<< CIRCLE2018年のゴールデンウィークとちょっと早いけれど5月の予定について。 | main | Workers(ワーカーズ)の素敵な名作、3PLYのクルー・VネックTシャツについて。 >>
2018.04.23 Monday

Workers(ワーカーズ)のちょっと雰囲気良すぎるプリントTシャツたちについて。

0

     

     今週は久しぶりに雨に降られるようですが、ゴールデンウィークは晴れて欲しいよね、と思うCIRCLE店主。

     

     せっかくのおやすみは、やっぱり晴れて外で楽しみたくなりますものね。

     

     ちょっとだけ入荷のご案内を一つ。ルボナーさんのパパスショルダーですが、アントラジスとネイビーも再入荷しました。

     

     いずれももう在庫は僅少となりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

     

     さて本日は!!

     

     まだ夏には早いよ?と思いつつ、このTシャツは個人的にちょっと好きすぎるのでご案内を。

     

     WorkersさんからのプリントT、これはちょっとね、良い塩梅です。

     

     

     CIRCLEではあまりプリントTシャツを扱いません。

     

     これまでも前にWorkersさんが作ってくれたWheelingTシャツほどしか扱っていなくて、基本は無地TやポケットTシャツ。

     

     プリントTシャツが嫌いとかそういうことではなくて、プリントの内容だったり、あるいはTシャツのボディに対するプリントの方法や表現だったり、そういうのが「これは素敵だよー」と思う時だけ入荷している、というただのワガママみたいなものなのですが。

     

     今シーズン、Workersさんが作ってくれたこのTシャツはもう、その塩梅が絶妙。

     

     展示会で「この色にはこのプリントですよね!」とテンションやや上がってしまったくらいに、プリント好みは分かれるやもしれませんが、とにもかくにも良い感じです。

     

     

     プリントは2種類。それぞれで「これはもう、取るしかない」となった1色ずつが入荷です。

     

     さっと着て春には軽くシャツを羽織る感じでも良い。

     

     夏にはもうもちろん一枚でズドンと愉しんでもらいたい。

     

     

     ボディの風合いと色、そしてプリントのバランスが非常に良い。

     

     古着っぽくもあり、でもいま着たいと思わせてくれる空気でもある。

     

     こういう感じのWorkersさんのアイテムはかなり個人的に好き。

     

     

     猫好きによる、猫好きのための、猫好きに送る猫Tシャツと。

     

     

     ニューヨークに想いを馳せる、プリントTシャツって良いよねと感じさせてくれる地下鉄Tシャツ。

     

     

     Workers NYAN 半袖Tシャツ ネイビー ¥6,500+税

     

     まずはこちらのネイビーからご覧いただきましょう。

     

     しっかり濃いめ、でも青みははっきりわかるネイビーのボディに、どーんと大きく文字のグラフィック。

     

     ネイビーにホワイトのラバープリント、良い古着的ニュアンス。

     

     

     Workersさんらしさはしっかりあるボディ作りでもあり、だからこそ良い。

     

     ヨレヨレの古着を着るわけではなく、しっかりしたTシャツで風合いを出していける。

     

     

     素材は5.8オンスほどの天竺。ポケットTシャツに使われる生地と同様の具合。

     

     糸にあえてラフィーという落ち綿的な短繊維を混ぜて、昔のコットンTのようにわずかに毛羽立ったような独特の柔らかさやコシを再現したボディ。

     

     どことなくしっとり感もあって、単純にこれは柔らかくて着心地良い。

     

     着込んで行くとまた、少しずつ少しずつ掠れた風合いも出てきて育っていく感覚。

     

     

     Tシャツで大切なのは首。とCIRCLE店主は常に思っています。

     

     大人が着るTシャツとしては、やっぱり首はダラダラせずに、伸びにくく、長く綺麗に楽しめる首が良い。

     

     そうなると首の処理はやっぱりバインダータイプであって欲しいなぁと感じます。伸びたとしても、だらしなくならないし、通常のリブのタイプに比べてやっぱり伸びにくい。(多くの実体験にて)

     

     Workersさんは細めのバインダーネックにしていて、スッキリと気軽に着られる印象も良い。

     

     

     そして首部分もなるべくゴロつかないように、と工夫されているのも嬉しい。

     

     

     ネームタグはもはやWorkersさんでもおなじみになってきた、ランキャットタグ。

     

     もう今や古着のランナータグ(ランタグ)と言われてもなかなか綺麗なものは手に入らないけれど。

     

     ウィットに富んだこういう遊びは好きです。

     

     

     そしてそんな着心地良いボディにどーん!とプリント。

     

     でっかいNに、真ん中には「NYAN」。

     

     読んでそのまま、ニャン、ですね。

     

     

     一見、アメリカっぽい文字のロゴに思えて、ニャン。

     

     どれだけ猫好きなんだって話でもありますが、それくらいの力の抜け方もプリントTシャツとしては面白く、着やすい。

     

     猫好きの方はきっと楽しいのではなかろうか、と。

     

     

     で、そのプリント内容の面白さだけではなくて、大切なのはそのプリントそのもの。

     

     ネイビーのボディに、ホワイトのラバー。

     

     そして古着感ある感じにちょっとひび割れている具合も再現。

     

     これがなんとも絶妙に良い。

     

     

     正直、これがホワイトのラバープリントでばっちりヒビもないとか、あるいは染み込み系のプリントでただ柔らかいプリントだったら、なんか違う。

     

     やっぱりこのネイビーボディに対するプリントはこれが素敵じゃない?と思うところを、Workersさんがど真ん中でついてくれた。

     

     

     もちろん好みはあると思うのですけれど、着込んでいってこのプリントがまた変化していくのも良いわけです。

     

     ボディの色も少しずつ掠れていって、プリントもさらにヒビ割れたりしていって、その感じ。

     

     

     良いです。久々にプリントTで、良い塩梅と感じた。

     

     

     ちなみにTシャツの形としてはシンプルに、ストンとまっすぐに綺麗に落ちる感じ。

     

     極端なシェイプなどはしていません。

     

     

     裾などの処理もシンプルに。

     

     

     アームホールも狭すぎず、適度。

     

     

     袖の長さも短すぎることなく、大人が着やすい感じの長さに。

     

     

     袖処理もシンプルに。

     

     

     後ろ姿はもちろんプリントなしなので、どーんとネイビー。

     

     

     でも首はバインドだからちょっとアクセント。

     

     

     複雑なことなく、シンプルに愉しんで欲しい。

     

     

     サイズはSmall・Medium・Largeと3サイズです。

     

     基本的にはアウターとしてのTシャツで普段Sの方はSmallで……という感じでほどよいと思います。

     

     

     Workers Subway 半袖Tシャツ オートミール ¥6,500+税

     

     つづいてのもう一つは、まだ雰囲気はガラリと変わる。

     

     オートミールのボディに、ブラックとレッドでニューヨークの地下鉄看板をプリント。

     

     古い地下鉄の手書き時代のものをベースに、それを再現したプリント。

     

     

     これも、ボディのこのオートミールの雰囲気に、プリントの塩梅がもうちょうど良いんです、びっくりするくらい。

     

     オートミールのTシャツ自体が素敵というのもあるけれど。

     

     がっしがしに着込んで、クタクタにしたい雰囲気。

     

     

     素材は基本的にはネイビーと同様。

     

     ただしネイビーは反物として編んでから反応染めしているのに対して、オートミールは糸そのものの色合いをそのまま使った生成り感。

     

     なのでものすごく細かい感じで言えば、ごくごくわずかにオートミールの方が柔らかい感触になります。

     

     

     首元はもちろん細めのバインダー。この安心感。

     

     

     つなぎ目は肩のところではなく、後ろへ。

     

     

     ランキャットタグはオートミールにまた合う。

     

     こちらもサイズとしてはSmall・Medium・Largeで揃えました。

     

     

     そして何よりこのプリント。

     

     元ネタはニューヨークの鉄道博物館的なところで得てきた、古い地下鉄の看板の空気。

     

     それをしっかりボディに落とし込んでます。

     

     

     ダウンタウン・ブルックリン方向、アップタウン・クイーンズ方向。

     

     今でも確かにニューヨークの地下鉄の多くは、こうしてざっくりと上むき下向きというか、表現は変わっていない。

     

     ニューヨークを訪れた時のことを思い出しながら、やっぱりかっこいいね、と改めて。

     

     

     昔の看板は手書きだったので、その掠れた感じとかも活かしてプリントに。

     

     

     プリントはハーフラバー的なニュアンスで、この掠れ方がまたオートミールに似合っている。

     

     

     海外の地下鉄系ネタのTシャツはかっこいいものが多いけれど、Workersさんのこれもすこぶる良い。

     

     

     思えば、ブラックと赤で重ねてプリントしているから、そういう意味でも手間はかかっている。

     

     

     まぁ細かいことはともかく、このTシャツ全体の雰囲気がやっぱり良いね、とそういう。

     

     

     ピシっと着るよりもラフにカジュアルに。

     

     

     作りはきっちりしているので安心して着込んでください。

     

     

     ネイビーのNYAN Tシャツもそうですが、こちらも共にノンウォッシュでのお送りとなります。

     

     洗うと少し縮みが出ます。

     

     オンラインショップで記載しているセンチは、Workersさんがワンウォッッシュして計測したものを記載させてもらっています。

     

     どうしてもTシャツは誤差は若干出てきますが、初めの段階からは洗うと少し縮むよ、と思っておいていただければ。

     

     

     着込んで行くと、オートミールの色合いも変化していく。

     

     

     クッタクタになって、着すぎて生地が薄くなってきたくらいまで着ると、それはそれで気持ちいい。

     

     

     後ろはもちろんシンプルです。

     

     

     でも首元がやっぱり綺麗で嬉しい。

     

     

     良い具合のオートーミールの色合い。

     

     

     ざっくりふんわり着て楽しんでくださいね。

     

     

     Workersさんのスタイリング。

     

     Tシャツなのでボトムスは色だけ様々変えながら、なんでもラフに楽しんでもらえたら、と。

     

     

     ドシンプルに、Tシャツ・ジーンズ・スニーカー。それで十分だったりもしますし、もちろんちょっと重ねて着たり、ドレッシーに合わせたって面白い。

     

     Tシャツはいろいろな意味で自由なアイテムだと思うので、たくさんのスタイルで着て楽しんでもらいたいなと感じます。

     

     

     プリントTシャツは夏はこの2種類だけです、CIRCLEとしては。

     

     あとは無地Tシャツがこの後にまた少しだけあります。

     

     

     ボディとプリントの絶妙なバランス。

     

     ぜひ、お愉しみくださいませね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM