<< Circus of Happinessのセミロング・ギャルソンウォレット、サドルプルアップバージョンについて。 | main | Circus of HappinessのロングL字ウォレット、サドルプルアップバージョンについて。 >>
2018.04.03 Tuesday

Circus of HappinessのミニL字ウォレット、サドルプルアップバージョンについて。

0

     

     昼間のど真ん中だと、初夏っぽい気温にまでなってきているこの頃。でも夜は以外とちゃんと春っぽい感じもする。

     

     少しずつ季節は進んでいきますね。4月は暖かで、外に出たくなるころ。何をするでもなく、ただぶらりとお散歩なんてのも幸せだったりします。

     

     このCIRCLEのブログもこれでどうやら998件目の記事なようで。もうすぐ1000件。別に数が多ければ良いというわけでないけれど、しっかりとボリュームを持った上で1000件も書き続けてこられたのは単純に嬉しく思います。

     

     たぶん、CIRCLEのブログはこれからも変わらずいつも通りです。画像も多いでしょうし、文章も長い。「読みづらいなぁ」とご迷惑をおかけすることも多かろうと思いますが、「まぁ、それがここのやり方なのだものね」と愉しんでいただけたら幸いです。

     

     さて本日は、昨日に引き続きまして、Circus of Happinessのスポットアイテムご案内!

     

     ギャルソンウォレットに続きますは、ミニL字ウォレット。やっぱりこの形は、良いと思います、手前味噌ですけれど。

     

     

     Circus of Happinessの革小物の中でも、ミニL字ウォレットは男女問わず年代問わず、とっても多くの方にお使いいただいて、愉しんでいただけているなぁと感じます。

     

     初めに考えて作った時は、ミニ財布のわりに作るの大変だし、コストはやたら高くなるし、それまではマチつきのミニL字なんて無かったし……と色々と四苦八苦したものですが。

     

     でも今となっては、やっぱりこの形は考えて作ってよかったと感じて、小さなブランドながらちゃんと「他とはまた違うんです」という何かを生み出せたと思っています。

     

     とにもかくにも、ミニL字は単純に使いやすくて、とっても便利です。そんなミニL字もスポットアイテムとしてサドルプルアップバージョンを製作。

     

     

     ベルギーはマシュア社のサドルプルアップレザーは、使い込む愉しみがかなり多い。

     

     初めの質感からは想像つかないくらいに光沢は増し、ぐっと力強くなる。

     

     

     定番としてのドラーロ・ブッテーロバージョンともまた違う面白さが、そこにはあって。

     

     お好みはそれぞれ分かれようと思いますが、いずれもミニL字の使いやすさは変わらず良い。

     

     

     ポケットにすっぽり入り、手に収まるミニウォレット。

     

     でもお札もしっかり入るし、カードもちゃんと入るし、小銭だって。

     

     使い方はそれぞれだけれど、ぐぐっと機能的に充実したミニウォレットに仕上がっています。

     

     

     昨日ご案内したギャルソンウォレット同様、色展開はやはりブラック・チョコ・キャメルの3色です。

     

     それぞれの味わい、風合いがやっぱりあります。

     

     

     ギャルソンウォレットはチョコで詳細見て行ったので、ミニL字はキャメルで見ていきましょう。

     

     全体的な形、作り、構造や機能に関しては定番のドラーロ・ブッテーロバージョンと同様なので、そちらの詳細もご覧いただけたら幸いです。

     

     大きさは本当にコンパクトでいわゆる手のひらサイズ。

     

     

     シンプルなL字。

     

     表側はフラットになっていて、革のエイジングをがっつり愉しんでいただければ。

     

     

     サドルプルアップレザーは、とっても表面滑らか。

     

     これが使い込むとさらに滑らかさが増し、強く輝くようになる。

     

     キャメルはもちろん色濃く育っていきます。

     

     

     ミニL字はマチ部分を含めた製作が、実は結構難儀。

     

     大きいとそうでもない部分が、コンパクトにしてさらに革をしっかり厚みももたせてとすると、職人さんも毎度苦労しながら頑張ってくれている。

     

     サドルは表面つるっとしているので、どうしてもミシンの走った跡は少し残ります。これはどうしても仕方ない部分。

     

     

     下の方はぐっと曲がっているのでちょっとプルアップしている感ある。

     

     

     手に持った時の雰囲気はこんな感じで、なんともちょうど良いサイズ感。

     

     洋服のポケットのどこにも入れやすく、もちろんバッグのポケット等でもすっぽり収まりやすい。

     

     どうしてもミニL字となると正方形っぽく大きくしていたり、妙に長かったり、確かに普通の財布よりは小さいっぽく感じつつも、実はさほど小さくないよね、というのが多い。

     

     でもこのミニL字はしっかりコンパクトだと思う。

     

     

     裏側はこんな具合で途中に切り返し。

     

     

     このポケットはドラーロ・ブッテーロバージョンになってからバージョンアップした部分。

     

     やっぱり外側にもポケット一つあると便利だよね、と。

     

     これも構造上やりにくくて、職人さんには「いや、それやりにくいんだよね……」と言われつつも、押し切った具合。

     

     

     余裕を持って、suicaやpasmoをはじめ、カード全般が入ります。

     

     入れておけばそのままもちろんピっと通せるので、IC系カードを入れるのが便利です。(毎日の実体験)

     

     

     マチ部分の外側はこんな具合で。

     

     コバ面は顔料は使わずに、磨きで仕上げてます。

     

     

     そしてファスナーはもちろんYKKのエクセラ、アンティークシルバーです。

     

     やっぱり長く使った時のファスナーの安定感はエクセラがすごい。

     

     

     ジジジとファスナー開けますと、どーんとこんな風に開く。

     

     内装面も全てサドルプルアップ。見えないところや側面とかまで全部。

     

     内装は正直かなり革の面積使うので、もっと簡素にしたり革を部分的に変えたりすればコストは下がるのだけれど、そこはやっぱり譲れない部分。

     

     

     一番端っこはまず深めのポケット。カード収納にもちろん。

     

     一応マルチポケットという感覚なので小さめのメモとか、絆創膏とか入れるにも良い。

     

     

     その内側にはカードポケットが2段。スムースな出し入れが可能なサイズです。

     

     

     そしてマチ部分がいわゆるメインの札入れやカード入れ部分。

     

     万札でも二つ折りにすればきちんと綺麗に収まります。

     

     カードをまとめて入れる感じで使うのにも良い。

     

     

     真ん中のこの部分が小銭スペース。しっかりファスナー締めれば小銭はこぼれません。

     

     この中の部分までがっつりサドルプルアップ。

     

     

     そして反対側へ進んで、こちらも札入れやカード入れとして。

     

     

     そしてやっぱりカード棚が2段ありまして。

     

     

     奥にマルチポケットが一つ、と。

     

     ミニウォレットとしてはすごく充実した区分けだと思います。

     

     カードをたくさん入れる方もいれば、お札や小銭中心の方も入れば、色々バランスよくという方もいらっしゃる。

     

     必要に応じてポケットやスペースを使い分けていただいて、柔軟に対応出来るお財布です。

     

     

     使い込んでいくとより革が馴染んでいって、収納力はさらに高まる。

     

     全体を見る時も取り出す時も、しっかりマチが開いてくれるので便利。

     

     

     Circus of Happinessのロゴは内側にちょこっとだけ。

     

     

     マチの部分ももちろんサドルプルアップ。

     

     ここの大きさをしっかり取っているから使いやすい。でもこの構造は小さいとかなり縫いづらい。うまいこと頑張ってくれているなぁと毎度感謝します。

     

     

     マチの内側だって。ミニウォレットですが、しっかり贅沢です。

     

     

     と、こんな具合で革の愉しみと充実した機能性をわがままに詰め込んでます。

     

     色々なミニ財布を店主もこれまで使ってきたけれど、こんな言い方はアレだけれどこれが一番使いやすい。

     

     持っていくものが少ない時のメインとしても使えるし、もちろん普段はサブ財布としても。

     

     お祭りやイベント、ちょっとだけ外に出なくちゃという時にもかなり重宝します。

     

     

     Circus of Happiness ミニL字ウォレット サドルプルアップ ブラック ¥25,000+税

     

     それでは各色のご案内。プライスはドラーロ・ブッテーロバージョンよりもやっぱりちょっと高くなります。でも相当頑張ってます。

     

     ブラックはこのぎゅっと引き締まった風合いが良い。使い込んでいくとこれがギラっと素晴らしい光沢を放つ。

     

     

     より黒さを深く感じられるようになって、サドルプルアップの持つ光沢面の経年変化をもっとも感じることの出来るカラー。

     

     もちろん、使う場所も選ばない万能さもありますね。

     

     

     ステッチもブラックなので、潔い感じ。

     

     

     普段のお手入れは乾拭きや手で撫でること。クリームはよほどのことがなければ使わなくて大丈夫。

     

     

     スムースレザーなので使っていくともちろん傷がついたりはしますが、それだってエイジングしていくとよい表情になる。

     

     

     キリっとしますね、なんか。

     

     

     裏側ももちろん、キリっと。

     

     

     ファスナーテープは本体色に合わせてます。

     

     

     中もしっかりぐっと黒い。

     

     

     良い雰囲気出てます。

     

     

     内側だって、少しずつエイジングしていく。

     

     やっぱり内装もしっかり良い革で楽しめるのは素敵だと思う。

     

     

     全体でしっかり黒です。

     

     

     しっとりした良い黒をお楽しみください。

     

     

     Circus of Happiness ミニL字ウォレット チョコ ¥25,000+税

     

     続いては味わい深さがぐぐっとあるチョコ。

     

     サドルプルアップのチョコは濃いめの色合いだけれど、地味に濃淡がしっかりあったり、エイジングでの色の変化も楽しい。

     

     

     もちろん光沢の変化もしっかり出てきて、輝きながら色の変化も。

     

     

     じっくり深いチョコ色なので落ち着いた雰囲気が良い。

     

     

     光の当たり具合で赤みを強く感じる時もあったり、そういう楽しみがチョコにはある。

     

     

     ステッチはやはり同色で合わせてます。

     

     

     渋い雰囲気溢れるチョコ。

     

     

     こちら側ももちろん良い雰囲気。

     

     

     ファスナーの色も良い感じに合う。

     

     アンティークシルバーって本当どんな色に合わせてもぐっと良いトーンでまとまる。

     

     

     内側もどーんとチョコ。

     

     

     良い色合いじゃありませんか。

     

     

     どんどん使い込んで育てて欲しい。

     

     

     マチの部分ももちろん。

     

     

     ブラックとも違う濃い色としての面白さ。

     

     

     Circus of Happiness ミニL字ウォレット キャメル ¥25,000+税

     

     そして最後にサンプルでも見ていた、キャメル。

     

     優しい柔らかい雰囲気でありながら、ぐっと重厚感もあるキャメル色。

     

     

     使い込んでいくと色の変化としては一番大きい。まぁ、薄い色なので当然ですが。

     

     

     今回のサドルプルアップのキャメルはとっても綺麗だなと感じています。

     

     薄い色だけれど、血筋が見える感じがあんまりなくて、全体的にバランス良い。

     

     

     光沢ももちろん上がっていきます、しっかりギラリと。

     

     

     ステッチは近しい色でやはり合わせて。

     

     

     革の滑らかさが伝われば良いのだけれど。

     

     

     エクセラは務歯の感じも綺麗で好きです。

     

     

     さっきもご覧いただきましたが、一応もう一度。

     

     

     3色それぞれの良さ。

     

     

     スムーズレザーでの小物は久しぶりです、はい。

     

     

     長く作り続けることの出来るミニL字になってよかった。

     

     サドルプルアップバージョンはスポットアイテム的な扱いなので定番にはなりませんけれど、作ってよかったなとすでに感じる。

     

     

     ミニL字に関しては、それなりに個数作ったつもりです。

     

     それぞれのカラーで比べながら楽しんでいただけたらと思います。

     

     

     ギャルソンウォレット、ミニL字ウォレット、いずれもかなり良い雰囲気で仕上がりました。

     

     あとはロングのL字ウォレットだけ。今週中には……という感じなので遠からずご案内出来ると思います。

     

     ぜひ、お愉しみいただけたら幸いです。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM