

     

     裏面のブッテーロの色合いも良いじゃないですか、うん。

     

     

     他にはないネイビーブルーのベルトになりました。

     

     

     もちろんコバはこちらも磨き。綺麗に仕上げてくれてます、さすが。

     

     

     Circus of Happiness 25mm幅ナローベルト ブラック サドルプルアップ ¥17,000+税

     

     そしてもう一つの素材、お財布類では今年のスポットレザーとして用いた、サドルプルアップバージョンでも。

     

     これ、ベルトもスポットのつもりで作ったのだけれども、あまりに気に入っていて、またサドルのムラ感もこのナローな幅であればうまいことバランスも取れそうで。

     

     スポットにはせずに、作れる時には作るという感じでベルトに関しては考えていこう、と思っています。

     

     それにしてもね、ブラックのこの雰囲気、すごく良いと思うのです。

     

     

     ブラックはベルトて定番。でも定番だからなんでも一緒、ではない。

     

     革の風合いの良さが、バリバリ出てると思う。

     

     カジュアルはもちろんだけれど、もうすぐにでもスーツにもいける。

     

     

     もちろん使い込んでいくと光沢はサドルプルアップですから、ぐぐっと上がっていく。

     

     黒も、より黒く感じるように深くなる。

     

     良いじゃないですか、そういうベルト。

     

     Circus of Happinessのベルトはやっぱり始めがピークではない。

     

     使い込んでから、より良さがじわっと出てくるベルトたち。

     

     

     バックル等はドラーロバージョンと同様です。

     

     

     スムースなナローベルトもやはり雰囲気良くて。

     

     

     もちろん肉盛りをしっかり。

     

     サドルプルアップが肉盛りのおかげで表面パン!と張っていて、なんとも良い表情に。

     

     

     スムースでものっぺりしません。陰影ある表情で楽しめます。

     

     

     こちらは番号打てば目立つけれど、でも今回はドラーロバージョンと共に穴に番号はなし。

     

     スッキリと、上品な仕上げ。サドルプルアップにも似合ってる。

     

     

     ステッチはもちろんブラックで全て合わせて。

     

     

     艶が出てきたらまた、これすごい雰囲気出しそう。

     

     

     裏面にはサイズ表記。

     

     こちらもドラーロバージョン同様、30インチ〜38インチまで。

     

     

     なんせ、裏面まで全てサドルプルアップ。こっちも贅沢。

     

     

     ロゴは控えめに。

     

     

     ドラーロバージョンとはまた違う面持ちと趣のナローベルト。

     

     いや、どちらもそれぞれの革の良さがしっかり出たと思う。

     

     

     サドルプルアップバージョンも、コバはやっぱり顔料ではなく磨きです。

     

     

     Circus of Happiness 25mm幅ナローベルト チョコ サドルプルアップレザー ¥17,000+税

     

     サドルプルアップにてもう一色、やっぱりチョコ色も欲しいですよね、ベルトでは。

     

     靴やカバンと色を揃えたり、単純に茶系が合うスタイルも多いですから。

     

     これがまた良い色の感じで仕上がりました。渋さがあり、かつ軽やかさもあるチョコ。

     

     そういえば、価格はドラーロバージョンと比べると1,500円ほどどうしてもサドルプルアップバージョンの方がちょっと高くなるけれど、それはもう単純に革価格分の差という具合で。

     

     

     綺麗な表情してます。色ムラやトラなどはもちろん細かくあるけれど(それはブラックも同様)、ナローベルトだとそれが変に目立たない。

     

     中に一枚革を挟んで肉盛りしているから、良い具合にピンと革が張っているおかげでもあるかな、と。

     

     

     チョコ色も平たい状態のサドルプルアップのチョコよりも、少し明るい色に仕上がる。

     

     これもまた良い塩梅。

     

     

     このバックルにしてよかった。どの色とも相性ぴったり。

     

     

     チョコも使い込んでぐんぐん艶をあげて欲しい。

     

     

     パツンと張ったサドルプルアップの美しさよ。

     

     

     肉盛りが良い表情を生み出す。

     

     

     チョコのこのベルト穴周りの表情、素敵。

     

     

     もうずっと古くから続いているベルトのような。そんな雰囲気さえ覚える。

     

     

     とてもしっくりきた、今回のベルト製作。

     

     時間かかったけれど、かけてよかった。

     

     

     こちらももちろん、サイズは30インチ〜38インチで。

     

     

     裏面はフラットなのでちょっと濃いめのチョコ色。本来のサドルプルアップの濃さ。

     

     

     ロゴって別にいらないくらいなのだけれど、一応Circus of Happinessとして作ったものだよー、ということで。

     

     

     この渋艶。

     

     うーん、ブラックともまた違うシックさがありますね。

     

     

     あ、もちろんこちらもコバは磨いてます。

     

     

     と、こんな具合で完成しました、新しいナローベルト。

     

     正直、ごく控えめに言ってもすごく良いベルトになった、と感じています。

     

     ベルトはもういっぱいあるな、という方はアレですが、ぜひこの質感、お愉しみいただけたら幸いです。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

     

      

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM