<< Workers(ワーカーズ)のちょっと特別なヘリンボーンツイード・クルーザーベストについて。 | main | ル・ボナーさんの紐財布、素晴らしき彩とりどりにカラフルな世界です!! >>
2018.08.13 Monday

ル・ボナーさんのオブレ、心魅かれるラインナップで揃いました!!

0

     

     今日は午後のゲリラ雷雨がものすごくて、あまりに驚きました。台風なんかより、よっぽど強くて激しかった。

     

     でも変な言い方だけれども、こんな風な雷雨や夕立が増えてくると、やっぱり夏は折り返してきたのかな、と。

     

     来週くらいからは少し過ごしやすくなるかもしれない、とふと思った今日でした。

     

     さて本日はと言いますと。

     

     久々にアパレルでない入荷で、ルボナーさんより結構久しぶり!なショルダーバッグ、オブレが届きました。

     

     今回のカラーラインナップ、ちょっと面白いです。

     

     

     オブレはコンパクトでコロンとしたショルダーバッグ。

     

     見た目はさほど大きくないのだけれど、絶妙な膨らみとマチの大きさ、ポケットのサイズなどが相まって、小さく見えるのに実は容量しっかりのショルダーバッグで。

     

     男女問わず使えるデザインとサイズ感で、お出かけや街歩きにぴったり。

     

     旅行や出張の時に、ぶらっと持ち歩くバッグとしても素敵な感じ。

     

     

     前の仕上がりは去年の4月ころだったようだから、気がつけば一年ちょっと。

     

     夏場にも軽やかで持ちやすいですし、もちろん一年中活躍してくれるので、久々に色が揃ったのが嬉しい。

     

     

     今回のカラーラインナップが、妙に面白い。

     

     オブレで人気のカラーもいれば、久しぶりのカラーもいて、さらに珍しいカラーも作られた。

     

     なんかちょっと右側の照明が暗いので、こんど直さなきゃ。

     

     

     オブレでゴールド(キャメル)はお声いただくことが多い。やっぱり、万能で使いやすいからかな。

     

     隣のオレンジは、かなり久々。CIRCLEが前の店舗だったころに作られたことはあるけれど、それ以来だから数年ぶり。華やかで気持ちいい。

     

     上のジーンブルーはシュランケンカーフとしてもボナーさんのバッグとしても定番だけれど、でもオブレだと実は全然これまで作られてきていなかったように思う。少なくとも、CIRCLEがオープンしてからはジーンブルーでオブレは初のはず。

     

     

     オレンジの隣のティングレー、日本ではルボナーさんだけが別注して使っているカラー。(一部、ボナーさんと仲の良い作家さんもちょっとだけ使っているけれど)

     

     ティングレーのグレー感が好きです。なんというか、クールな感じがする。

     

     そしてジーンブルーの隣にあるのは、なんとブルー。ブルーというよくある色名前なのに、まさかのこれは定番色ではないシュランケンカーフ。

     

     数年前に在庫したブルーの革が、たまたま2枚だけ残っていたそうな。そこで今回のオブレを製作と相成った。これは個人的にすごく好きな色なのです、はい。

     

     

     ティングレーの隣には、これもまたボナーさん別注のカラーである、アントラジス。一気に人気の色の一つになった印象があるけれど、オブレにも似合う。

     

     そして右上にはネイビー。これは今回の製作色ではないけれど、前の製作在庫でCIRCLEが持っていたので並んでます。

     

     と、こんな具合で7色。あとでそれぞれの色もしっかりまた見ていただくとして。

     

     

     まずは、珍しいカラーであるブルーをサンプルに、オブレについてを今一度ご案内。(もちろん過去にも何度もご案内はしていますので、どうぞブログの過去ログもご参照くださいね)

     

     形はころんとした四角いフォルム。20cmちょっとくらいの感じで、わずかに縦長。

     

     ちょうど、コンフェッティの向きを縦にしたような、そんなサイズ感。

     

     

     コンパクトです。肩からかけると、腰あたりでポコンと落ち着いておさまってくれるくらい。

     

     重さもさほど重くなくて、気軽にさっと使える絶妙なショルダー。

     

     

     革はボナーさんでお馴染み、ドイツはペリンガー社のシュランケンカーフ。

     

     オブレは昔は違う皮革だったり、生地とのコンビだったこともあるけれど、紆余曲折があって今の仕様に。

     

     いつでも使いやすく、カラーバリエーションも豊かになって、楽しいバッグになったと思う。

     

     

     ちょっとだけフライングしてブルーの色合いを。

     

     ブルー、と言えどバキっと明るいというよりは、ちょっと濃いめのブルー。ダークブルー、という感覚かもしれない。あるいは、インクブルーというか。

     

     日本的にはむしろこっちをネイビーと呼んでもきっと問題ない感じもするのだけれど、でもやっぱり青みはしっかり強いからブルー。この色が定番でないことがむしろ驚くのだけれど、とっても素敵な色味。

     

     CIRCLE店主は「ブルー別注しないんですか」とそういえば去年の打ち合わせの時も話したりしていた。これは以前のデッドストックだけれど、いつかまたこういうブルー系も別注して欲しいものです。

     

     

     さぁさ、話は戻してオブレの構造へ。

     

     前面にフラップポケットがあるのが特徴的。そして地味にこのポケットが便利と使ってくださる方かたは言われる。

     

     

     シュランケンカーフの差し込み式。

     

     

     フラップを開けると、中はシルバーグレーのナイロン。

     

     ここが結構広いんですよね。

     

     

     ミニウォレットなんて余裕すぎるくらいにすっぽり入って、もっといろいろ入る。

     

     ここによく使う細々したものを入れると便利。

     

     

     そしてフラップの後ろとメインボディの間、この隙間部分も隠しポケットになっている。

     

     ここもね、使える子なんですよ、ほんと。

     

     

     スマホとかスポッと差し込んでいると取り出しもしやすくて良かったり、パスケースとかでも良い。

     

     薄く長すぎないものであれば綺麗に収まるので、街歩きの時に良いですね。

     

     

     横から見ると、こんな風になっている。

     

     全体的にマチがしっかりあるのがお判りいただけると思うのだけれど、このマチがしっかりあることが容量のポイント。

     

     コンフェッティと同様、見た目小さいのにしっかり入る。

     

     

     後ろはどシンプル。

     

     体に当たる部分でフィット感良いように、とポケットなどもなくフラットに。

     

     使い込んでいくと、より体に馴染んで良いフィットが生まれる。

     

     

     前ポケットはこんな風にマチがあるので、地味にいろいろ入って良いんですよね。

     

     

     底面はこんな具合でこちらもシンプル。

     

     でもマチや全体のふっくら感がよく感じられる。

     

     

     ショルダーストラップはここから伸びて。

     

     

     もちろん両面シュランケンカーフで贅沢仕様。

     

     幅も決して細くないので、肩もラクだと思います。

     

     

     ショルダーストラップの調整は5段階。5cmごとにできるので、お好みの長さで。

     

     

     このくちばしっぽいギボシ金具が、がっしり止まる。

     

     長さ調整をしたくて抜く時は、金具の尖ってない上の方から穴を外していくとやりやすいです。

     

     逆につける時は、尖っている先端からぐっといれていくと良い。

     

     

     そしてメインへ繋がる部分はファスナー開閉。

     

     もちろんYKKのエクセラでしっかり高品質。

     

     

     ジジジと開けると、結構下までファスナーが開くのが便利。

     

     

     どーんと中はシルバーグレーのナイロンで広い部屋。

     

     

     で、体方面の中にはファスナーポケットも一つ。小分けに使ってください。

     

     

     長財布だってもちろんすっぽり入ります。マチがあるので余裕たっぷり。

     

     

     ポーチピッコロをいれても、余裕ある。かなりしっかり容量です。

     

     

     と、こんな具合のショルダーバッグのオブレ。

     

     年代、性別問わず気軽に使いやすく、便利に持ち歩けるショルダーと思います。

     

     

     ル・ボナー オブレ ゴールド ¥50,000+税

     

     それでは、各色をご案内です。まずは、オブレでとっても人気のあるイメージなゴールド。

     

     フォルムと革色の具合がとてもしっくりくる。

     

     

     もちろん万能な色味なので、いろいろなカラーの服装に合わせやすい。

     

     

     明るすぎず暗すぎず、絶妙なキャメル具合。ゴールドという呼び名がよく似合う。

     

     

     ステッチはほんのり明るくて、それも表情がのっぺりしなくて素敵。

     

     

     今回もまた、ゴールドはきっと人気なのかな、と。

     

     

     ル・ボナー オブレ オレンジ ¥50,000+税

     

     続いてはオブレで久々!な作りとなる、オレンジ。

     

     シュランケンカーフのオレンジはやっぱり綺麗で、コロンとしたこういう形にも映える。

     

     

     さっと持って外にでかけたくなる、元気が出る空気。

     

     

     オブレくらいの大きさだと、また差し色としても使いやすい。

     

     

     シュランケンカーフらしい明るい色、ですね。

     

     

     ゴールドともまた異なる明るさの素敵な子。

     

     

     ル・ボナー オブレ ティングレー ¥50,000+税

     

     続いてはボナーさんの別注色、ティングレー。

     

     トープからベージュっぽさを抜いたような、優しく淡く、でもクールな感じもする素敵なグレー。

     

     

     オブレもどこかシュっとした印象に見えます、ティングレーだと。

     

     

     トープともまた違う、独特な良さがティングレーには感じられる。

     

     

     シュランケンカーフの色出しは本当に面白い。微妙な差だけれど、比べると確かに印象が違う。

     

     

     ティングレーも革があるうち、の色味になってくるのでオブレで作られるのはしばらくないかもしれませんね。

     

     

     ル・ボナー オブレ アントラジス ¥50,000+税

     

     続いても、同じグレー系のボナーさんの別注色。アントラジス。

     

     ティングレーをぐっと濃くした感じのグレーで、いわばアスファルト色というかチャコールグレーと言うか。

     

     このカラーは男性も女性にもまた、とても人気の色味になった。

     

     

     ブラックでもブラウンでもなく、また異なる濃いめの色味ということで、使いやすさもあるのかもしれない。

     

     

     CIRCLE店主はとてもグレー好きなので、ティングレーもアントラジスも嬉しいわけです。

     

     

     オブレにアントラジスもまた、便利に使っていただけそうな気配。

     

     

     男性っぽい色合いでもあるけれど、これをキリっと女性が持っていても素敵。

     

     

     ル・ボナー オブレ ジーンブルー ¥50,000+税

     

     続いてはオブレでは実はなかなか作ってくれていなかった、でもシュランケンカーフでは外せません!の明るいブルーのジーンブルー。

     

     いやそりゃ、オブレになっても綺麗ですよ、この色は。

     

     

     爽やかで軽やかで、でも派手すぎなくて。

     

     

     ジーンブルーは男性もしっかり使える明るいブルー。

     

     

     特にこの暑い夏を感じていると、ジーンブルーの爽やかさが妙に嬉しい。

     

     

     と言いつつも、このブルーは一年中使っていただいて綺麗なので、楽しい色です。

     

     

     ル・ボナー オブレ ブルー ¥50,000+税

     

     そしてサンプルでもご覧頂いた、レアカラーのブルー。

     

     今は定番色としては作られていなくて、このブルー革も数年前にボナーさんが手にした何枚かのうちの、残り2枚だったそうな。

     

     何を作ろうと思案して、今回はオブレに。とても良い風合い出てます、はい。

     

     

     このブルーの感じがとても好き。濃いめだけれど重くなくて、それでいてしっかり青い。

     

     

     定番色になればいいのに、とずっとずっと思っている。でもならない。

     

     だからこそ、こうして使われる時は注目したくなる色。

     

     

     良い青です。ブルー、ダークブルー、インクブルー、なんだか言い方はいろいろできそうだけれど、まぁ呼び名はブルー。

     

     

     ぜひこの機会に、珍しいカラーも楽しんでみてくださいね。

     

     

     ル・ボナー オブレ ネイビー ¥50,000+税

     

     そしてラストはネイビー。

     

     これだけは今回ロットではなく、前ロットの在庫です。

     

     ネイビーのこの引き締まった色味感も、やっぱり良い。

     

     

     でもカジュアルで軽やかさもある。

     

     

     青系がジーンブル、ブルー、ネイビーと並ぶことなんてそうないから、面白い。

     

     

     ステッチのブルーが綺麗に映えますよね。

     

     

     どの色か好みか、スタイルによって様々とは思いますが、今回のバリエーションはなんだか心魅かれる感じがする。店主的に。

     

     

     ぜひ、お楽しみくださいませね。店頭にズラっと並んでます!!

     

     

     と、ごめんなさい、これはついでに。

     

     軽くて柔らかなペーパームーン。グリーンが一つだけ店頭にこっそりといます。ボナーさんの店頭にあったものを、CIRCLEでいただいてしまいました。

     

     これはひとまず店頭でのみのご用意となりますので、もし気になる方はまたご覧くださいね。

     

     

     

     CIRCLE 

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM