<< マレンマ・ブッテーロのスイッチバックルベルト、やっぱり気持ち良いベルトです。 | main | Workers(ワーカーズ)のFCニットカーディガン、素敵な出来上がりです!! >>
2018.08.10 Friday

Workers(ワーカーズ)のベイカーパンツ・スリムタイプについて。

0

     

     明日は夜に神宮外苑の花火大会があります。夜の時間帯は交通規制などもかかってちょっと面倒ですが、ぜひ皆様お近くの方はご覧にいたしてくださいね、なんだかんだやっぱり夏の花火は良いもんです。

     

     CIRCLEはと言えば、今年は早閉まいは特にせずに基本的には20時までの営業、という具合で皆様をお待ちしています。

     

     花火大会前でも最中でも、店内は涼しくしてますのでどうぞ遊びにいらしてくださいね。

     

     さて本日は!

     

     Workersさんの18AWは、パンツが本当に豊作。これまでとちょっと違うニュアンスもあれば、これはやっぱり必要でしょ、のオーソドックスもしっかり作ってくれました。

     

     ベイカーパンツ、スリムタイプのオリーブドラブ。これはどうにも、便利なコットンパンツなわけです。

     

     

     ベイカーパンツと言えば、Workersさんのパンツ類でも定番の形の一つ。いわゆるミリタリーやワークの香りがしっかり漂いつつも、綺麗目に履きこなせる子。

     

     2〜3シーズンくらい前からは、太いタイプだけではなくてスリムタイプも製作してくれるようになり、CIRCLEとしてはそのスリムタイプのベイカーがとても良いと感じています。

     

     スリムと言っても細すぎず、適度にほっそりのストレート的な形。スッキリと見えてそれでいてミリタリーやワークのテイストがほどよく感じられて、なんとも良いバランス。

     

     

     Workers ベイカーパンツ スリムタイプ オリーブドラブ ¥15,000+税

     

     18AWシーズンで入荷してもらったのは、もうベイカーパンツのど真ん中、オリーブドラブで。

     

     改めてこの定番的なカラーのスリムタイプが、やっぱり使いやすくて便利だなと感じて。

     

     トップスは色かぶりさえしなければ、もうなんでも似合う。

     

     ジャケットでもブルゾンでもニットでも、コートでももちろんシャツにベストでも。

     

     色も濃すぎず薄すぎずの塩梅が、非常にお役立ち。

     

     

     カーゴパンツ的な軍パンよりも、もっと大人な空気でカジュアル感出しつつ愉しめる。

     

     スリムな形は合わせるトップスの空気によっては、綺麗目なコットンパンツとしても活躍できるはず。

     

     

     無論、バリバリに履き込んで、クッタクタにするのも格好いい。

     

     今シーズンのどのトラウザーともまた違う雰囲気があって、今年はバリエーションに富んでいてとても愉しいパンツ類たち。

     

     

     これまでのシーズンよりも、ほんの少しだけ厚手かなという具合の10オンス。

     

     でもいわゆるチノパンとかと近い重さで、一年中使いやすいくらいの厚みで、かつしなやか。

     

     

     バックサテンのオリーブドラブ。

     

     横糸が少し太めで、がっちりと打ち込み強い感じ。

     

     なのでどことなく横向きの線っぽいような、かすれたような表情があって、のっぺりしない。

     

     

     このコットンの組成は、ヴィンテージのベイカーパンツを再現するようにして、履き込んだあとにさらに風合いがドンと増していくように仕上げられている。

     

     そういう素材部分もしっかりこだわりつつ、でも今に履きやすいスタイルに仕上げてくれるのが、Workersさんの良いところ。

     

     

     正面から見た顔は、良い具合にパッカリングや凹凸が生まれている。履き込めばこれがさらに良い表情に。

     

     ワンウォッシュ済みですので、あとから急激に縮むことはありません。

     

     

     トップのボタンはボディに合わせてオリーブの尿素ボタン。

     

     尿素ボタンって普通のプラスチックボタンより、やっぱり好き。なんだか柔らかい雰囲気がある。

     

     

     ベルトループも細めにスッキリ、シュッと。

     

     

     ポケットはもちろん広く大きく、がっちり実用的。

     

     

     この形のパッチポケットが、ベイカーの表情の大切な部分。

     

     大きさはほどよく、アクセントになるけれどうるさくないくらいのバランスがうまい。

     

     

     もちろん、ポケットは左右に。

     

     

     前の開閉は下までボタンです。

     

     慣れるとすっと開閉は楽にできます。ボタンホール側も掛け違えが起こらない具合にしていたりとか、Workersさんらしくしっかりした仕上げ。

     

     

     もも周り、ワタリなどスリムタイプと言えどもぎゅっと細すぎる感じではりません。

     

     いわゆる通常のベイカーパンツがドンと太めなシルエットなのに対し、こちらはスッキリシュっとした感じになるくらい。

     

     

     裾に行くまではわずかにテーパードはするけれど、そこまできつすぎずに綺麗なスリムストレートという感覚に近い。

     

     太いベイカーよりも、スタイリングを複雑に考えなくてもすっとオリーブのコットンパンツとして使いやすいフォルムと思う。

     

     

     で、もちろん履き込んでいくとアタリが出てきたり、より奥行き感ある表情になるのが愉しいわけで。

     

     

     裾の長さはサイズで共通なので、そのままでもロールアップして履いても良い。

     

     別途裾上げをしてもらってももちろん良いので、そのあたりはお好みのスタイルで。

     

     店主個人としては、ロールアップが結構好き。(ふた巻きしたい)

     

     

     後ろ姿も適度なワーク感。

     

     

     このオリーブドラブはやはり万能。

     

     秋冬はもちろんだけれども、春にもまた使いやすいと思います。

     

     

     コットンパンツって、少しずつ年々消耗していく。

     

     味わいが深まりつつも、どうしても数年すると履けなくもなる。

     

     こういうベーシックでかつ綺麗なパンツを、定期的に出してくれるからWorkersさんはありがたい。

     

     

     ベイカーパンツは今期、もっと薄いオリーブと、ちょっと生地のニュアンスも違うセージグリーンなども作られているけれど、なんだか今シーズンはこのど真ん中のオリーブドラブが気分。

     

     

     今シーズンのWorkersさんにも、KUONさんにも非常に似合うと思った。

     

     さらに言えば、もちろん他のブランドさんの秋冬にもこのオリーブはどうにも今シーズン良いよね、という。

     

     もちろん、一年中いつでも便利だし、飽きのこないカラーでもある。

     

     

     腰後ろのベルトループをちょっとずらす感じ。

     

     これ、昔のジーンズとかにもセットをずらすのはよくあって、たまにヴィンテージのパンツ類だと議論になるけれど。(リーバイスだと50年代とかにオフセットだった)

     

     ジーンズ云々の話でよく言われるのは、当時のミシンだと真ん中の生地の重なりとさらにループをかさねるとミシンの性能上縫えなかったり効率が悪かったりした、なんて。

     

     でもそれって、大江洋服店さんと話す時に出たりもするのだけれど、「そんなことないよねぇ」という。確かに生地はすごく重なるし、かなる分厚くなるけれど、当時のミシンだって様々な用途向けのミシンが分かれていて(そういう意味合いでは、今よりも部分部分に特化したミシンばかりで)、分厚いのを縫えるものも全然あった。

     それなのに効率悪くて縫えないから、はやっぱり変だよねー、と。

     

     話していて出てくるもっと腑に落ちる理由は、「分厚く重なりすぎると、座った時に痛い時があるから」だった。

     

     まぁ実際ほんとのところはどうだったのかはハッキリ明言できないかもしれないけれど、そういう理由の方が「ですよねぇ」と感じる。

     

     余談でしたね、すみません。

     

     

     腰横に、サイズ調整用のボタンとタブがついているので、ベルトをしなくてもある程度フィット感を変えて履けます。

     

     一応、サイズ表記は大きくした状態での計測。

     

     なのでそれよりも片側2cmくらいは縮められるので……

     

     

     両方小さくすれば4cmくらいの調整はベルトなしでも出来る。

     

     上に着るものとのバランスでウエスト位置を変えて履いたりするにも良いですね。

     

     

     後ろはボタンフラップでしっかり実用のポケット。

     

     

     左右どちらももちろん。

     

     

     ヒップもゆるすぎず、でもきつすぎて動きづらいとかはない程度に。

     

     

     ワークやミリタリーという括りだけよりも、オリーブドラブの良い感じのコットンパンツ、としてぜひお愉しみください。

     

     

     スリムタイプができてくれて、CIRCLE店主としてはとても良かった。

     

     サイズはXS・S・Mで入荷してます。感覚としてはXSで30インチ相当、Sで32インチ相当、Mで34インチ相当と思っていただければ良いと思います。

     

     

     Workersさんの今シーズンのパンツはまた粒ぞろい。

     

     まだ夏だけれど、早々にお声もそれぞれいただけていて、動きは早め。

     

     ベイカーパンツもぜひまた、お楽しみくださいませね。

     

     ちなみに、ちょっと前のシーズンの同じくスリプタイプのベイカーで、ツートーン仕様になったタイプもMサイズが1本だけ在庫してます。(サイズ感は今回のとほぼ一緒)

     

     ちょっとデザイン効いたベイカーも素敵なので、そちらもサイズが合うお客様はどうぞお楽しみくださいませね。

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM